かわいくておいしい大阪手土産。見た目もキュートな豆どら

かわいくておいしい大阪手土産。見た目もキュートな豆どら

2019/12/14

小さなどら焼き「豆どら」とスペシャルティコーヒーが看板商品の「いちりん」。甘さ控えめのどら焼きと、しっかりコクと旨みのあるコーヒーとの相性は抜群!ゆ〜るりとした雰囲気で、時間を忘れられる居心地の良さも魅力です。とっておきのカフェタイムを存分に楽しみつつ、豆どらをお土産に!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

コーヒーと和菓子の「いちりん和菓子セット」

いちりん和菓子セット 1650円

「いちりん」のいちオシは、コーヒーと豆どら(粒あん)を含めた和菓子4種類がセットになった「いちりん和菓子セット」。いちりんのスペシャリテが味わえるおすすめメニューです。豆どら以外の内容は季節によって変更し、この日はミニぜんざいと蒸しようかん、抹茶をまぶした求肥でした。なお、豆どらは単品でもいただくことができますよ。

 

普通の大きさよりも2まわりほど小さい豆どらは、2、3口で食べてしまえる軽やかさ。自家製あんこと皮は甘さ控えめで、あと味サッパリです。ふんわり&しっとりの上品なおいしさを堪能して。

 
 

ミニぜんざいは、たっぷりのあんこに焼いたお餅をトッピング。やさしい甘さと香ばしいお餅の風味に癒やされます。求肥はぐいんと驚くほど伸び、口の中で“もにゅもにゅ”と楽しい食感を演出。蒸しようかんにはくるみとローストしたかぼちゃのたねをトッピングし、甘く香ばしい余韻が楽しめます。一つひとつの和菓子が丁寧に作られているのがひしひしと伝わってきます。

小さくてかわいい「豆どら」

"豆どら 季節フルーツ 418円(イートイン)"

豆どらは、「いちりん和菓子セット」でも食べられる定番の粒あんだけでなく、常時5種類ほどをラインナップ。小さくてかわいいルックスは、ちょっとした手土産にぴったりです。 こちらは季節限定の、柿・クリームチーズ・粒あんの豆どら。塩気の利いたクリームチーズと甘いあんこの抜群の相性に加え、ジューシーなカキがとろける旨みを演出した味わい深い逸品!

豆どら クリーム 385円(イートイン)

あんこに生クリームを加えたクリームは、少し洋菓子っぽさを感じるテイスト。ケーキのような和菓子のような独特の風味が楽しめ、クセになる味わいです。 皮には米飴を用いてコクとやさしい甘みを演出し、グルテン少なめの国産小麦「いざなみ」で体への負担も軽減。材料にはなるべく国産のものを使用するなど、心と体にやさしい味わいを追求しています。

店内はギャラリースペースとしても開放

 

グリーンと木を基調にした店内は、明るくくつろげる雰囲気。ひとりでゆったり、友人との語らいなど、さまざまなシーンにもってこい。

 

漆喰の壁にはアート作品が飾られ、気に入れば購入することも可能。ギャラリーとしても開放され、1カ月に約1回のペースで展示替えしています。

 

コーヒーにもこだわり、中煎りで爽やかな酸味とフルーティーな風味が楽しめる「rin」と、深煎りでクセのないコクと苦味のある「ichi」の2種類がオリジナルブレンド。この2種類は機械で抽出するタイプですが、ハンドドリップのスペシャルティコーヒーもさらに2種類ご用意。 体にやさしい豆どらと、香り高いコーヒーの相性を楽しみつつ、くつろぎの店内でひと休み。忙しい日々をふっと忘れられる、とっても素敵なカフェなのでした。

text:木村桂子(ウエストプラン)

●掲載の内容は2019年11月時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

大阪・新町の名物!約4cmの厚みが愛おしい、ふっかふかスフレ

大阪・新町の名物!約4cmの厚みが愛おしい、ふっかふかスフレ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

大阪メトロ西大橋駅、四ツ橋駅から北に向かって歩くこと約7分、ふわっふわでとろける食感のスフレが大人気の「ファンスペースカフェ」があります。大阪・新町に来たら絶対にはずせないスイーツのひとつです。

大阪・”八百屋の嫁”が作るのフルーツパフェがおいしい!

大阪・”八百屋の嫁”が作るのフルーツパフェがおいしい!

おでかけメディア『るるぶ&more.』

大阪郊外、柏原市にありながらもSNSで話題沸騰中のカフェに行ってきました。上質な果物をぜいたくに使用したフォトジェニックかつ美味なパフェでブレイクした「八百屋の嫁が作る momovege」です。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載