給油ノズルから生ビール!ガソリンスタンド居酒屋はコスパも衝撃

給油ノズルから生ビール!ガソリンスタンド居酒屋はコスパも衝撃

2019/12/25

大阪屈指のビジネス街である本町の一角に建つ、大正13年に竣工したネオ・ルネッサンス様式の「明治屋ビル」。こちらの1階に、レギュラー・ハイオク・軽油と書かれた看板が表に立つガソリンスタンドらしき店舗が……。近づいてみると、何とそこは居酒屋! 摩訶不思議なお店の謎に迫ります。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ガソリンスタンド風の居酒屋で一風変わった飲み体験をどうぞ

 

ビジネス街・本町の一角にある「堺筋本町給油所一号店」は、ガソリンスタンドを模した居酒屋としてSNSでも話題に。社長の遊び心から生まれたというこちらのお店、実はそのふざけた風貌(失礼・・・)とは裏腹に、異常なコスパの良さと味で、かなりファンの多い名店なんです。バチボコに忙しい12月、定期的にガソリン(お酒)を入れないと乗り切れない、我々庶民のための店ではありませんか!

でも、この写真を見て居酒屋だってわかります?

このあたりから見ても、居酒屋かどうかはまだおぼろげ。ガソリンスタンド色のほうが強いですね
ここまで来ると、お酒の値段のことだと分かってきますが、この時点では、まだ意味が分かりません

給油機から黄金色のビールが溢れ出す!

これが給油機です。ちなみにもともとガソリンを入れていたわけではなく、オリジナルで作ったものなので、ご安心を

入ってみるとびっくり! 居酒屋らしい設えの店内に、ほんとに「給油所」で見る給油機があるではありませんか!

実は、これがお酒のサーバーになっているのです。ガソリンスタンドも最近はほとんどセルフスタイルになっているので、皆さんも経験があると思いますが、ノズルを持ってレバーを引けばあら不思議。ノズルの先からは黄金色に輝くビールが注がれます。

松野下店長にお願いして、給油機から注いでもらいました。今度は自分でやってみたいなー!
知らずに入店するとちょっと驚いてしまいそうな風景ですね

通常は注文すると店員さんが操作してくれますが、お願いすればセルフで注ぐことも可能。不思議な感覚をぜひ試してみてください! ちなみに、ハイオクの黄色はアサヒスーパードライ、レギュラーの赤はクリアアサヒ、緑の軽油はプレーンチューハイ。給油機にはありませんが、スーパーハイオク(エクストラコールド)、重油(ドライブラック生)もあります。お好みでどうぞ。

店長 松野下さん
店長 松野下さん
「プレーンチューハイはそのまま飲んでいただいても結構ですが、レモンやライム、カルピスなど、7種類のシロップをご用意しておりますので、スタッフまでお声がけください」

給油所は料理も絶品ぞろいです

「マルゲリータ」650円、スペイン産の「ハモンセラーノ」750円。この2つをセットでオーダーすれば、「ハモンセラーノ」が100円引きになります

注目すべきは給油機だけではありません。中でもお客さんのほとんどが注文するというピザは絶品。店内で生地から作りあげ、ピザ用のオーブンを使い、500度で90秒ほど焼き上げます。高温、短時間で仕上げるので、外はカリっと、中はもっちりと仕上がり、専門店さながらのおいしさ。

またこちらも多くのお客さんがピザと一緒に楽しむメニューが「ハモンセラーノ」です。セットで注文すると「ハモンセラーノ」が100円引きになるので、人気があるのも納得ですね。おすすめは、シンプルな「マルゲリータ」にピザ用のハバネロソースとハモンセラーノとのマリアージュ。トマトの酸味とソースの辛味、そしてハムの塩気が、口の中で爽やかに混ざり合います。

500度で一気にピザを焼き上げる専用窯
松野下さん
松野下さん
「当店のピザは90秒でできあがるスピードメニューなので『とりビー(とりあえずビール)&とりピー(とりあえずピザ)』でお楽しみください」

メニュー数も豊富で、ピザは常時20種、おつまみなどの一品も50種ほど。もちろんドリンクは「ガソリン」だけではなく、ハイボールや日本酒、焼酎、果実酒、ワインなど、老若男女が楽しめるラインアップです。またランチ営業も行っていて、基本はバイキングスタイル。お店自慢のピザをはじめ、キーマカレーやデザートなど20種以上が提供され、男性900円、女性800円と破格のコスパ。

レトロなインテリアを隅々まで見てみれば……

店内奥にある個室も含めると、80席あるそうです

ところで店内を見渡してみると、ものすごく価値のありそうなレトロなインテリアや小物があちらこちらに。松野下店長に尋ねてみると。

松野下さん
松野下さん
「ウチの社長がこういう骨董品みたいなのが好きでして。置ききれ切れなくなって倉庫に片付けてしまったものもあります。数年前まではクラシックカーのタクシーも置いてありました。NOW ON SALEの札が貼っていて、値段は2千万円でした(笑)」
おそらく超貴重なレトロ洗濯機を使ったテーブル。ドリンクをこぼしてしまったら、エライことになりそう……

店内中央付近には、昭和30年製の一層式の洗濯機、の上にテーブルを付けていて、こちらでは立ち飲みスタイルを楽しむことが可能。そして給油所(サーバーです)の隣には、これも年代物のジュークボックスが鎮座します。残念ながら壊れてしまっているそうですが、少し前までは4曲100円で懐メロを聞くことができたとか。

ビートルズのポスター。おそらくこちらも貴重なものですね
松野下さん
松野下さん
「おいしかった! というだけじゃなく、楽しかった! と思っていただけるような店内、そして接客を心がけています。これからもユニークな小物が増えていくかもしれないので楽しみにしていてください」

またお店に入ってすぐ左のスペースには、樹齢2000年の屋久杉を天板にしたテーブルがあり、驚くほどの存在感を放っています。この他にもオーナーが買い集めたユニークで貴重な小物が至るところにちりばめられているので、じっくり見渡しながらお酒と料理を楽しむというのもご機嫌な時間です。

樹齢2000年の屋久杉のテーブルに座れば、神神秘的な力に包まれそう
小皿に使われるのは昔懐かしのアルマイト製。テンション上がります

実はこちらのお店は、食品を扱う事業を展開する「阪神食品株式会社」の直営店。店舗事業として「堺筋本町給油所」の他に、小学校をコンセプトとした居酒屋「個室家座香屋6年4組」など、とてもユニークな店舗展開をしています。そんな社長の遊び心があらゆるところに感じられるのが、最大の特徴。

そもそも給油所というスタイルを取り入れたのも「ガソリン(アルコール)入れて、明日もがんばろか!」という社長のシャレから生まれたそう。

看板イラストは、あの「秘密結社 鷹の爪」でおなじみのFROGMANさんのデザイン。社長のお友達で、イメージキャクターとして、描いてくれたそう。FROGMANさん作のオリジナルTシャツも販売しています

時間指定はありますが、毎日給油し放題(飲み放題)に加え一品も割引されるというサービスがあり、お酒好きにはたまらないサービスも。また、「特別車両コース(飲み放題付き 4500円)」「普通車両コース(飲み放題付き 3500円)」などの宴会サービスも充実しています。

およそ65名までの大型宴会の対応も可能なので、年末年始の宴に「ガソリン入れに」パーっといっちゃってください!

各曜日のサービスはこちらの看板をチェック!

取材メモ/土曜日は周辺のオフィス街が休みになるため、比較的ゆっくりと入れるそうです。せっかくならガソリン入れ放題でのんびりしたいですね!

取材・文・撮影=平井和哉(0.1knot)

\大阪、遊び心やりすぎな店/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載