元和食職人さんの作る優し美味しい和ラーメン屋さんinススキノ

元和食職人さんの作る優し美味しい和ラーメン屋さんinススキノ

2019/11/16

ススキノと言えばラーメン!昔ながらのモヤシいっぱいの札幌ラーメンから流行のつけ麺や担々麺などバラエティー豊かなラーメン店がひしめいています。そんなラーメン激戦区で13年、すすきのの住民に愛され続けているホッとするラーメンが食べられるのが「まる八ラーメン」さんです。

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

元和食職人が作り出す優し美味しい和なラーメン

「まる八ラーメン」さんの場所は、南5条西4丁目。南北に走る小路沿い。だるま本店の通りといった方がわかりやすいでしょうか?
真っ赤な暖簾が目印。

店内はL字カウンター10席弱程度、店主1人で切り盛りしています。

ちょうどお店の裏側には、これまた超人気店の「麺屋すずらん」さんがあります、

真っ赤な暖簾が目印

オーダーは券売機ではなく口頭注文。・超すっきり「しお」・追かつを「醤油」・札幌定番「みそ」・女性に人気「辛みそ」・北海道小麦の「つけ麺」の5種類(税込850円ハーフ700円)。
他にトッピング(ねぎ、メンマ、豚の角煮、のり、バター、キャベツ)や餃子、チャーシュー飯など。

まず最初に注文して欲しいのは醤油かしお。

醤油ラーメンは鰹出汁の旨味と香りがとっても美味しい。しおラーメンはゲランドの塩を使った超スッキリ味。どちらも呑んだ後に食べても優し〜く五臓六腑に染み渡ります(ハーフもあるしね)。

醤油ラーメン(ハーフ700円)

醤油かしおを食べて気に入ったら、ぜひ食べて欲しいのが辛みそ。

辛みそラーメン(ハーフ700円)

3種の味噌をブレンドしたこのお店の中では比較的コッテリな味噌ラーメンも美味しいけど、この辛みそラーメンは寒くなるこれからの季節の定番メニュー。

白ごまと山椒でパンチのある一杯となっています。麺は弾力のある中太ちぢれ麺、スープとの絡みもよく、完成度の高さを感じられると思います。

今流行の痺〜辛〜なラーメン屋さんはこちらの記事を参考にされてください。

「まる八ラーメン」さんのラーメンはどれも、それまで知っていたラーメンとはどこか違っていて、じんわりとした魅力を持っています。

店主はもともとは北海道出身で、東京で和食のお店で修行を積んだあとに、北海道に帰ってきて、ここススキノでラーメン店を始めたのだそうです。

なるほど、調理の基礎に「和」の要素があったのね!と、その不思議な魅力の答えが見つかりました。

期間限定ラーメンからレギュラー入りしたつけ麺も美味しい!

「まる八ラーメン」さんでは期間限定のラーメンを出していることがあります。和食出身らしく旬の食材を活かしたメニューが多く、春玉ねぎや山菜、ホタテ、変わったところでは冬のデミグラーメンやクリームラーメンなどなど。

こちらは春にいただいたタケノコアスパラ山芋の入ったラーメン

そんな中、オープン当初は期間限定で出していて、今ではレギュラーメニュー入りしたのがつけ麺です。

つけ麺(レギュラー850円)平打ちのつるつる麺。刻み海苔が嬉しい

つけ麺と聞くと、ごん太麺で、大盛りで、つけ汁は濃厚でポタージュ調なWスープやトリプルスープを想像する人が多いと思います(特に札幌ではそうだと思う)。

「まる八ラーメン」さんのつけ麺はのどごし重視の平打ちつるつるしこしこ麺と、サラッとしたしょうゆ味のつけ汁で、どんなに食欲がなくっても、ペロッとすすりきってしまいます。

この「和」なつけ麺は、リリース当初は夏季限定だったものの、固定ファンが多かったのか、今では年中提供してくれています。

ちなみに餃子も美味しい!

しお・醤油・みその定番3種は勿論のこと、辛みそ、つけ麺と全てのラーメンがハイクオリティな完成度の高い一杯となっています。
和食出身の店主の作る優し美味しい温かいラーメンを是非どうぞ!

この記事を書いたライター情報

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

「すすきのへ行こう」は運営20年の道内最古参ローカルウェブマガジンです。アジア最大最北の歓楽街「すすきの」を中心に札幌市のグルメ・観光・イベント情報をお届けしています。行列の絶えない超有名店から地元民でも知らない穴場なお店まで、幅広くカバーした実食レポートが好評です。

すすきのへ行こう が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載