「洛北阪急スクエア」が規模を1.6倍に拡大、約90店を集積!

「洛北阪急スクエア」が規模を1.6倍に拡大、約90店を集積!

2019/11/30

12月6日、カナート洛北の全面リニューアルによって新たに誕生する「洛北阪急スクエア」。“こころ踊る、ちょっといい毎日”をコンセプトに、快適さを向上させた滞在型ショッピングセンターへと生まれ変わる!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

くつろぎスペースを充実させて、人々が集う場所へ

人々の交流の場を目指す「センタースクエア」のイメージパース

2019年12月6日、カナート洛北が規模を約1.6倍に拡大し「洛北阪急スクエア」として生まれ変わる。コンセプトは“こころ踊る、ちょっといい毎日”。今までの「利便性・使い勝手のよさ」はそのままに、「過ごす・くつろぐ・楽しむ」機能を備えた滞在型ショッピングセンターに。ワークショップやイベントなど、地域の人が集まるスペース「センタースクエア」や、8つの人気飲食店に500席を備えるフードコート「スクエアダイニング」を新設し、快適なくつろぎ空間を演出する。

500席を備える広々としたフードコート「スクエアダイニング」のイメージパース

施設内には約90店舗の専門店が集結。1階には京都市内5店舗目にして京都市北部初出店の「星乃珈琲店」を筆頭に、同じく北部初出店の「GU(2020年3月オープン)」といったファッションや雑貨のテナントを集積。2階は子どもたちが安全に遊べるよう配慮した「キッズガーデン」などファミリー向けのエリアと、楽器や書籍といった趣味雑貨のフロアへ。

B1Fに出店する「デイリーカナートイズミヤ」ベーカリーコーナーのイメージパース

地下1階は全面改装した「デイリーカナートイミズヤ」、ショッピングセンター初出店のオーガニックスーパー「HELP(2020年3月オープン)」が出店。さらに「エディオン」や「ニトリ デコホーム」と、デイリーニーズに対応した店舗がそろう。

「洛北阪急スクエア」の外観パース

文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載