いま乗りたい! 紅葉愛でるトロッコ列車の旅

広島ホームテレビ『みみよりライブ 5up!』(2019年10月24日放送)では、俳優の吉村卓也が、奥出雲を走る2両編成のトロッコ列車の旅へ。列車から望む紅葉の絶景や、可愛すぎる駅でのおもてなしに感動、奥出雲の豪華会席を堪能するなど、最高の秋を楽しむ列車旅を体験した。

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

いま乗りたい! 紅葉愛でるトロッコ列車の旅

今回、吉村が乗車する「奥出雲おろち号」は、島根県木次駅~広島県備後落合駅を、この時期は1日1往復、運行している。レトロな木製の座席はどこか懐かしさを覚え、ガラスのない窓は、心地よい風を浴びながら秋の深まりを肌で感じることができる。

ガラスのない「奥出雲おろち号」の窓

木次駅を出発し、次の下久野駅ではホームの隙間に畑を作り、「駅ナカ農園」として活用している。おろち号が通る駅区間では、このようにユニークな停車駅が続く。

下久野駅の「駅ナカ農園」

下久野駅を発ち、しばらくすると木次線で1番長いトンネルに入る。その距離なんと2100メートル。その後、出雲八代駅に停車。ここでは、毎週金曜日の木次発の便に、地元園児が歌を披露するというお出迎えが。さらに、子どもたち手づくりの「幸せ切符」を手渡してくれる。

地元園児がお出迎え!

続いて、列車は亀嵩(かめだけ)駅に停車。この近くには、人気の亀嵩温泉「玉峰山荘(たまみねさんそう)」がある。「出雲国風土記(いずものくにふどき)」に、玉造の神が宿る山と記された玉峰山から湧き出る温泉で、美人の湯としても有名。

また、全国でも屈指の和牛ブランドに並ぶ良質の肉質「仁多牛」のすき焼きや、松茸の土瓶蒸し、秋鮭のけんちん焼きなど秋をまるごと閉じ込めた極上の会席を満喫。

秋をまるごと閉じ込めた極上の会席

列車は、名駅舎100選に選ばれた出雲横田駅をあとに、八川駅へ。こちらでは、名物・トロッコ弁当を販売している。そばの実を殻ごと挽くのが八川そばの特徴。ちょっと太めの蕎麦は一段と香りが引き立つ。

名物・トロッコ弁当を堪能

出雲坂根駅では5分間停車し、延命水を汲む。また、売店で名物の焼き鳥を購入した。そして、JR西日本で唯一のスイッチバックを体感し、目指すは標高726メートル、JR西日本の最高地点にある三井野原駅。トンネルを抜けると絶景が広がり、その先には「おろちループ」がある。紅葉の時期でなら、ここが最大の見どころポイントとなっている。

出雲坂根駅で延命水を汲む

山々が赤や黄に色づく最高の季節を迎えている今、列車の旅がお薦めです。

情報ワイド番組「みみよりライブ5up!(ごーあっぷ)」

情報ワイド番組「みみよりライブ5up!(ごーあっぷ)」

月曜~金曜 夕方4時45分

今、知りたい旬な情報やおトク情報、ニュース、スポーツなどに“本音”で向き合い、楽しく広島を盛り上げる番組です!

この記事を書いたライター情報

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

テレビ朝日系列 広島ホームテレビ です。広島周辺の情報を中心にお伝えいたします。

HOME広島ホームテレビ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ