恋愛も“映え”も叶う!糸島の海に浮かぶ欲張りパワースポット

恋愛も“映え”も叶う!糸島の海に浮かぶ欲張りパワースポット

2019/12/07

風光明媚な加布里湾沿いをドライブしていると突如眼前に現れる「箱島神社」。石造りの橋で陸とつながる、海上の小さな神社です。祭っているのは、恋愛や縁結びを司り、“信仰すると美貌になる”とも言われる愛の神様・愛染明王。お参りには、絶景のビーチ伝いにアプローチするルートがオススメです。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

恋愛と縁結びの神様「愛染明王」に、神頼み!

 

江戸時代には“竜宮城”とも称えられた名勝・「箱島神社」は、海上に浮かぶ小さな神社です。三柱のご祭神のうち、「愛染明王(あいぜんみょうおう)」は縁結びや夫婦円満を司る神様。

古くから、恋愛を助ける神として厚く信仰されてきました。

 

干潮時には浜辺から島まで直接歩いて渡ることができます。満潮時には陸とは切り離されてしまいますが、石の橋でつながっているので大丈夫。

 

島に渡り鳥居をくぐると、島の奥へと続く石段が現れます。なんだか、トトロに出会えそうな雰囲気。

石段の上は小高く、左右どちらを見ても眼下は海なので、足元には十分に気をつけて!

 

そのまま進むと、大海原を背に佇む小さな本殿へとたどり着きます。信仰すると美貌になるとも言われている愛染明王に、しっかりと手を合わせておきましょう。

この願い、届きますように!

参拝ルートは、夕日がキレイな絶景ビーチ

 

箱島神社が位置しているのは、絶景の宝庫・糸島の中でも、特に佳景と名高い二丈浜窪の海辺。

 

最寄りの駐車スペースから海辺に出てそのままビーチ伝いに進むと、徒歩10分ほどで箱島神社に到着します。

 

鳥居のあたりまでたどり着けば、“糸島富士”の別名を持つ可也山の雄大な姿も一望できます。

 

神社のある箱島は三方を海に囲まれ、また北西を向いているため、海に沈む夕日を一年中いつでも楽しむことができます。

晩夏の夕暮れどき、箱島神社近くの浜辺にて

特に10月から2月ごろの夕暮れどきには、箱島西側の海上に、「天使の階段」と呼ばれる神々しい光の筋が出現することもあるとか。

類まれな地形が生み出す奇跡のサンセット。目撃できたら、いいことありそう!

「鎮懐石八幡宮」でハートの御朱印をゲット

箱島神社の書き置きの御朱印(初穂料500円)

箱島神社は愛の神様ですから、御朱印だってとってもキュート!ハートの印を眺めているだけで、ハッピーになれそうです。

 

箱島神社の御朱印は、子授けの神様として広く知られる「鎮懐石(ちんかいせき)八幡宮」の社務所で授与していただくことができます。

9月20日現在、御朱印帳への書き入れは休止中ですが、書置きの御朱印は授与していただけます。再開・配布の状況については公式HPで確認を。

写真中央あたりにボンヤリと映る島影は長崎県の壱岐島

鎮懐石八幡宮は高台に位置しているので、境内の展望所から海のパノラマが楽しめます。特に、夕暮れの空と海の風景は圧巻です。

また、昼間に訪れると50km沖合に浮かぶ壱岐島まで見えることがありますよ。よく目を凝らして見てくださいね。

 

また鎮懐石八幡宮境内の「願い石」もご利益があると評判で、子宝を願い、石を撫でていく参拝客が多いそう。

箱島神社の周辺には、オシャレ店が続々オープン

駐車スペースから続く小道に入るには、この看板を目印に

箱島神社周辺の道路はカーブしていて見通しが悪く、歩道もありません。車で訪れる際には安全運転を心掛けてくださいね。また駐車場は羅漢川の新川橋近くのスペースを利用すると便利です。

ここ数年、箱島神社の周辺にはオシャレなカフェやお店が増殖中。参拝がてら、散歩してみるのもオススメです。

Photo&text:仁田茜

●掲載の内容は2019年9月時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

恋木神社で本気の恋愛祈願!ハートだらけでカワイイ神社のご利益

恋木神社で本気の恋愛祈願!ハートだらけでカワイイ神社のご利益

おでかけメディア『るるぶ&more.』

福岡県筑後市にある恋木神社は、別名「バレンタイン神社」とも呼ばれる、日本屈指の恋のパワースポット。アクセスが良いとは言えないものの、連日、恋する女子がご利益を求めて集う、恋愛の聖地なのです。

マジックアワーに訪れたい。感動の夕景に出会える海カフェへ

マジックアワーに訪れたい。感動の夕景に出会える海カフェへ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

真っ青な空がだんだんと黄色、オレンジ、淡い紫に染まっていく。まるで遠い南の島、いつか見た映画のワンシーン…。そんなほんの一瞬の、幻想的なマジックアワーを求め、福岡・糸島のカフェへ出かけませんか?

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載