レトロな洋館で味わうりんごスイーツ/弘前「大正浪漫喫茶室」

レトロな洋館で味わうりんごスイーツ/弘前「大正浪漫喫茶室」

2019/11/13

明治から大正時代のレトロな洋館や教会が数多く残る弘前市。桜で有名な弘前公園のすぐ近くには、大正ロマン漂う洋館を利用した、その名も「大正浪漫喫茶室」があります。秋色に染まる風景をゆっくり眺めながら、旬のりんごスイーツを楽しんでみませんか?

ことりっぷ

ことりっぷ

大正時代の面影が残る洋館内の喫茶室

レンガや赤い屋根がモダンな雰囲気

弘前駅から車で15分ほどのところにある「藤田記念庭園」。大正8年に弘前出身の実業家・藤田謙一の別邸と日本庭園で、現在は岩木山を望める美しい庭園として観光名所となっています。この敷地内にある、赤いとんがり屋根が特徴の旧藤田家別邸洋館の大広間とサンルームを利用したのが「大正浪漫喫茶室」です。

広間の天井にはきらびやかな雰囲気のシャンデリアが

洋館内は、ステンドグラスや装飾など建築当時のものあり、細部にまでこだわったディテールは思わず見とれてしまいます。

庭園や岩木山が見えるサンルーム席はいつも人気

喫茶室内はふかふかのカーペットの大広間と、庭園を一望できるサンルームがあるので、季節の移ろいを感じられるお庭を眺めながら、優雅なティータイムを過ごせますよ。週末や観光シーズンには満席になることもあるので、事前にお店に確認するのがおすすめ。

厚切りりんごがぽってりかわいいスイーツ系ガレット

りんごとバニラアイスのガレット600円(税別)

喫茶室で人気なのが、厚めにスライスされた赤いりんごが印象的なガレットです。世界遺産・白神山地で知られる西目屋村産そば粉を使用した生地は、少し白っぽい色が特徴でモッチモチの食感。

その上に乗るりんごは、青森県産の旬の品種を分厚くカットし、シャキッとした食感をほどよく残し熱を加えています。りんごは、「しなのレッド」や「ふじ」などシーズンによって使う品種が変わるので、時期ごとに味や食感の違いを楽しめますよ。

りんごスイーツの定番、アップルパイもあります

「ないすらいふ」のアップルパイ400円(税別)

りんごのスイーツと言えば忘れてはいけないのがアップルパイ。喫茶室では、弘前市内のスイーツ店などのアップルパイを常時6~7種類取り扱っていて、好みのものを選ぶことができます。この日は、弘前市内の施設「ないすらいふ」のものをチョイス。バターの風味豊かなパイの中には、大きめにカットされたりんごがたっぷり入っていて、シナモンの風味と甘酸っぱいりんごを存分に楽しめます。何種類か注文して食べ比べするのも楽しいですね。

シードル「テキカカ」330ml900円(税別)

喫茶室ではスイーツだけでなく、ナポリタンなどのお食事メニューやアルコールも楽しめます。なかでもりんごを使用したシードルは、フルーティーなりんごの香りとシュワッと爽やかな飲み口で人気。写真の「テキカカ」をはじめ、弘前で生産されているものも取り扱っているので、お気に入りのシードルをじっくり味わってみてください。

かわいい雑貨やアップルパイをおみやげにどうぞ♪

たくさんあって迷ってしまいそう

りんごを使った食品や大正浪漫を感じさせる陶器など、お店セレクトのかわいらしい雑貨も販売。テイクアウトできるアップルパイもあり、お土産に買って帰るお客さんも多いのだそう。アップルパイは軽くトースターで温めてから食べると、出来立ての美味しさを味わえるのでオススメですよ。

秋の景色と旬のりんごスイーツを一緒に楽しめる「大正浪漫喫茶室」。周辺には観光名所や見どころもたくさんあるので、探索の途中で訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載