「台湾甜商店」ディーンフジオカ監修『ディーンタピオカ』登場!

「台湾甜商店」ディーンフジオカ監修『ディーンタピオカ』登場!

2019/12/07

「台湾甜商店 梅田阪急三番街店」でディーンフジオカ監修『ディーンタピオカ』が登場!

大阪じゃーなる

大阪じゃーなる

DEAN FUJIOKA監修ドリンク『ディーンタピオカ』が台湾甜商店に登場!

初日から行列でした!

生タピオカ専門台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」が異例のコラボレーションを実現!

俳優・アーティストとして活躍するディーンフジオカさんとタッグを組み、ディーンフジオカならぬ『ディーンタピオカ』というコラボレーション商品を開発しちゃいました( ゚Д゚)

こちらのコラボイベントは、全国にある20店舗の台湾甜商店で開催中。


そして、注目のコラボ商品『ディーンタピオカ』は2019年11月25日から2019年12月25日(水)までの期間限定で販売されます。

某テレビ番組で生まれた「ディーンタピオカ」という言葉ですが、まさかその言葉が実現して商品化するとは面白すぎる(笑)

タピオカ大好きグルメライターである私も、このコラボイベントに訪れてみました!

台湾甜商店 阪急三番街店で噂の『ディーンタピオカ』に出会える

目を引く宣伝ポスター

全国で開催される台湾甜商店×ディーンフジオカの期間限定コラボイベント。

大阪では阪急電車「大阪梅田駅」直結の阪急三番街にある、「台湾甜商店 阪急三番街店」にて本イベントが開催中であり、噂の『ディーンタピオカ』を楽しむことができます。

リリースされるポスターも発見!

ちなみに、ディーンフジオカさん監修のタピオカドリンク『ディーンタピオカ』はホットとアイスの2種類があるとのこと。

どちらも2019年12月11日(水)にリリースされるNew EP(CD)「Shelly」の収録楽曲をイメージして作られたそうです。

紙ストロー

さらには環境に配慮して作られた紙ストローを付けて提供されるとのことで、味・見た目・飲み方など随所にディーンフジオカさんのこだわりが詰め込まれていますね。

『ディーンタピオカ』を実際に飲んでみた!

ディーンフジオカさん監修のタピオカドリンク『ディーンタピオカ』

こんなにこだわりが詰まったタピオカドリンクなら是非とも飲んでみたい。

ということで、梅田の台湾甜商店 阪急三番街店に訪れて『ディーンタピオカ』を飲んでみましたよ!


「鴛鴦奶茶(オシドリミルクティー)」は、見た感じ普通のホットドリンクのような感じ。

「蝶豆花茶(バタフライピー)」は、宇宙みたいな色をしたドリンク。

鴛鴦奶茶(オシドリミルクティー)

キャプションを入力

ミルクティーと珈琲をブレンドした新感覚のドリンク。

鴛鴦奶茶はそもそも中華圏でよく飲まれているドリンクであり、ディーンフジオカさんも愛飲しているらしいです。

日本にもこの美味しさを広めたいという思いから、今回のコラボドリンクで採用されたとのこと。

ミルクティーの優しい甘さとコーヒーのほろ苦さが、素晴らしいハーモニーを生み出しています。

温かいドリンクなので、タピオカのモチモチ感が倍増している感じ。

台湾甜商店らしさをプラスしたナッツクランチとホイップ、そしてチョコソースも良いアクセントになっていますね。

蝶豆花茶(バタフライピー)

宇宙のような色味が特徴のミステリアスドリンク
フタは『Shelly』ジャケット仕様

「謎」をテーマに作られ、まるでその正体はいちごゼリーを入れた蜂蜜レモンソーダで、さらにバタフライピーをかけた魔法のようなドリンクです。

少しずつ混ぜることで色が移り変わり、同時に味わいも徐々に変化していくのが楽しいですね。

蜂蜜の自然な甘さにレモンと苺の爽やかな酸味が加わって美味しい!

味・見た目ともに、アーティスティックな雰囲気がありまね。

さすがディーンフジオカさんです。

大阪キタじゃーなる

大阪キタじゃーなる

今日の“キタ”をお届けする、ほんわか地域情報サイト!

この記事を書いたライター情報

大阪じゃーなる

大阪じゃーなる

「大阪じゃーなる」は、大阪のローカル情報を“ほんわか”と発信する地域情報サイトです。現在は、「大阪キタじゃーなる」、「大阪ミナミじゃーなる」、「大阪泉州じゃーなる」、「大阪北河内じゃーなる」の4エリアに分けて、エリアごとの情報をより詳しく発信しています。

大阪じゃーなる が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載