行列店のパンが並ばず駅ナカで手に入る、大阪の神サービスが話題

行列店のパンが並ばず駅ナカで手に入る、大阪の神サービスが話題

2019/12/24

2019年10月に阪急大阪梅田駅にできた「TORiCLO(とりクロ)」は、行列に並ぶことなく有名店の人気商品を受け取れるお店。アプリやwebで商品を注文しておけば、指定した日時に立ち寄るだけ! いろいろな店の商品が楽に手に入るんです。そんな魅力的なサービスで大注目のお店をご紹介。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

あの名店の人気商品も、並ばずにサクッと購入!

会社帰りやお買い物ついでに立ち寄れる、便利な立地

「TORiCLO」があるのは、大阪随一の乗降客数を誇る阪急大阪梅田駅の2階中央改札外すぐ。その名の通り「とり寄せてクロークのように受け取る」ことができるお店で、注文から決済までがアプリやwebで完結。わざわざ遠くの店に足を延ばしたり行列に並んだりしなくても、お目当ての商品を確実に受け取れるんです。基本は事前注文ですが、店頭販売されている商品もあるので、ふらっと立ち寄ってその場で選んで買うこともできます。

阪急電鉄株式会社 都市交通事業本部 えきまち事業部の佐竹敦さんにお話を伺いました
佐竹さん
佐竹さん
「現在は関西を中心とした、約14店舗の有名店のパンがラインアップ。それらの店のパンを1カ所で手に入れられる、ユニークで便利なお店です。当日販売のパンは、入荷するとすぐに完売してしまうこともあるんですよ」
事前に注文しておけば、売り切れの心配なし!

予約はwebからでも簡単にできますが、専用のスマホアプリ『PICKS』を使えばラクラク。まずは欲しい商品を選んで、 受け取り日時を指定。スマホ決済で注文完了。あとは指定した日時にお店に立ち寄って商品を受け取るだけ。事前決済なので、レジに並ぶこともなくスムーズに受け取れるんです。

店頭で“ついで買い”もできますよ
カウンターの上には「当日購入受け渡し」、「Web予約受け渡し」の分かりやすい案内があるのでスムーズ

一部の商品はお店に並んでいるので、事前注文なしでも購入可能! 店頭の端末で券を購入したら、“当日購入受け渡し”の窓口へ。事前注文して来店し、その場で気になるパンを見つけて追加購入するという人も多いそう。店頭の品ぞろえは日によって違うので、欲しいパンを確実に手に入れたいときは事前注文を。

行列必至の人気商品も! たくさん並んだパンにワクワク

棚には各店のいろいろな種類のパンがずらり。香ばしくて甘い香りが広がっています

取り扱うお店や商品のラインアップが変わるのは月1回。当日に何が並んでいるかは来店してからのお楽しみなので、思わぬ“掘り出し物”に出合えるかも。迷ってしまったら、パンの味を熟知したお店のスタッフに好みを伝えると、おすすめの商品を紹介してもらえますよ。

佐竹さん
佐竹さん
「店頭に並んでいるパンには当日焼きたてのものもあり、『お客さんに出来たてを持って帰ってほしいから』と、お客さんが一番多い夕方に合わせて焼きたてのパンを持ってきてくださるお店もあるんですよ」

迷いに迷って選んだ3店舗のパンをご紹介

1.「箕面デニッシュ サトウカエデ」の「箕面デニッシュ」

大阪・箕面市に本店がある「箕面デニッシュ サトウカエデ」の「箕面デニッシュ」(1.5斤/950円)

地元で大人気のデニッシュ食パン専門店で、牛乳・卵・マーガリン・ショートニングを一切使用しないのがお店のポリシー。数種類あるデニッシュ食パンの中で一番人気が「箕面デニッシュ」です。

佐竹さん
佐竹さん
「本店では1日に1400本売れたことがあるという逸品。お店では行列必至なこちらの食パンも、「TORiCLO」なら簡単にゲットできますよ」
何層にも重なった生地は、目でも分かるほどきめ細やか

レンジで10秒ほど温めて食べると、小麦とバターの優しい味を感じます。生地を三つ編みにしながらこねることで、ふんわりと軽やかな口当たりになり、断面も美しく仕上がるのだそう。焼かずにそのまま食べるのもおすすめですが、トーストするとバターの芳醇な風味が増して、また別の味わいに。サクサク感がたまらない生地は耳までおいしく、いくらでも食べてしまいそう……。

2.「食パン工房 あんじゅ本店」の「あんこ食パン」

兵庫・伊丹市にある行列必至の食パン専門店「食パン工房 あんじゅ本店」の「あんこ食パン」(1斤/720円)

本店でしか販売されていない限定の食パンも、「TORiCLO」で手に入るんです。少し小ぶりで見た目も可愛らしい食パンの中に、北海道産の粒あんがたっぷり。ふわふわの生地には、厳選された小麦粉とバター、沖縄の塩や奄美大島のサトウキビから取った砂糖、高千穂の生クリームなどを贅沢に使用。

佐竹さん
佐竹さん
「産地や質にこだわった素材を使った生地は、そのまま食べると、柔らかくしっとりとした口当たりが楽しめます」
ふんわりとした生地にあんがぎっしり

トーストしてバターをたっぷりと塗っていただくのもおすすめ。バターの塩気とあんの甘さがベストマッチ! 耳の部分に乗せられた白ごまが香ばしいアクセントを添えています。朝食はもちろん、小腹が空いたときのおやつにもぴったりな、食べごたえのある食パンです。

3.「リトルプリンセス」の「ずっしり贅沢りんご食パン」

こちらは青森から直送!「リトルプリンセス」の「ずっしり贅沢りんご食パン」(1.5斤/3024円)

関西以外のお店のパンも取り扱って、こちらは青森の人気店のもの。店主が青森りんごのおいしさを伝えるために作った食パンは、見た目はごく普通? ですが、持った時の重みにびっくり。カットすると断面にはりんご、そしてりんご! 甘味が強い青森産「ふじ」が1.5斤になんと5~6個も使われているんです。砂糖を一切使わず、パンの甘さはりんごだけの甘さなのだそう!!

佐竹さん
佐竹さん
「少し焼いてりんごの甘味を引き出してから生地に加えたり、水を一切加えない代わりに100%のりんご果汁を加えたりするなど、手間ひまがかかった贅沢な食パンです!」
パンの隅までぎっしりと入ったりんごに注目!

おすすめは、厚めにカットしてからトーストして、たっぷりとバターをつける食べ方。焼きたてのパンを頬張ると、焼きりんごのような味わいが口いっぱいに! とろけるような食感のりんごともちもちのパン生地、さっくりとした耳という食感のハーモニーも楽しめます。

今後はラインアップがさらに充実!

店頭には「白ワイン」や「キウイ」といった、珍しいフレーバーに心引かれるジャムも

一つのお店で別々のお店のパンを買うことができ、しかも人気店では避けられない行列に並ぶこともなく、レジの待ち時間もなし……この手軽さに、いろいろなお店のパンの食べ比べができるうれしさも加わって一石四鳥!? 現在は主にパンを取り扱っていますが、今後はスイーツやお惣菜を取り扱う予定とのこと。

佐竹さん
佐竹さん
「これから、取り扱う商品の種類もさらに増やしていきます。駅の中、しかも改札のすぐそばという便利な立地なので、忙しい人にこそ利用してもらいたいです」

何かとバタバタする年末年始は特に、注文してさっと受け取るだけのお店は重宝しそう。大勢が集まるパーティーに有名店のパンを手土産に買って行っても喜ばれること間違いなし! 手軽で便利なサービスをかしこく利用して、有名店の味を手軽に楽しんでみては。

お店があるのは阪急大阪梅田駅の中央改札の目の前。パンの香ばしい香りが漂ってきたら、お店はすぐそこ

取材メモ/行列必至の商品を確実に、しかも便利な駅ナカで受け取れるという、ありそうでなかったうれしいサービス。事前注文から決済が、スマホ一つで簡単にできてしまうのがとても便利! 駅を利用するたび、ついつい商品をたくさん注文してしまいそうです。

取材・文・撮影=コム計画室 制作チーム

※記載の価格はweb価格です。店頭価格と異なる場合があります。

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載