ちゃんぽんの達人と名店を巡る「中継ちゃんぽんマップ」畝刈町編

ちゃんぽんの達人と名店を巡る「中継ちゃんぽんマップ」畝刈町編

2019/12/10

テレビ長崎で平日夕方に生放送中の情報番組『ヨジマル!』。この番組の名物コーナー「中継ちゃんぽんマップ」で訪れたちゃんぽんの名店を紹介するグルメ連載。通のみぞ知る名店のちゃんぽんを食べ歩き、そのこだわりやおいしさの秘密に迫る。第2回は長崎県長崎市畝刈(あぜかり)町からお届け。

KTNヨジマル!

KTNヨジマル!

26年継ぎ足しスープで作るコクうまちゃんぽん

“ちゃんぽん教授”こと加藤久雄さんとテレビ長崎アナウンサーが、長崎県の知られざるちゃんぽんの名店を巡る「中継ちゃんぽんマップ」。

今回は、長崎魚市のそばにある長崎市畝刈町からスタート!

長崎ウエスレヤン大学教授・加藤久雄さん(写真右)とテレビ長崎アナウンサー・中村愛さん(写真左)。“ちゃんぽん教授”の愛称で親しまれる加藤さんの趣味は食べ歩き。年間100杯以上のちゃんぽんを食す達人だ

\長崎市畝刈町の絶品ちゃんぽん2選/
1.自家製生麺を使ったスパイシーちゃんぽん
2.継ぎ足しスープがコクうまなちゃんぽん

1.自家製生麺を使ったスパイシーちゃんぽん

「ちゃんぽん屋セイラーマン」

1軒目は、長年にわたり地元の人々に愛されているセイラーマン

今から32年前、この地に開店したセイラーマン。現在の店主は2代目の前田光則さん。前田さんは、もともと人気の中華料理店で働いていたが、2年前に独立し、セイラーマン伝統のちゃんぽんレシピを引き継いだ。

店内は明るく広々

こだわりのちゃんぽんがコチラ!

「ちゃんぽん」(650円)

セイラーマンのちゃんぽんの特徴は、なんといっても自家製の生麺だ。独自の配合で作られるモチモチの生麺は、一度食べたら病みつきになるおいしさ。

加藤さんいわく、ちゃんぽんで自家製の生麺を使うことは珍しいという

もちろん、スープへのこだわりも半端ではない。スープは豚骨のみを使い、コショウをベースにした3種類配合のスパイスを入れ、スパイシーな味に仕上げる。

スープにごま油やラー油を足すことで、より香りが引き立つ

そして、もう1つの味の決め手が塩ダレだ。

しょうがなどが入ったうまみたっぷりの手作りの塩ダレ

また、ちゃんぽんの作り方にも特徴がある。普通ちゃんぽんは麺を具材スープの中に入れて多少煮込むが、ここでは麺をゆがいて、ラーメンの要領で作っていく。

作り方はラーメンと同じ

ちゃんぽんタイム、スタート!

写真をご覧いただくとわかるように、器がドドンと大きい。ボリューム満点のこだわりちゃんぽん、そのお味は?
中村さん
中村さん
「スープを口に含んだ瞬間にコショウの風味ですとか、スパイシーさがまず広がります。で、私食べたことない、こんなモチモチの麺! おいしいですね!」
加藤さん
加藤さん
「そうでしょう? この生麺はインパクトがあります
中村さん
中村さん
「これまでのちゃんぽんのイメージとはまた違う、新しいちゃんぽんのような感じがしました!」

店主が語る! ちゃんぽんへのこだわり

セイラーマンの店主・前田光則さん
セイラーマンの店主・前田光則さん
「やっぱり生麺と、野菜たっぷりかな。で、スパイシーなちゃんぽんです」

2.継ぎ足しスープがコクうまなちゃんぽん

「中華屋 竹林」

2軒目は、東京の有名ホテルの中華料理店で修業した店主が営む「中華屋 竹林」

竹林の店主・松藤さんは、ヨジマル!の前身番組『できたてGopan』で料理の先生を担当した経歴の持ち主。

松藤さんが竹林を始めて26年になる

竹林を開く前は、東京のホテルニューオータニの中華料理店で修業していた松藤さん。その頃から、いつか小さい店を開きたいと思っていたという。本格的な中華料理は、2、3人前の大皿で運ばれてくるが、松藤さんは1人前から手頃に本格中華を食べられるようにと、縁があってこの場所で竹林を開いた。

こだわりのちゃんぽんがコチラ!

「ちゃんぽん」(730円)

松藤さんが作る中華料理は、鶏ガラの清湯(ちんたん)スープがベースだ。ちゃんぽんスープは、この清湯スープに豚骨スープを足して作る。

スープは鶏ガラ3キロ、豚骨1キロの割合で炊く

スープを作るときは、ずんどう鍋の中でも一番大きなものを使う。鍋が大きいほど、スープの味に丸みが出るのだとか。

新しく作った清湯スープをちゃんぽんスープに継ぎ足す。それを26年続けているというのだから驚きだ

ちゃんぽんタイム、スタート!

熱々のちゃんぽんをすするお2人
中村さん
中村さん
「もう、クリーミーという言葉がピッタリのスープとお味になっていますね」
加藤さん
加藤さん
「それでね、野菜のだし魚介類がいいハーモニーになって、鶏ガラの味を引き立てています」
中村さん
中村さん
「濃厚なんですど、それだけじゃないコクの深さと言いますか。うまみっていうのは、やはり継ぎ足し継ぎ足しで生まれるものなんですね!」

店主が語る! ちゃんぽんへのこだわり

竹林の店主・松藤茂さん
竹林の店主・松藤茂さん
「やっぱりスープが命でしょうね。それともう一つは、この熱さですね。近頃、温かいっていうのはあるけど、熱いっていうのがない。熱かったでしょう?」
中村さん
中村さん
「熱かったです! でも、この熱々がね。提供するときも大事ですし、食べるときもおいしいですよね」
加藤さん
加藤さん
「いいタイミングでね。絶妙なバランスで来ますね」
中村さん
中村さん
「本当においしかったです。お見事ですね!」

構成/樋口和也(シーアール)

ヨジマル!(テレビ長崎)

ヨジマル!(テレビ長崎)

月曜から金曜午後3時48分〜放送

長崎県の“今”を伝える地域密着型の情報番組。知られざるちゃんぽんの名店を巡る「中継ちゃんぽんマップ」は、月1回放送される同番組の人気コーナー。

この記事を書いたライター情報

KTNヨジマル!

KTNヨジマル!

「夕方4時の情報マルシェ」略して「ヨジマル!」マルシェ=フランス語で市場。市場のように活気があり、色んな情報が飛び交い、そしてどこかホッとできる場所。そんな番組です。今まで以上に明るく、元気に、さわやかに放送します! 長崎の夕方はヨジマル!で決まり☆

KTNヨジマル! が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ