染めても食べても魅力たっぷり!ヘルシー&栄養満点“藍フード”

染めても食べても魅力たっぷり!ヘルシー&栄養満点“藍フード”

2019/12/23

徳島の伝統工芸として名高い藍染め。染料として使われるイメージが強い藍ですが、実は“食べる”こともできるんです。最近では、食用藍を使用した加工食品や藍の粉末を使って現代風にアレンジされた“藍フード”を楽しむことができるんですよ。それでは藍フードを楽しめるお店を3店ご紹介します!

あわわ

あわわ

農園直営 旬感ダイニング aqulier(アクリエ)

水耕栽培にこだわった藍料理に舌鼓

『農園直営 旬感ダイニング aqulier(アクリエ)』外観

自社農園で水耕栽培し、野菜料理を提供する『農園直営 旬感ダイニング aqulier(アクリエ)』。こだわりの野菜を中心に徳島県産の食材を堪能できるコース料理は、女性から高い人気を集めています。

店内で食用藍の水耕栽培もおこなっています

パンやパスタの生地には乾燥した藍の粉末を練り込んでいます。

粉末状にした乾燥藍を練り込んだ生麺

季節ごとに味付けや麺の太さを変えているので、その時期にもっともおいしい食べ方でパスタ料理を提供しています。撮影日は[かつおだしのペペロンチーノ風パスタ]でした。

[ランチコース]2,750円。藍のパスタやシェアスタイルのサラダ、旬の食材を使ったメインが楽しめます

鳴門海峡で水揚げされたマダイからとった出汁でやさしい味わいに仕上げた一品。ゆずのオイルで香りづけをしているので、食後に爽やかなフレーバーが口の中に広がります。

店内のメニュー

藍パウダー入りのフォカッチャも食べることができ、こちらも人気を集めているそうですよ。

COFFEE&WINE あわ BLUE LABEL(あわ ブルーラベル)

ホテル仕込みのカレーを藍の葉入りのご飯とともに

徳島駅から歩いて1分のホテル『阿波観光ホテル』の1Fカフェラウンジ『あわ BLUE LABEL(ブルーラベル)』は、「宿泊客以外の方も気軽に訪れてもらえるカフェにしたい」との思いから2019年春にリニューアル!

『あわ BLUE LABEL(ブルーラベル)』内観

鮮やかな魚たちが泳ぐ大きな水槽を眺めながら藍の種が入ったパンや藍入りドレッシングで味わうサラダなどをいただくことができます。

[カレー]1,200円。白ご飯と藍の葉が入った[藍ご飯]のどちらかから選べます

ホテル仕込みの上品な辛さのカレーは、藍の葉を混ぜ込んだ[藍ご飯]と一緒に!藍のほのかな甘みが感じられるご飯との相性は抜群です。


SIZENTO(シゼント)

敏腕シェフが生み出す極上パスタ

『SIZENTO(シゼント)』内観

関西の有名イタリア料理店で技を磨いたシェフが営む『SIZENTO(シゼント)』。徳島で店を構えた理由は、いい食材が身近に手に入るからなんだそう。鳴門鯛、神山鶏、鳴門金時、阿波ポークなど、徳島の食材で作るパスタや単品メニューが登場します。どのメニューもシンプルな味付けで素材の味わいをダイレクトに引き出したものばかり。そんな『SIZENTO』でも食用藍を使ったパスタを味わうことができます!

[藍のパスタ]2100円(税抜)

もちもち食感が好評の手打ち生パスタ麺に、粉末藍を練り込んでいます。鶏肉とキノコの旨みを余すことなくパスタに吸わせたごちそうパスタ。ぜひ、一度試してみては。

※メニューにはないので、食べたい人はお店の人へお尋ねください。
※すべてのパスタメニューはプラス200円で自家製パスタ麺に変更が可能です。

『SIZENTO(シゼント)』外観

シェフはとても気さくな人柄なので、カウンターでお話しするのもまた楽しみです!ランチもディナーもお洒落な空間で本格イタリアンを楽しみませんか。


イーストとくしまDMO

イーストとくしまDMO

そのほか徳島県・東部地域の宿泊、遊び体験に関する詳しい情報はイーストとくしまDMOのサイトまで。

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載