取手駅ビルにアートの発信基地「たいけん美じゅつ場」オープン

取手駅ビルにアートの発信基地「たいけん美じゅつ場」オープン

2019/12/14

12月21日、茨城県にある取手駅の駅ビル内に「たいけん美じゅつ場」がオープン。新施設の登場で、取手市がアートの街に!?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

鑑賞から創作まで楽しめる駅ビル内のアートな遊び場

「たいけん美じゅつ場」フロアイメージ

2019年12月21日(土)、JR常磐線取手駅直結の駅ビル 「ボックスヒル取手」の4Fに「たいけん美じゅつ場」がオープンする。この施設は、取手市、東京藝術大学、JR東日本、駅ビルを運営するアトレが手を組み、同市を魅力ある街にするための取り組みの中で生まれたもので、アートを通じて交流をする複合文化交流施設となっている。

「東京藝大オープン アーカイブ」

「たいけん美じゅつ場」は、大きく分けて7つのルームで構成されている。東京藝術大学の卒業生の作品を保管・展示する「東京藝大オープン アーカイブ」をはじめ、市民の芸術文化作品が展示され気軽に芸術に触れられる「とりで アートギャラリー」、「工作室」、「ラーニング ルーム」、「プロジェクト ルーム」、「VIVAパーク」、「大人の休日倶楽部 ライブラリー」と、いずれもアートに関係したルームとなっている。

「大人の休日倶楽部 ライブラリー」

芸術作品を鑑賞する楽しみのほか、「工作室」や「プロジェクトルーム」を使ってのアートプログラムも予定されている。

文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載