小瓶にキュートなお花を詰め込んで。自分でつくるボトルフラワー

小瓶にキュートなお花を詰め込んで。自分でつくるボトルフラワー

2019/12/15

最近よく見かけるようになったボトルフラワー(ハーバリウム)。お手入れなしでも長い間枯れることがないので、なかなかお花の手入れができない、生花は自信がないという方にも、ギフトとして大好評です!今回はSNSでボトルフラワーが大人気となっている花屋「マルメロ」にお邪魔してきました!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

気取らない花のラインナップがおしゃれなフラワーショップ

 

「marmelo」は池の上の商店街のなかにある、小さなフラワーショップです。店頭に並ぶ花は、一般的な季節の花を取り揃えるのではなく、オーナーの小野寺さんが仕入れ時の直感や”ドライフラワーにしたらかわいいのでは“というイメージで揃えているそう。年間を通じて、特にグリーン系の草花や小ぶりな花が多いとのこと。

 

店内ではドライフラワーも販売されています。「marmelo」のドライフラワーやブーケはどれも今っぽい抜け感があり、気取らずおしゃれなものばかり。インテリアとして飾ったらお部屋がワンランクアップしますよ!

店内にずらりと並ぶボトルフラワーがかわいい!

 

窓際にずらりと並ぶボトルフラワーがかわいい!いろんな花が詰め込まれたにぎやかなものもあれば、1種類を入れただけのシンプルなものもあります。このボトルフラワーをSNSで見て、遠方から足を運ぶ人も多いそうです。通りすがりの方も、お店の外からボトルが見えるので、そのかわいさに足を止めてしまうんだとか。

このボトルフラワーは、ドライフラワーやプリザーブドフラワーをハーバリウムオイルで漬け込んだもので、この美しさは約1〜2年の間保たれます。

せっかくなら自分好みで作ってみたーい!ということで、店内でワークショップ(2000円)を体験してきました!

世界で1つだけ!自分好みのボトルフラワー作り

 

まずは自分好みの花をチョイス。「marmelo」らしいかわいい小花などを中心に、たくさんの種類の花があるので、何を詰めてもおしゃれに仕上がりそう…!選んだ花を瓶の中に詰めていきます。

 

お花を詰めたら、ハーバリウムオイルを入れて完成です。一見簡単そうに思えますが、所要時間は20〜30分ほど。色や配置のバランスを整えながら仕上げています。

 

できあがりはとってもかわいくて大満足!ピンク系と紫系がいいな…というぼんやりとした希望でメインの花を揃えて、そのほかに何を詰めるかはお店の方にアドバイスをいただきながら作っていきました。ほかにはない、自分好みのオリジナルボトルフラワー、よろこびもひとしおです。

このワークショップはインスタグラムやホームページから予約することができます。お店に並んでいるものはもちろん、自分で作ったボトルフラワーはかわいくて仕方がありません!ぜひ一度足を運んでみて、自分好みのとっておきのボトルフラワーを見つけてくださいね!

Text:柴山たき(エフェクト)

●記載の内容は2018年8月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

鮮やかなドライフラワーを自分好みに調合!センスいいギフト選び

鮮やかなドライフラワーを自分好みに調合!センスいいギフト選び

おでかけメディア『るるぶ&more.』

フラワークリエイターの篠崎恵美さんが、生花のロスを減らしたいとの思いでオープンしたドライフラワー専門店をご存知ですか?まるで薬を調合するようにパッケージに詰めて密封するのでギフトにもぴったり!

フラワークリアバッグがおしゃれすぎ!表参道の花屋さん

フラワークリアバッグがおしゃれすぎ!表参道の花屋さん

おでかけメディア『るるぶ&more.』

プレゼントの定番といえば花束ですが、もっと気軽に渡せて、しかもおしゃれでかわいいフラワーギフトを発見。ここではお花1本の購入から、とびきりかわいくて写真映えが抜群のクリアバッグに入れてもらえるんです!

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載