【奥入瀬渓流】青森の紅葉をレンタサイクルで駆け抜ける

【奥入瀬渓流】青森の紅葉をレンタサイクルで駆け抜ける

2019/11/14

蔦沼や八甲田に並ぶ、青森の有名な紅葉スポット奥入瀬渓流。そんな奥入瀬渓流の紅葉スポットを数箇所ご紹介します。

まるごと青森

まるごと青森

奥入瀬渓流の紅葉をレンタサイクルで

今回、奥入瀬渓流の紅葉を見る際に利用したのは奥入瀬渓流館のレンタサイクル。
ゆっくり歩くのが奥入瀬渓流を体験する一番の方法かと思いますが、自転車で駆け抜けるのもまた違った楽しみがあります。
また、歩くとなると所要時間は4時間半。自転車であれば所要時間は1時間ちょっと。名所をゆっくり楽しむために移動時間は短めたいという人にオススメ。
ということで電動アシスト自転車に、貸し出されたカラフルニット風のヘルメットをかぶりいざ奥入瀬渓流へ。

渓流足ストサイクル楽チャリの電動アシスト自転車と無料貸し出しのヘルメット
道中の色鮮やかな紅葉

三乱の流れ

まず最初は三乱の流れ。全体が黄色とオレンジに染まり、渓流の中にある岩がまるで天然の盆栽のようで、まるで庭園を訪れたかのような気持ちにさせてくれます。

全体が色鮮やかに染まる三乱の流れ

石ヶ戸の瀬

次は石ヶ戸休憩所近くの石ヶ戸の瀬。

白波と色鮮やかい染まった紅葉が美しい石ヶ戸の瀬

こちらも黄色とオレンジ、そして苔などの緑が合わさり綺麗な景色を生み出しています。この付近には苔を見るための苔スポットもあり、苔と紅葉の色の対比を眺めるのもいいかもしれませんね。

付近の苔を眺めながら、渓流の音に耳を傾けてみては

阿修羅の流れ

続いては、石ヶ戸の瀬から少し進んだ先にある阿修羅の流れ。

激しい流れが見所の阿修羅の流れ

苔むした大小様々な岩に落差と激しい流れによって生まれる荒々しい白波が、紅葉の鮮やかな黄色を背景に、美しいコントラストを作り出しています。

阿修羅の流れ上流

雲井の滝

次は、雲井の滝です。20メートルの高さから、二段に屈折して流れ落ちる水しぶきが、湧き立つ雲に見えることから名付けられています。

浮き立つ雲のようにも見える雲井の滝

滝に近づくにつれ、黄色が強くなっており、黄緑とのグラデーションが美しいですね。

上部に近づくにつれ黄色味を帯びていく

銚子大滝少し手前に架る橋からの景色

次に紹介するのは銚子大滝の少し手前に架る橋から見た渓流です。
他と比べて有名な箇所ではありませんが、知る人ぞ知る美しい景色を見ることができます。

水の白と岩の黒が紅葉した木々に囲まれているように見え、美しいコントラストを作り出しています

銚子大滝

続いては、銚子大滝。舞い上がる水の飛沫と、木々の間から差し込む木漏れ日が美しい景色を生み出しています。

奥入瀬渓流の中でも有名な銚子大滝

寒沢の流れ

最後にご紹介するのは、銚子大滝近くにある寒沢の流れ。

寒沢の流れ

水が流れ出る先の紅葉が日にあたることで、鮮やかに光る姿は見るものを惹きつけます。その紅葉から水が流れ出る様は美しいコントラストを生み出しています。

紅葉の奥入瀬を駆け抜ける

有名な箇所だけではなく、車だと通り過ぎてしまうような場所もじっくり見ることができ、遊歩道を歩くのと異なり、颯爽と移動できるのが自転車のいいところですよね。

途中で休みながら、ゆったりと渓流を眺めるのも楽しみの一つ

是非、奥入瀬渓流の紅葉をレンタサイクリングで駆け抜けてみてはいかがでしょうか。

まるごと青森

まるごと青森

青森の観光・物産・食・特選素材など、青森を「まるごと」ご紹介するブログです。 あまり知られていない青森の魅力を知っていただけるよう、青森県で暮らす私たちだからこそ知っているネタをお届けします。

この記事を書いたライター情報

まるごと青森

まるごと青森

青森の観光・物産・食・特選素材など、青森を「まるごと」ご紹介するブログです。青森県で暮らす私たちだからこそ知っているネタをお届けし、あまり知られていない青森の魅力を県内外の皆様に知っていただけるよう、情報を発信していきます。

まるごと青森 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載