標高1450m!アカシア色づく「白樺リゾート 池の平ホテル」

標高1450m!アカシア色づく「白樺リゾート 池の平ホテル」

2019/11/12

標高約1450mの高原リゾート「白樺リゾート 池の平ホテル」。畳の上にシモンズベッドが配された和モダンルームが2018年12月に誕生。白樺湖畔の散策はもちろんのこと、温泉や豪華バイキング、遊園地、美術館などと、高原リゾートを思い思いのスタイルで楽しめる魅力が詰まっています。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

琉球畳にシモンズベッドの和モダンルームにリゾートステイ

スワンボート
「白樺リゾート 池の平ホテル」

長野県の白樺湖畔にある「白樺リゾート 池の平ホテル」。新宿や名古屋からは、ホテル直通の送迎バスも運行されているので、アクセスもばっちり! 本館・アネックス館・東館の3館からなっているのですが、2018年12月にリニューアルされた「和モダンルーム」が本日のお目当て。2019年12月には東館すべての客室が和モダンルームにリニューアルされるのだとか。

広々空間
ベッドはシモンズ

本日は6名用の和モダンルームに宿泊。広さは55平方メートルもあり、踏み込みも広々。琉球畳にシモンズのベッドが配された客室は清々しく、思わずゴロリと横になりたくなるような空間。窓の外には白樺湖や車山の景観が広がり、白木の丸テーブルにカラフルな座布団がかわいらしいアクセントに。

お部屋も綺麗です
アメニティーもしっかり

リニューアルされたばかりとあって、パウダールームやバスルームもピッカピカ! 各種アメニティーもしっかりとそろっています。4名用の和モダンルームは40平方メートルということですが、これだけ空間にゆとりがあると、グループ旅行や女子旅などでも十分楽しめそうです。

洗面台も広め

100畳の大露天風呂でプロジェクションマッピングのロマンチック温泉

大理石のお風呂

遊園地や美術館、プールに湖畔の散策など、なんでもござれの池の平ホテルですが、まずは、自家源泉の温泉へ。真白い大理石でできたお風呂は広々。水風呂を含めて全部で5つの湯船があり、ぬる湯からあつ湯まで温度が異なっており、ほのかに香草が香るハーブ湯なども。露天風呂は自然石を配したものと、檜風呂がそろい、男女入れ替え制なので、どちらのお風呂も楽しめます!

お湯の種類も豊富
露天風呂

さらに浴場から続いているのが「大露天風呂」。約100畳という、とんでもなく大きな露天風呂は県内随一の大きさ! しかもココは水着着用エリアなので、恋人同士でも、ファミリーでも気兼ねなく楽しめます。湖を望む突端にはふたつの陶器風呂もあるのでお忘れなく!

「大露天風呂」
陶器風呂

この大露天風呂では、日本初! 温泉に入りながらプロジェクションマッピングが楽しめるのでお見逃しなく!! 19:30~21:00(30分おきに4回)、約5分間上映されます。内容はというと・・・ 白樺湖を題材にしたおとぎ話ということしかお伝えできないのが残念。縦3m×横22mの壁面に映し出される光と音と映像に包まれるロマンチック温泉は、ここでしかできない体験です。

プロジェクションマッピング

ウォータースライダー・湖畔散策・ゾウガメ・フクロウ・夕焼け・・・

まだまだ魅力はいっぱい! 夜はライトアップされてとくにきれいな全長40mのウォータースライダーがある温水プール・・・

温水プール

緑濃い湖畔の散策・・・

心が安らぎますね

ウサギやヒツジやゾウガメなど、約15種類の動物との触れ合いやエサやりが楽しめる「わくわく動物王国」・・・

「わくわく動物王国」
かめさんもいます

幻想的な世界が広がる「世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館」・・・

独特な世界観ですね
色鮮やか

地上8mの森の中を疾走する「アドベンチャースカイ」・・・

「アドベンチャースカイ」

リフトに乗って行く15種類のフクロウに会える「ふくろうの杜」にはふくろう神社も・・・

リフトで向かいます
「ふくろうの杜」

神秘的な湖畔の夕暮れ・・・

美しい

約70種類のバイキングはライブキッチンもあって大充実!

思い思いのときを満喫した後は、待ちに待った夕食バイキング! 約70種類からなる食べ放題のバイキングは、和・洋・中・エスニックからなり、ソフトドリンクも飲み放題。お寿司やステーキ、天ぷらなどのライブキッチンもあり、どれから食べようか迷いそう。

選ぶのが難しい
地元の食材をふんだんに使用

信州産のサーモンや豚、キノコなど、地元の食材を使った料理も取りそろえられているので、そのお味を満喫。チョコレートファウンテンやプチケーキ、ゼリー、ソフトクリームなどのスイーツも大充実しています。

チョコレートファウンテン

朝食も約30種類のバイキング。レストランからは白樺湖を望む素晴らしい景観が広がっているので、景色を楽しみながらゆっくりと食事を楽しんでください。

朝食も豪華
是非一度足を運んでみてください

[All Photos by tawawa]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載