立川上砂町にある旧米軍住宅のアメリカンハウスのレストラン

立川上砂町にある旧米軍住宅のアメリカンハウスのレストラン

2019/11/20

立川が米軍基地時代だった頃を感じられる場所バンブービレッジ。白い平屋建てと外灯、家の前には芝生が広がり日本の住宅地の景観とまるで違います。ノスタルジー漂う立川の基地時代を感じるバンブービレッジ唯一のアメリカ南部料理とイタリアンのレストラン『MOONHOUSE』。

立川新聞

立川新聞

立川上砂町にある旧米軍住宅のアメリカンハウスのレストラン

旧米軍住宅バンブービレッジ

米軍基地キャンプ・フィンカムの跡地に昭和記念公園が開園したのが1983年。今では買い物天国と発展を遂げる立川ですが、ほんのつい最近、35年前まで米軍基地だったんです。現在の立川は米軍基地の影響が強く残っている面影はありませんが、高松町と上砂町にはアメリカンビレッジがあり、特に上砂町のバンブービレッジは現在も居住車両以外進入禁止とアメリカ仕様になっていて、身近に基地時代の立川を感じられる場所。白い平屋建てと外灯、家の前には芝生が広がり日本の住宅地の景観とまるで違います。バンブービレッジに自転車で進み、大山小学校方面のアメリカンビレッジ入り口付近。このアメリカンハウスが今回の取材先。

アメリカンハウスのレストラン《MOON HOUSE》

MOONHOUSE

アメリカの古き良き時代が佇む電飾看板。まだ16時を過ぎた時間だったのですが、お店のオープン時間を確かめるとなんと16時から!これはありがたい。

ムーンハウス入口

からーん♪と呼び鈴が響きBLUCEが流れる店内。暖かみのある電球でほどよい明るさの店内には、フローリングの床にアンティーク家具のテーブルが3つ。居心地の良いアットホームな雰囲気。

ムーンハウス店内

まだ陽が差し込むテラス側にはソファーがあり、開放感のある空間。

ムーンハウス店内

ハーレーダビットソンのミニュチュアとショーケースにはアメリカを感じさせる小物が飾られている。

ムーンハウス店内
店主:久我さん
店主:久我さん
まだ、オープンまもないので奥の厨房で仕込み中?かな。
立川新聞
こんにちは。立川新聞の取材で・・・
と一声かけたところ快く取材を受けて頂くことに。いただいた名刺にはMOONHOUSE 主 久我ひろし

かっこいい!

まず、名刺に主の肩書は編集部もはじめてかもしれません。文字の大きさが小さかったので、思わず久米ひろし?と読み間違えるところをギリギリセーフ! ほっ、としました。

久我さん
記事が出ていっぱいお客さんがくると心配だなぁ。

立川新聞
いえいえ、WEBマガジンなのでそれほど… でもこのロケーションは行ってみたくなりますよ。アメリカンビレッジのレストランってなかなかないですからね。お店はいつからですか?
厨房で仕込みをする久我さん
店主:久我さん
店主:久我さん
立川新聞
ここでお店をはじめたのは?
久我さん
10年程前にここのアメリカンハウスが空いていて、それからずっとここに住んでいてね、いつかはここでお店をやってみたかったし、 オーナーの理解もあり、いいタイミングかなと思って。自分一人で水廻り以外、内装とかお店の準備で1年くらいかかりましよ。どうぞ。
席に案内され、メニューを見るとアメリカの国旗とイタリアの国旗。
立川新聞
おすすめの料理は何ですか?
久我さん
アメリカの南部料理かな。ちょっとスパイシーなアメリカ料理なんだけどね。
立川新聞
ビールに合いそうですね。久我さんはどこかのお店で料理をしていたのですか?
久我さん
和食とイタリアンのお店で作ってましたから。何か召し上がります?
キッチンにぶら下がっているフライパンや、棚に置かれているお鍋がきれいに手入れされているものばかり。

注文したコロナビールにオニオンリングとチリナチョスはやはりテラス席でいただくことに。10分ほどして、はい!こちらがオニオンリングサクサクの衣と玉葱の甘さ、サワークリームにちょっつけて!これがビールによく合うんですよ。

オニオンリング

オーブンで焼いた熱々のチリナチョス!Bueno!これは止まらない。ボリュームあるしグループにはベストチョイス。

チリナチョス

久我さんと取材についていろいろ話をしている中で、いいお店だと感じる編集部。メインの料理の取材もしたいし、夜また来ますという事に決定!通常はマスター一人で切り盛りすることが多いそうですが、今日は急遽アルバイトのあかねちゃんが出勤してくれました。

急遽出勤のアルバイトと久我さん

あっ、間違い間違い、マスターひとりではなくトイレの横のゲージにマスター溺愛のこちらの方が。モン吉 2才毛並みがとてもきれいな猫ちゃん!癒されますよ。

モン吉2才

夜は立川のバンブービレッジ・MOON HOUSE/Food,Drink&Bluesが、アメリカ南部の田舎町にあるようなお店に(アメリカ南部に行ったことがないですが…イメージです)先ほどのナチョスが効いていて、急遽、編集部の応援助っ人=FAMILYでお邪魔しました。

まるでアメリカにいるような電飾看板

まずは野菜からいただきましょう。ブロッコリーのサラダ。

ブロッコリーのサラダ

日向鶏のクラシックフライドチキン/南部基本のフライドチキン皮はパリッパリ!鶏のジューシーさにあっという間に完食!子供に1番人気でした。

南部基本のフライドチキン

アメリカン南部料理のメジャーメニュー。バーベキューリブ/ベビーバックリブのBBQ。骨付きの肉がやわらかく食べる部分も多いので大満足!甘くてさっぱりフルーティーなソースもGOOD。

バーベキューリブ/ベビーバックリブのBBQ

よく来る隣のお客さん達は、「何を食べても美味しいからね」と。料理に対して絶大な信頼を得ているマスターの久我さん。バンブービレッジのお客さんも多く来るそうで、お客さん同士が仲良くなれる、インターナショナルでアットホームなお店です。

外灯の灯りがと月の明かりきれいなバンブービレッジ

立川の歴史を感じるアメリカンビレッジ唯一のレストラン。こっそり大事に通いたいお店です。

立川新聞

立川新聞

東京立川の様々な情報を発信する地域密着WEBマガジン立川新聞

立川の情報を通じて、地域の人々や立川に縁のある様々な方々のコミュニケーションのキッカケになれれば嬉しく思います。地域の方々や読者の方々と共に、立川をより好きになっていただければ幸いです。

この記事を書いたライター情報

立川新聞

立川新聞

立川に住む編集者が、イベントやお店、人にフォーカスしてお届けしていきます。立川に住んでいる人、立川で働く人、立川に遊びに来る人、立川をもっと知りたいすべての人に、もっと立川を知ってもらう機会をお届けできるよう、情報を発信していきます。

立川新聞 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載