ハンドメイド女子が夢中!神戸・キラキラ“貝ボタン”専門店

ハンドメイド女子が夢中!神戸・キラキラ“貝ボタン”専門店

2019/12/04

シャツやブラウス、スカートなど、洋服に欠かせないボタン。普段、何気なくとめているボタンですが、プラスチック、べっ甲、布でできたくるみボタンなど、さまざまな種類があることをご存知ですか?今回は、兵庫・岡本にある、貝ボタンだけを扱う小さなお店「アトリエ ペデ」をご紹介します。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

小さな店内にはボタンがズラリ

 

阪急岡本駅から西へ約10分ほど歩いたところ、住宅街の一角にあるおしゃれな外観がひときわ目をひくこちらが「atelier PD」です。関西ではもちろん、全国的にも珍しい“貝ボタン”の専門店です。

 

オープンしたのは2015年4月。オリジナルの貝ボタンの卸しをしていたオーナーの宮崎さんが、実際に使う方の顔を見ながら商売をしたい、という気持ちでお店を始めました。

 

ハンドメイド作家さんのアトリエといった雰囲気の店内には、貝ボタンがずらり。白蝶貝で作られたボタンをメインに、チャームも並んでいます。店内に並ぶ商品の90%がオリジナル。すべて宮崎さんがデザインし、海外にオーダーして作っています。大小さまざまな丸ボタンをはじめ、花の形、動物モチーフなど、どれもとても繊細。

 

「四角・三角・だ円など、いろいろな形やサイズのボタンがありますが、洋服に使いやすいのは、丸型ですね。小さなボタンのなかに模様やカットを駆使した個性的なボタンは、ひとつでも存在感があるので、ワンポイントに使っても。また、大きなボタンはアレンジ次第でアクセサリーにもおすすめです」と宮崎さん。

存在感あるデザインの貝ボタンはブローチに

 

注目のアイテムのひとつが、ブローチです。人気は、猫や鳥の形をした動物モチーフのチャームやボタン。裏側にピンを付けるだけで、簡単ブローチの完成です。

シンプルなシャツやワンピースに1、2個付けるだけで、洋服の表情も華やかになります。バッグや帽子に付けるのもいいですね。

ビーズやボタンを使った豪華ブローチを作れるワークショップ

 

月に2~3回、数種のパーツを組み合わせて作るブローチのワークショップも開催。お店で販売しているオリジナルブローチを参考に、ボタン、ビーズを組み合わせて、オリジナルのブローチが作れます。

デコラティブなデザインのブローチは、存在感があって素敵!自分のセンスで作る達成感も味わえるのが魅力です。ワークショップは随時行っているので、問合せてみてください。

 

広い海のなかで育った貝殻で作られる小さなボタン。海から飛び出してボタンへと形を変えた貝殻は、太陽の光を浴びて、キラキラ輝きます。たくさんの貝ボタンが揃うお店へ、ぜひお気に入りを探しにでかけてみませんか。

text:いなだみほ

●掲載の内容は2018年8月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

目印はピンクの看板!女子のツボにはまりすぎる雑貨店を発見

目印はピンクの看板!女子のツボにはまりすぎる雑貨店を発見

おでかけメディア『るるぶ&more.』

カフェやインテリアショップなど、おしゃれなお店が軒を連ねる神戸三宮・元町エリア。2017年8月にオープンした「SUNDAY FISH GIRL」が、高感度女子を中心に注目を集めています。

アンティークに囲まれた不思議空間。古道具と喫茶とごはん

アンティークに囲まれた不思議空間。古道具と喫茶とごはん

おでかけメディア『るるぶ&more.』

桜で有名な兵庫・夙川沿いにある、阪急甲陽園線苦楽園口駅。その西口改札からすぐのところに“古道具と喫茶とごはん”の店、「Kica」があります。宝箱のような空間で、丁寧に作られたメニューを味わえます。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載