冬の味覚の王様!福井県の越前がにを海沿いの絶景温泉宿で堪能!

冬の味覚の王様!福井県の越前がにを海沿いの絶景温泉宿で堪能!

2019/12/03

唯一皇室に献上されているカニは、福井県の『越前がに』って知っていますか?漁場が近く、戻ってきた越前がには、競りを経てすぐに新鮮な状態で地元の民宿や旅館に運ばれます。ほぼ地元でしか食べられない越前がにの刺身は絶品!ここでは、あるお宿のある日の越前がにフルコースをお見せしちゃいます!

Dearふくい

Dearふくい

越前がにの美味しさの秘密は、山と海が同時に望める絶景にあった?

鯖江市から東に車で40分ほど。
市街地の景色はどんどん移り変わり、急勾配とカーブが続く山の中へ。

11月下旬のこの日は、紅葉もちょうど見頃といった感じで、青い空とオレンジや黄色に色づいた山々とのコントラストが非常に美しかったです
山々を抜けると、急に目の前に漁港が

ここが、福井県内でもっとも越前がに漁が盛んな越前町。
毎シーズン、県内の越前がに(メスのせいこがに、2月下旬から漁が解禁される水がにを含む)の約7割が、この町で漁獲されています。

山と海を同時に望めるという景色の美しさはもちろん、実はこの環境こそが、美味しい越前がにの理由の一つ

越前がにが生息しているのは水深300〜350m。
越前町は山のすぐそばに海があるように、海の中でも一気に水深が深くなっているため、越前がにの漁場が陸地から非常に近いのです。
そのため小型船で漁に出ることができ、さらに漁の後すみやかに越前がにを水揚げすることができます。

11月に漁が解禁すると、極上の越前がにを目当てに、県外からもこの町に多くの食通たちがやってきます。

お客を迎えるための民宿・ホテルの数はなんと50以上

海沿いには、昔懐かしいような佇まいのお宿がひしめくように立ち並んでいます。

その中の1軒、「越前厨温泉 あらき」さんに宿泊してきました。

越前厨温泉 あらき

刺身・焼き・鍋… あらきの越前がにコースに舌鼓

夕食のお部屋の戸を開けると、すでに越前がにフルコースが並んでいました

県外ではほとんど食べることができない越前がにのお刺身も、越前町ならこんなにたっぷりと。

カニ刺し

さっぱり食べられるのに濃厚で、一瞬で食べられる美味しさです。

これを食べてしまったら、他のカニは食べられません!!

もちろん焼きがにも

待ちきれなくて途中でなんども蓋を開けてしまいそうになりますが、
我慢して我慢して、火が消えてから蓋を取ると、
越前がにのいい香りが一気に広がります。

そして、目の前には丸ごと1杯の越前がにが鎮座!

越前がにの証拠である「黄色いタグ」もしっかりついています
食べるときは、真ん中から思いっきり割って

足の身をたっぷりのみそにつけながら食べると、もう…。

最後はお鍋を

越前がにのだしがしっかり出ているので、最後は一滴残らず食べられるように、雑炊で〆ました。

ちなみに私が宿泊した際は、越前がにのコースは2種類ありました。
お値段によって量や内容は変わるので、事前にご確認ください。

露天風呂から見える越前海岸の絶景に感動

露天風呂

あらきの嬉しい所は、天然温泉&露天風呂があるところ。
しかも、そこからの景色が本当に素晴らしいんです。

日本の夕陽百選に選ばれる越前町の夕陽をみながらの温泉は「贅沢」の一言
日中は上から底がしっかり見えるほど、海の透明度も高いです

■以下の記事でも、越前がにが食べられるお店の紹介をしています。

Dearふくい

Dearふくい

福井県の観光・グルメ・イベント等を発信するローカルメディア

東京在住の福井マニアが個人で運営しているローカルメディアです。3年間毎月福井に通いつめ、ついに移住した私が、外から見て魅力的を感じる福井の観光スポット、グルメ、イベント情報などを発信しています。

江戸しおり

江戸しおり

フリーランスライター

この記事を書いたライター情報

Dearふくい

Dearふくい

福井県の観光、グルメ、イベント情報など、福井県を楽しむ全ての方にさまざまな情報を提供しているローカルメディアです。 福井県が好きすぎて福井に移住してしまったフリーライターが、現地に行かなければわからないリアルな情報を発信中!

Dearふくい が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載