渋谷フクラスにできた天空の新名所「SHIBU NIWA」へ!

渋谷フクラスにできた天空の新名所「SHIBU NIWA」へ!

2019/12/05

2019年12月5日(木)、渋谷フクラスの商業施設ゾーンに「東急プラザ渋谷」がグランドオープンしました。その中でも注目の新スポット「SHIBU NIWA」へ行ってみましょう!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【日本初上陸】となる総合エンタテインメントレストランも出現!

コンセプトは「大人をたのしめる渋谷へ」

100年に一度といわれる渋谷周辺の再開発。きょう12/5(木)、渋谷駅西口エリアにある渋谷フクラス内に「東急プラザ渋谷」がグランドオープンしました。渋谷というと「若者の街」というイメージですが、東急プラザ渋谷は「大人をたのしめる渋谷へ」がコンセプト。ここでは17・18Fにある注目のスポットを紹介します。

ルーフトップガーデン「SHIBU NIWA」

17・18Fのルーフトップガーデン「SHIBU NIWA」俯瞰図(画像はイメージです。実際とは異なる場合があります)

東急プラザの「プラザ」には、「広場」という意味が。新生「東急プラザ渋谷」の新たな広場のシンボルとして、屋上テラス「SHIBU NIWA」が生まれました。

17Fのルーフトップガーデンと18Fのルーフトップダイニング。様々なタイプの椅子と樹木が配置されている
夜はよりいっそう、ムーディな雰囲気に
駅のターミナルや今しか見られない工事現場も望めます

17Fから外階段を昇り、18Fに行くとフォトサービス「AIR FINDER」があります。椅子に表示されているQRコードを読み取り、設定をすると、上部に設置されているカメラが写真を撮影、データが転送されます。

QRコードを読み取り、カメラをチェック!すると、右のように写真がダウンロードできます

午前中は日陰になるので、撮影のタイミングは昼過ぎからがベターかもしれません。

日本初上陸の「CÉ LA VI」(セラヴィ)が展開する3店舗

そしてもうひとつの目玉が、日本初上陸となる「CÉ LA VI」。あのシンガポールの「マリーナベイ・サンズ」のルーフトップや香港、フランスのサントロペ、台北、クアラルンプールなどで展開する総合エンタテインメントレストランです。17Fには、カフェ&バー業態の「BAO by CÉ LA VI」とラウンジの「CÉ LA VI CLUB LOUNGE」、18Fには、ファインダイニング「CÉ LA VI REATURANT & SKY BAR」が登場しました。

開放感のある「BAO by CÉ LA VI」

セラヴィでも初の業態となるアジアンバーガー「バオ」やスイーツなどがカジュアルに楽しめるのが「BAO by CÉ LA VI」です。

ぜひ試したい「バオバーガー」(1300円)
前方へと流れる水は、マリーナベイ・サンズのインフィニティプールを彷彿させる

向かいにある「CÉ LA VI CLUB LOUNGE」では、カクテルを片手に音楽に身を委ねてゆったり、なんていうことも。

夜も深まるとDJたちのパフォーマンスで盛り上がれるクラブラウンジに

「CÉ LA VI REATURANT & SKY BAR」は、絶景とともにモダンアジアン料理が堪能できる空間になっていました。

渋谷駅前に浮かぶ天空のルーフトップガーデン(画像はイメージです。実際とは異なる場合があります)

ミクソロジー×音楽×料理を軸にした大人の社交場で、極上のグルメとエンタテインメントを味わってみてはいかがでしょうか。

撮影/キンマサタカ(パンダ舎)
取材・文/Yahoo!ライフマガジン編集部

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載