【千葉神社のお守り】50年以上続くデザインがカッコイイ☆

【千葉神社のお守り】50年以上続くデザインがカッコイイ☆

2019/12/04

千葉県千葉市にある「千葉神社」は、観光名所としても人気のスポット。千葉県を代表する神社の一つです。お守りには、日・月・星がモチーフの神紋がデザインされ、とってもカッコイイので紹介します!

ちいき新聞web

ちいき新聞web

千葉神社(千葉市)

朱色の社殿があでやかな「千葉神社」

千葉神社に祭られているのは、北極星を神格化した「北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)」。

妙見(みょうけん)さまの愛称で親しまれ、絵巻物では亀に乗った姿が見られます。

人間の運命やすべての方位、方角を掌握するといわれ、悪い星をよい方向へ導く「厄除開運」のご利益があるのだそう。

平安時代に関東南部で勢力を拡大した千葉氏が、この妙見さまの分身を領内各地にお祭りしたのが、千葉神社のはじまりです。



そんな千葉神社の紋は、「月星紋(つきぼしもん)」の異名を持つ「神紋・三光紋(さんこうもん)」。



「月星紋」が大きく入ったお守りが、こちら。

「厄除開運身代守(やくよけかいうんみがわりまもり)」

800円

「月星紋」は天空の星々の中で光る日・月・星の3つを表現しており、輪郭部分が太陽、左上の小さな円が星、その星を隠すと三日月が現れる…というデザインになっています。

なんだかロマンチックですね!



「厄除開運身代守」は白・紫・赤の3色があり、表には妙見さまに由来する亀甲模様、裏には波をイメージした青海波が施されています。

50年以上前に登場して以来、ずっと変わらないデザイン。

千葉神社の定番として、毎年求めて行く人も多いそうですよ。



また、千葉神社の境内には知恵を司る「千葉天神」もあります。

その天神さまからご利益をいただいているのが、こちら。

「ボケ封じの知恵守」

800円

この知恵守、淡いイエローとグリーンの組み合わせがなんともさわやか!



妙見さまが乗ってる亀は、健康・長寿の象徴であることから、参拝客から「頭も健康でいられるお守りがほしい」という声が寄せられました。

その要望を受けて数年前から頒布をスタート。

高齢者へのプレゼントとしても喜ばれています。



梅のマークは千葉天神の紋である「星梅鉢」。

全国的に天神さまは、「梅」を紋に使うことが多いそうですが、千葉天神はやはり千葉神社のシンボルである「星」にもちなんだものになっています。


裏には亀甲模様と青海波模様。

ツートンなのがおしゃれ!

ちなみに、千葉天神は「ツキ(月)を呼び、勝(星)を拾う」ということで、合格祈願としても有名です。

女性に人気の「かわいいお守り」はコレ!菊田神社(習志野市)

女性に人気の「かわいいお守り」はコレ!菊田神社(習志野市)

2018年のお正月に登場した、新願成就や良縁結びのお守り。なんとシースルー!繊細な刺繍とパステルカラーのやさしい雰囲気が、忘れかけていた乙女心をくすぐります。ピンク、グリーン、ホワイト×レッドの3色。

【稲毛海浜公園】行きたい!千葉県の海がホワイトビーチに!

【稲毛海浜公園】行きたい!千葉県の海がホワイトビーチに!

千葉県民の憩いの場として親しまれた「いなげの浜」。千葉で育った人なら、「海」といえばこの「いなげの浜」だったのでは?今年、全面的にリニューアルし、10月6日に開放された「白い砂浜」を紹介します!

千葉の珍しい「自動販売機」4選!そんな自販機あったのね~

千葉の珍しい「自動販売機」4選!そんな自販機あったのね~

千葉県にある珍しい自販機を探してみたら、船橋市に卵、八千代市にお米、松戸市に野菜、市川市ではだしの自販機を発見!実際に行ってきました!

この記事を書いたライター情報

ちいき新聞web

ちいき新聞web

千葉・埼玉・茨城をはじめとする首都圏での暮らしや子育てが楽しくなるサイト。気になるローカルネタ、グルメ情報などを地元のママ編集が取材してお届け。子どもと行きたいおでかけスポットや週末行きたいイベント、明日使える身近な情報がきっと見つかる! 育児漫画やミニマリストの連載、星占いも。

ちいき新聞web が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載