京都・東山で、絵画みたいなトースト&ドリンクのカフェtime

京都・東山で、絵画みたいなトースト&ドリンクのカフェtime

2019/12/01

京都・祇園のビルの屋上に期間限定で現れ、大反響をよんだ「LITT UP.KYOTO(リット アップ キョウト)」。一瞬ごとに色が変わる夕暮れどきの切ない空の色をイメージした、美しすぎるドリンクとトーストが、東山七条に戻ってきました!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

意外?な場所が、インスタの聖地

 

「京都国立博物館」など観光スポットが多くあり、最近、魅力的な飲食店が増えつつある京阪七条駅周辺に「LITT UP. KYOTO(リットアップ キョウト)」がお引っ越ししてきました。

場所はマンションの2階。探して行かなければ、気づかないようなロケーションです。

 

店内はいつも、おしゃれな女子たちで賑わっています。

 

注文スタイルは独特で、席にメニューはなし。カウンターに置かれたタブレットをスクロールして、写真を見ながら食べたいものを注文します。

夕日が沈んでいく夏空のように、色を変えるレモネード

Sky lemonade 650円 ※ベースはスパークリングまたはノーマルを選べます

一番人気の「レモネード」を注文すると、透明のソーダが入ったグラスと、薬瓶のようなもの、4分の1サイズにカットされたレモンをセットしたトレイが運ばれてきます。

 

薬瓶に入っているのは、バタフライピーの自家製シロップ。澄み切った夏空のような青が美しいハーブティーです。

 

ソーダの上から、生のレモンをお好みで絞ります。店長いわく、いろいろ試して、4分の1カットサイズが最適だったそうですから、思い切って絞り切りましょう。

 

マドラーで混ぜれば、空に日が沈むように、青からバイオレットブルーに色が変化します。「甘ったるいものは、苦手」という店長の好みが反映された、すっきりと爽やかな味わい。

夕日と夕闇が混じり合うマジックアワーを描いたトースト

Vibes on toast「SKY」 800円

もうひとつの人気メニューが「トースト」。カリッと焼いたトーストに塗られているのは、オーガニックのビーツパウダーとバタフライピーパウダーで着色した2色のクリームチーズ。

 

ビーツの赤と、バタフライピーの青を、油絵のように塗り重ね、上からメープルシロップをたらします。ゴールドのスプリンクルシュガーがシロップの中で瞬いていて、とってもキレイ!

かわいい新作も続々登場

Cupcake「Camelia(カメリア)」季節のフルーツ、白黒 各400円

祇園のポップアップショップにはなかった新作も続々と登場しています。たとえばこちら、カップケーキの「Camelia(カメリア)」。椿の花のように美しいケーキです。

カップケーキといえば洋菓子ですが、こちらはデコレーションに白あんを使用。繊細な細工が魅力の、和菓子のよさを取り入れた工夫が「LITT UP. KYOTO」ならでは。もちろん、こちらの色もすべて天然の植物で彩色しています。

少しわかりにくい場所にありますが、京阪の七条駅から徒歩2分。「ちょっとお茶する?」といいながら、こんなお店を案内できたら、かなり京都ツウっぽいですね。

Photo:瀬田川勝弘
text:小西尋子

●掲載の内容は2019年5月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

手作り茶筒の老舗プロデュース。お茶とスイーツのほっこりカフェ

手作り茶筒の老舗プロデュース。お茶とスイーツのほっこりカフェ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

京都・七条駅から徒歩5分ほどのところにある「カイカドウカフェ」は、茶筒の老舗「開化堂」が手がけるカフェです。手づくりの茶筒を身近に感じながら、外の喧騒を忘れさせてくれる明るくゆったりとした空間。

ドライフラワーに囲まれたカフェ。美しすぎるゼリーポンチに舌鼓

ドライフラワーに囲まれたカフェ。美しすぎるゼリーポンチに舌鼓

おでかけメディア『るるぶ&more.』

京都市左京区、「京都造形芸術大学」がある北白川周辺で今話題を集めているのが、ドライフラワーの販売とカフェを手がける「Cachette(カシェット) 北白川店」です。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載