40数年愛されるグランドルチェの「モンブラン」が好き

40数年愛されるグランドルチェの「モンブラン」が好き

2019/11/14

秋のおいしいスイーツといえばモンブラン。「ケーキの中でもモンブランが一番好き!」という人も多いのではないでしょうか。そこで千葉県内で食べられる、ちいき新聞web編集部おすすめのモンブランをご紹介します。

ちいき新聞web

ちいき新聞web

モンブランのラインナップは3種類

「モンブラン」(手前・430円)、「チョコモンブラン」(左・430円)、「種子島産 安納芋のモンブラン」(右・450円)

しっとりなめらかな口溶けと、イタリア・ミラノで着想を得た唯一無二のデザイン! 

前身の「ドルチア」時代から40年以上、ダントツで人気の「モンブラン」が、さらにこだわりを重ね、おいしく進化しています。

「グランドルチェ」は千葉県市川市八幡を中心に4店舗展開するケーキショップ

地元の方々から40数年にわたり愛されてきた「ドルチア洋菓子店」が生まれ変わり、2018年6月にオープンしました。

現在はグランドシェフ兼社長の宍戸英明さんのもと、ドルチア時代からの製造スタッフの皆さんが、南八幡店に併設された工房で製造を行っています。

定番の看板商品「モンブラン」も健在

「ドルチア洋菓子店」が再開を機に「モンブラン大革命」として原材料を見直し、より本物の味を追求してグレードアップしたというのです。

「ドルチアの歴史あるモンブランは完成されていて、さらに改善するのは難しかった」と宍戸さん。

ですが、メインのカスタードクリームに北海道・日高地方から届く低温殺菌の瓶入り牛乳を使用するようになり、スッキリとしてのど越しが良く、クリームの味わいが際立つようになりました。

だからたっぷり入っているのに、ペロリと何個でも食べたくなってしまうのでしょう。

台座となるロールケーキのスポンジに使う卵は、黄身が濃い奥久慈卵

ふわふわで卵の風味が生きています。

さらに1㎏10万円以上するという、天然のバニラビーンズも使用。

なお、チョコモンブランで使用しているチョコレートはスイスのフェルクリン社のもの。

こちらも世界の一級品です。

本物を追求しているのです。

一番気になるのが…モンブランたるゆえんであるマロンクリームの皮

断面

まさしく自然の造形美・かわいらしい栗の形を表現しています。

ドルチアのオーナーが50年ほど前、イタリアのミラノで現在のモンブランに似たお菓子を発見したのがきっかけで、この独特のデザインになりました。

かつては栗100%のペーストで試したこともあったそうですが、日本人好みのしっとりとした口溶けを実現するために、なんと、白あんを混ぜているのだそう!

薄ーく伸ばして着物のようにクリームにまとわせる

この作業は専門のパティシエが担当。

キャリア15年以上で、モンブランの鬼(笑)と称される鈴木由美さんが、熟練の技を駆使して仕上げています。

「マロンペーストの水分量が多いと薄く均一にすくい取るのが難しいんです。その日の湿度によって微妙な調整をしています」と鈴木さん。

1日に500個も売れるモンブランの皮付け作業を1人で行っていますが、さすがベテラン。

迷いのない手元の動きに、惚れ惚れします。

この、他にはない、シンプルで美しいモンブランは、こうやって生み出されていたのです。

クリスマスの時期は、モンブランをそのまま大きくした「モンブランデコレーション」も登場

南八幡店

モンブランデコレーション(5号・3,700円)

お好みに合わせて、さまざまなオーダーケーキなども承っています。

他にも新商品の「グランドルチェ自家製チョコレート」(1枚・ 1,000円)にも注目。

カカオの原種といわれる「クリオロ種」を100%使用した希少なチョコレートバーです。

中南米ベリーズのペイニーカカオプランテーションで、徹底した品質管理のもと出荷されたカカオを南八幡店の工房で加工。

スイスのチョコレートの専門家・ウェルナー氏の監修によって完成しました。

日本ではグランドルチェのみの取り扱いです。

豊富な種類のケーキ

グランドルチェはモンブランの他にも、豊富なフレッシュケーキ、焼き菓子、自家製チョコレートなどを取り扱っています。

【2019年版】関東の「紅葉」情報!さぁ、でかけよう

【2019年版】関東の「紅葉」情報!さぁ、でかけよう

関東の紅葉情報2019年版です。ドライブコースとしてもおすすめ、日帰りのおでかけにぴったりな千葉県・埼玉県・茨城県・東京都の紅葉名所18カ所をまとめました。見頃は11月上旬から下旬頃。

いも掘りシーズン!甘くなる保存方法と究極の焼き芋の作り方

いも掘りシーズン!甘くなる保存方法と究極の焼き芋の作り方

秋の味覚狩りシーズン。幼稚園や保育園、小学校の恒例イベント・芋掘り遠足の時期ですね。正しい保存方法、おいしい焼き芋の作り方をご紹介。食物繊維たっぷり!栄養士オススメのアレンジレシピも。

安くてうまい!一般開放している千葉の学食おすすめ7選

安くてうまい!一般開放している千葉の学食おすすめ7選

千葉県内で一般開放しているおすすめの学食(学生食堂)をご紹介。千葉工大、千葉大学、神田外語大学、千葉商科大学など、一般人も利用OKな学食の人気メニューを実際に食べてきました。今日のランチは学食で♪

この記事を書いたライター情報

ちいき新聞web

ちいき新聞web

千葉・埼玉・茨城をはじめとする首都圏での暮らしや子育てが楽しくなるサイト。気になるローカルネタ、グルメ情報などを地元のママ編集が取材してお届け。子どもと行きたいおでかけスポットや週末行きたいイベント、明日使える身近な情報がきっと見つかる! 育児漫画やミニマリストの連載、星占いも。

ちいき新聞web が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載