11/22開業で話題の渋谷パルコ、注目のみどころを一挙ご紹介

11/22開業で話題の渋谷パルコ、注目のみどころを一挙ご紹介

2019/11/22

今年50周年を迎える渋谷パルコが2016年の一時休業を経て、11/22にリニューアルオープン。「世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設”」をコンセプトに、渋谷からコンテンツを発信する渋谷パルコのみどころを各フロアの概要と共にご紹介する。詳細は編集部の現地レポ記事をチェック。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

渋谷パルコが帰ってきた! 全11フロアの概要をご紹介

「FASHION」「ART&CULTURE」「ENTERTAINMENT」「FOOD」「TECHNOLOGY」の5つの要素で全193店が集う渋谷パルコ

ファッションビルとしてのイメージが強いが、劇場やギャラリーなどエンターテイメントやアートのスポットも有する渋谷パルコの全貌をご紹介する。

フロアマップ

各フロアには名称が付けられているが、レディース・メンズフロアなどではなく、ひとつのフロアに様々なジャンルのショップがボーダーレスに並ぶのも現代的な印象を受ける

ショップ特性

全193店舗のうち80店舗が新業態ということで、これまでどの館にもなかった新たな体験が待ち受ける

【B1F】CHAOS KITCHEN

「食・音楽・カルチャー」がコンセプトのレストランフロア

「CHAOS KITCHEN」というコンセプト。カオスというだけあって、多種多様な飲食店舗がそろう
「Campy!bar」。昼間は純喫茶「はまの屋パーラー」で夜はなんでもありのMIXバー「Campy!bar」となる。曜日代わりで、女装ウェイトレスたちがお出迎えしてくれる
「未来日本酒店&SAKE BAR」。「YAMMY SAKE×KUBOTAテイスティングキット」2000円(税抜)では、10種の日本酒がテイスティングでき、自分の好みに合わせた日本酒をAIが提案

【1F】SHŌTENGAI-EDIT-TOKYO

世界的なブランドや生花、カルチャーショップが立ち並ぶ

「GUCCI」「THOM BROWNE」など、ラグジュアリーなインポートブランドたちが並ぶ

【2F】MODE & ART

ファッションとアートが混じり合う

2階フロアは「MODE & ART」がテーマ。ファッションはモードを軸に「KENZO」、「UNDERCOVER NOISE LAB」など国内外で人気のブランドがそろう
70年以上の歴史ある美術専門誌『美術手帖』が手がける「OIL by 美術手帖」やNANZUKAが運営に携わるスタジオ「2G」などギャラリー&ショップが点在。ファッションとアートが脱境界的に楽しめる
オープン記念の限定商品や先行販売なども充実。写真は「beautiful people」で限定先行販売される新作、カタカナロゴTシャツ(1万7600円)

【3F】CORNER OF TOKYO STREET

最新のストリートアイテムなどが集う高感度ショップたちに注目

半分以上の店舗が商業施設初出店の3Fフロアでは、メンズファッションを中心にトレンドアイテムがそろう

【4F】FASHION APARTMENT

レディースファッションフロアにアート・デザイングッズも

「SNIDEL」「iki」などリアルなレディースブランドたちが並ぶフロアは、淡い色合いで落ち着いたイメージ
「PARCOMUSEUMTOKYO」では、11月22日(金)~12月16日(月)の会期で建て替え工事の仮囲いを美術演出した漫画「AKIRA」の展示が開催。入場料:1000円

【5F】NEXT TOKYO

最先端の購買体験が味わえる

「PARCO CUBE」。共用部や各ショップ内に設置してあるデジタルサイネージやタブレット端末から、QRコードを読み取り、気に入った商品のデータをスマートフォンに転送して、お買い物をすることができる
5Fフロアの吹き抜け空間では、コンピューターで制作した3Dクリエイティブコンテンツを、スマホやAR対応グラスを通して楽しめる
現在展開されているコンテンツは、VR空間デザイナー・Discont氏による、「World’s end supernova」

【6F】CYBERSPACE SHIBUYA

日本の新旧サブカルチャーが一同に会す!

「Nintendo TOKYO」は、日本国内初となる任天堂の直営オフィシャルストアで、マリオやゼルダの伝説、どうぶつの森など、大人気のキャラクターグッズやゲーム機本体・ソフトが販売されている
大画面の常設スペースでは任天堂発売のゲームソフトが試遊できる。今後はイベントの開催なども予定されているとのこと
「ポケモンセンターシブヤ」入り口ではミュウツーがお出迎え。アニマトロニクスという技術により、リアルな動きや質感で再現されており、今にも目覚めそうな大迫力が印象的

【7F】RESTAURANT SEVEN

日本食を中心に大人数対応したお店がずらり

7つの飲食店が並ぶフロア。B1Fとは印象が異なり、落ち着いた大人向けのシックなトーン
「渋谷焼肉 KINTAN」。30日熟成させた牛タンがウリ。奥はサーロインユッケ
「松尾ジンギスカン」。客が焼かないスタイルなので服に匂いが付きづらい(都内初業態)
「博多天ぷら たかお」。旬の食材を目の前で揚げてくれるのにリーズナブル

【8F】THEATER/CINEMA/GALLERY

カルチャーの波が止まらない! 「パルコ劇場」のオープンは2020年3月

2020年3月には、演劇をはじめ音楽イベントやファッションショーなど、さまざまなライブパフォーマンスを手がけてきた「パルコ劇場」がグランドオープン。こちらでは、年間の公演をパルコが100%プロデュース
『ほぼ日刊イトイ新聞』から東京のカルチャーを発信する「ほぼ日」。展示会やライブ、パフォーマンス、ワークショップなどあらゆる「表現」を提供するスペースも

【9F】PUBLIC STAGE

渋谷の未来を作るフロア

渋谷区と連携した施設「CREATIVE STUDIO」が。地域の人へ開かれた多目的スペースとしての使用や文化発信型のスクールの開催などを予定している。また一般社団法人「渋谷未来デザイン」も入居
現代アーティスト・小松美羽の「雨の中のコマ様」も展示されている

【10F】ROOFTOP PARK

開放感のある公園のような屋上スペース!

約420坪の屋上広場と約60坪の屋内イベントスペース「ガーデンステージ」が
一番高いところからの見晴らしはこちら。向かって右側には11/1に開業したばかりの「渋谷スクランブルスクエア」が

「渋谷パルコ」は一日中いれる館にパワーアップしていた!

館内にはどこを撮影してもインスタ映えするスポットばかり。ぜひスマホ片手に出かけていろんな場所を撮影してみよう

取材・文=Yahoo!ライフマガジン編集部、撮影=中島聡美、山下陽子、岡本卓大、キンマサタカ(パンダ舎)、寺田隼己(CULTURE)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載