手仕込みおでんとおばんざいとママの笑顔。一人飲みにピッタリ!

手仕込みおでんとおばんざいとママの笑顔。一人飲みにピッタリ!

2019/12/09

寒い冬になると鍋とかおでんとかのあったか〜い食べ物が恋しくなります。「おでんBAR」なる単語が気になって「おでんBAR 美香ん家」さんに突撃してきました。

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

毎日手仕込みのおでんとおばんざい。ママの笑顔に癒される!

南5西4と立地の良い寿ビル。人気店も多いです

場所は南5条西4丁目。まる八ラーメンやだるま 本店のある小路沿いの寿ビルにあります。寿ビルはやきにく舎 太好了 すすきの店や聴雪庵が入っているビルです。

エレベーターで4階に上がり看板をみつけて入店。

南5条エリアのお店のレポートはこちらも参考にされてください。

カウンターにはできたてのおでんやおばんざいが並んでます

店内はカウンター7席とボックス席とこじんまり。10月にオープンしたばかりのママさんが1人で切り盛りしているお店です。
ニコニコ笑顔のママさんの立つカウンター席に着席。カウンターにはその日に仕込んだおでんやおばんざいが並んでいます。

早速メニューを見てみます。

ドリンクは、クラシック、ハイボール、サワーのほか焼酎やワイン、日本酒などもあり。しかもお通し料無し!ボトルキープも出来るようです。

お!ホッピーがあるじゃん!とホッピーを注文。

ホッピーセット(600円)

おでんは1ネタ150円〜。大根玉子こんにゃくロールキャベツ牛すじなど15種類以上。

日替わりのおばんざいは単品380円、2点盛りや3点盛りも可。この日は豚の角煮、きんぴらごぼう、長いも梅キュウリでした。

ピリ辛モツ煮込みやまぐろの酒盗やタコさんウインナーなどのお酒のアテや、〆のおでんのだしを使っただし茶漬けやうどんから、今日のオススメメニューまで、1人でこれ毎日仕込んでるの?っとびっくりするくらい豊富です。

まずはおでんを注文。

おでん(たまご200円、大根200円、がんも150円、さつま揚げ350円)

おでんはおまかせで盛りつけてもらいました。たまご、大根、がんも、さつま揚げの4品。優しい味付けながらどれもしっかり出汁が染みていて美味い!特に大根のとろけ具合は特筆ものでした。

辛子と一緒についてくる柚子胡椒も何気にうれしい。

ふいに優しい家庭の味付けが無性に恋しくなることがありますが、そういう時にここ美香ん家さんはピッタリのお店です。

創業50年!ススキノの癒しスポット「蜂屋」さんの食レポはこちら

もち巾着300円とロールキャベツ350円
牛すじ250円

もち巾トロトロ。ロールキャベツには軽くコショウが振られて出てきます。食べやすく半分に切ってくれるので一口で。しっかりとお出汁が染みていてGOOD!

牛すじには甘い味噌ダレがまぶさってます。コリコリとしたすじ肉の食感と脂身?軟骨?部分のとろけ具合がちょうどいい感じです。

ピリ辛もつ煮込み600円

これも冬にピッタリのメニュー。モツたっぷり。というかほとんどモツ。

どれもこれも美味しい!と、どんどんお酒も進んでいよいよ〆のメニューを…黒板メニューからジンギスカンとナポリタンを注文しました。

乳井さん家のジンギスカン(600円)

自家製の秘伝のタレで味付けしたジンギスカンをもやしやピーマンなどの野菜と一緒にフライパンで炒めたもの。

これが無茶苦茶美味い!甘みや辛みのバランスが絶妙です。タレの秘密は擦りリンゴまでしか教えてもらえませんでした。

ナポリタン(600円)

酸味控えめのあっさりめ。飲んだ〆にちょうどいい味付けで、結構飲み食いしましたがペロリと平らげてしまいました。

「おでんBAR 美香ん家」さんの総評

おでんと聞くとちょっとお高いイメージがありますが、お通し料もなく一品一品もお安い&どれを食べても美味しい上にママさんの笑顔が素敵!一人飲みや2〜3人のプライベート飲み、少人数の貸切りにもピッタリの隠れ家おでんバーですよ!

この記事を書いたライター情報

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

「すすきのへ行こう」は運営20年の道内最古参ローカルウェブマガジンです。アジア最大最北の歓楽街「すすきの」を中心に札幌市のグルメ・観光・イベント情報をお届けしています。行列の絶えない超有名店から地元民でも知らない穴場なお店まで、幅広くカバーした実食レポートが好評です。

すすきのへ行こう が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載