一度は泊まりたい!福岡・太宰府天満宮の古民家ホテルがスゴイ

一度は泊まりたい!福岡・太宰府天満宮の古民家ホテルがスゴイ

2019/12/02

大伴旅人が万葉集で歌を詠み、新元号「令和」の由来となった坂本八幡宮は、太宰府天満宮から車で15分の近さ。これら多くの歴史的・文化的遺産が点在する太宰府には、年間1000万人の観光客が訪れる。この注目エリアにオープンした「ホテル カルティア 太宰府」の魅力をたっぷりと紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

歴史的価値のある建物に滞在し太宰府の自然を満喫する

太宰府天満宮の本殿の西側に面した小さな道沿いに、2019年10月4日にオープンしたばかりの「ホテル カルティア 太宰府」。既存の古民家を改修し、そのままの形で宿泊施設やレストランとして使用している。

門の横にはランチの内容を掲げており、11時を過ぎると次々に利用客が入っていく

\この人に聞きました/

レストランを含めホテル全体を取り仕切る木村支配人

\このホテルのココがスゴイ!/
1.江戸時代から続く絵師の邸宅をリノベーション
2.館内には50席のフレンチレストランを併設
3.滞在型観光で魅力を提案

1.江戸時代から続く絵師の邸宅をリノベーション

ホテルの中心となる施設「古香庵(ここうあん)」。敷地の中には以前の形を残したまま、母屋、土蔵、日本式庭園が広がっている。

母屋が作られたのは明治44年で築108年となる
木村支配人
木村支配人
「こちらは江戸時代から3代に渡って活躍した画師の元住家で、その後、料亭・古香庵として人々に愛されていた建物です。古香庵という名前は梅の異名『古香』に由来しており、初代の吉嗣梅仙(よしつぐばいせん)と親交が深かった政治家の三条実美が命名したと言われています」
正面玄関の中にはすぐにフロントがあり、その隣に障子戸から入るレストランと、真っ直ぐな廊下沿い(写真)に中心施設が連なる
敷地の中心にある庭園を挟んで母屋と土蔵が建つ、ホテルとは思えない空間

母屋の一番奥に以前は大広間だったスペースがあり、ここを三分割して宿泊部屋にしている。

廊下の一番奥に102があり、103、104には一度外に出てから庭園の中を通って(写真)直接部屋に入る構造
104のリビング兼ベッドルーム
木村支配人
木村支配人
「地元の人々によって長年大切に受け継がれてきた邸宅をリノベーションしており、ラグジュアリーでありながら、それぞれの部屋に歴史の趣が残るブティックホテルとして過ごして頂けます」
101はなんと大正3年に建てた土蔵を改修した施設。2階建てで、1棟貸しとなる
1階は風呂と、ソファのあるリビングスペース
どの部屋にも桧風呂が設置されている
2階はベッドルームで、東向きの窓から朝日が入り、心地よく自然を感じられる
木村支配人
木村支配人
「歴史的な日本家屋の風情と日常から離れた時間を楽しんで頂きたいので、TVや時計、明るい照明はあえて用意していません。宿泊料金はお一人様2万5410円~、101のみお一人様3万250円~(ともに2名1室利用時、朝食付サービス料込)です」

2.館内には50席のフレンチレストランを併設

和室を改装した50席のレストランスペースでは、ランチ・カフェ・ディナーと時間ごとに異なるメニューを提供する。

レストランをはじめ、客室以外の母屋では靴を履いたままで入る
木村支配人
木村支配人
「日本の方には特別感を味わって頂けますし、外国の方にとっては自然に利用できると好評です」
四季で表情が変わる庭園が見える落ち着いた空間で食事を楽しめる
料理の監修は数々の受賞歴を持つフレンチ界の巨匠・石井之悠(いしいしゅう)氏が担当
木村支配人
木村支配人
「コンセプトは、フランス料理をベースに地産地消のニュアンスを入れて、その土地でしか食べられないものを提供することです。ブティックホテルとして、単に高級食材を食べて頂きたいわけではなく、太宰府の梅のエッセンスを入れたり、地域の旬のものを使いながら、この施設でしか食べられない料理を楽しんで頂きたいです」
付け合わせの野菜は福岡産など、九州のブランド食材と国内外の高級食材を融合
九州産アジのニース風 ブイヤベースなど、ランチメニューの一例。メインは魚料理か肉料理が選択でき、パン・コーヒー付きで3080円。魚・肉両方を味わえるコースもあり
木村支配人
木村支配人
「もちろん、レストランのみの利用も可能です。見た目にもその土地の趣を感じて頂けるように、食器には小石原焼や有田焼など九州のものを使用しています」
博多和牛ロースのポワレなどディナーの一例。アミューズ・オードブル・スープ・魚料理・グラニテ・博多和牛ロースのメイン・デザート・小菓子・飲物の全9品で1万1495円(サービス料込)
木村支配人
木村支配人
「全8品で8228円(サービス料込)のコースも用意しています。ディナーの内容は2カ月ごとに変更します」

\カフェタイムの贅沢スイーツ/

15~17時のカフェのおすすめは、「あまおう苺のアフタヌーンティー」3850円(写真は2名分)。紅茶またはコーヒーの飲み放題付きで、さまざまなバリエーションのスイーツがたっぷり
木村支配人
木村支配人
「ティータイムには、他にもおすすめデザートとドリンクのセットやあまおうスパークリングワインなどの各種ドリンクもあります」

3.滞在型観光で魅力を提案

太宰府は、国内外から年間約1000万人もの観光客が訪れる福岡有数の観光地。これまでは宿泊施設や飲食店が少なく、平均滞在時間が約3時間と短いため、ほぼ日帰り客で宿泊は福岡市内となるのが課題だった。

そこで、歴史的価値の高い建物をホテルにする事業の第1弾として「ホテル カルティア 太宰府」がオープン。宿泊することで長く滞在してもらい、昼の太宰府天満宮だけでなく、朝や夜の太宰府の雰囲気を存分に体感できる。また季節をモチーフとした沿線地域の伝統工芸品などで歴史を感じられる空間を演出し、地域の魅力をアピールする施設として展開していくとのこと。

ここを拠点にして、話題の坂本八幡宮や太宰府政庁跡、竃門神社などの周辺散策もおすすめだ。

年の始め、1月7日に太宰府天満宮で行われる鷽替(うそかえ)神事。その時、参加者が持ち寄るのが地元の伝統工芸品・木うそ(写真)
木村支配人
木村支配人
「館内には大川家具や久留米絣(くるめがすり)など福岡の工芸品を積極的に採用していますし、歴史的価値のある建物を預かって、出来る限り改修を最小限に留め、当時の暮らしの様子、文化、技術を残したまま、今の時代に必要とされる場所としてサービスを提供していこうと考えています。この場所が後世に残って、建物や街が持つ本来の魅力を伝えていけるホテルでありたいですね」
平日でも訪れる人が後を経たない坂本八幡宮には車で15分ほど

さらに、隣接する太宰府天満宮や九州国立博物館と連携して、ホテル宿泊客のみが体験でき、旅の記憶に残るような特別プログラムも用意。

滞在型観光で、より太宰府の魅力を感じてもらう仕掛けが用意されている。

日本で東京・奈良・京都に次ぐ4か所目の国立博物館・九州国立博物館。ナイトツアーの一つ「夜の博物館たんけん隊」では、「展示する」「運ぶ」「守る」など館内で行われている作業の一端を紹介
九州国立博物館での「夜のミュージアムトーク」では、再現文化財に触れたりプロジェクターでの拡大投影を使った解説を聴くことができる
木村支配人
木村支配人
「太宰府天満宮で、閉門後特別に斎行される夜の正式参拝への参加もできます(事前予約制・有料)。詳細はお問い合わせください」

分散型ホテルとして、太宰府の街の中で暮らすように、泊まる体験を楽しもうと提案するこの施設。

2020年春には、歩いて2分くらいの場所にある別の古民家を再生し、別棟の新しい部屋として加える予定。どう変化していくのか、これからも目が離せないぞ!

取材メモ/母屋の玄関から靴のまま上がるのも、廊下を歩くと少し軋む音がするのもすごく新鮮。昔の日本家屋の良さをぜひ実感してみてください。

取材・文=シーアール 撮影=福山哲

\もっと福岡を楽しむ/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載