京都・四条堺町に「とんかつ・デミハンバーグ いなかつ」誕生

京都・四条堺町に「とんかつ・デミハンバーグ いなかつ」誕生

2019/12/17

みなさま、こんにちは。みんな大好きとんかつとハンバーグのお店が京都に新たにオープンしました!内覧会にお伺いさせていただいたので、早速ご紹介いたします。

WEB Leaf

WEB Leaf

四条堺町に[とんかつ・デミハンバーグ いなかつ]がオープン。肉の旨味が詰まった逸品を

場所は四条堺町を少し上がったところ。[食(じき)宮ざわ]さんの隣で、細い通路を奥に進んだところにお店はあります。表からは少し見えにくいですが、隠れ家感があって日本庭園風の入口がとても素敵!

こんなところに!という発見とともに、その雰囲気に魅了されます〜

店内は庭が見えるカウンター席やテーブル席、そして2階には大人数で宴会もできるような座敷がありました。個室もあるので、ゆっくりしたい人にもおすすめです。

1階のカウンター席。庭を見ながら食事ができます

こんな高級感のある店内でいただけるのは、とんかつ、ハンバーグ、ビフカツの3種類。これがまたどれも絶品でしたので順番に紹介していきますね。

まずはとんかつから。とんかつは京都府産の“京都ぽーく”、鹿児島県産の“長期熟成豚”、“南の島豚”から選べます(※値段はそれぞれ異なります)。低温でゆっくりと揚げることで、豚の中の水分を逃すことなく柔らかくジューシーなとんかつに仕上がるそう。最後に表面をサクッとさせるため、高温の油で2度揚げしたら完成です!

長期熟成豚の厚切りロースとんかつ(150g)1880円
長期熟成豚厚切りひれかつ(120g)2080円

長期熟成豚はとても柔らかく肉の味がしっかりしていて、脂身も全くしつこくないんです。旨味や甘みを存分に感じられるとんかつでした。京都ぽーくもいただいたのですが、そちらも旨味・甘みともに十分!ロースとんかつ150gが1280円、ひれかつ120gが1480円とこの質でこのお値段!?と思うほどでした。

続いてはハンバーグを。熱々の鉄板で出てくるこちらも黒毛和牛と国産豚を使った逸品。コクのあるデミグラスソースと絡んで、思わず笑みが溢れるお味でした。上に乗っている半熟の卵の黄身に切れ目を入れると、とろ〜りと黄身が流れて、美味しさ倍増です。

デミグラスハンバーグ(150g)1280円

最後はビフカツをご紹介。黒毛和牛を使ったビフカツは、とんかつとはまた違った美味しさ。丁寧に揚げられることによって、肉本来の旨味が口いっぱいに広がります。とんかつもそうですが、揚げる時間などは何度も試行錯誤して、最も美味しく仕上がるよう工夫されているとのこと。

ビフカツ(120g)2080円

どの料理にも、白米・豚汁・ピクルスがついたご飯セット500円をつけることができます。お酒の種類も豊富なので、夜に飲みながら食べるのもおすすめです!

知る人ぞ知る名店になる予感のこちら。みなさんも素敵な雰囲気の空間で、美味しい料理を楽しんでくださいね。

※表示価格はすべて税別価格です

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載