京都の人気ラーメン店「優光」3号店は店内に屋台!?

京都の人気ラーメン店「優光」3号店は店内に屋台!?

2019/12/22

阪急 京都河原町駅から徒歩約1分、高瀬川沿い西木屋町通四条下ルに“屋台”がコンセプトのラーメン店[優光(ゆうこう)]が2019年11月15日にオープン。こちらは、烏丸御池の人気ラーメン店[麺屋優光]の3号店。ちなみに2号店[麺屋聖]は、一乗寺にあります。

WEB Leaf

WEB Leaf

人気ラーメン店[優光]3号店は店内に屋台!?西木屋町通四条にオープン

実は、こちらの店舗ができるまでにLeafスタッフはその動向を追いかけていたのですが…建設工事前の2019年春、同じ場所でポップアップ屋台をされていたんです。実際にオープンした店舗に向かうと、なんだかその様子が思い出され、懐かしい気持ちになりました。

[優光]の外観。昼と夜とではまた違った雰囲気に

さぁ、いよいよオープン!ということで、京都初!?となる店内に屋台がある新店のラーメンをいただいてみることにしました。

お店の両側(高瀬川沿いと河原町側)に壁は無く、高瀬川まで吹き抜けになっているのがこちらの店舗の特徴。寒い時には、席の周りをぐるーっとビニールシートで囲んでくれるので寒さも気になりませんのでご安心を。また、天気のいい日や春や秋のそよ風が気持ちのいい季節には、ビニールシートを取っ払って、開放感あふれる空間に!なんとも新しいスタイルです。

木屋町通り側からお店を見るとこんな感じ。開放的なテラス席が登場します

店内はカウンター8席にテーブル席が2つ。木屋町通りから見ると京都のまちなかに居ながら屋台が出現するという、珍しいスタイルに。高瀬川沿いは桜も咲くので、そんな時期には、お花見をしながらラーメンをすする…なんてこともできそうです。

注目のラーメンは、貝そば850円、中華そば780円、鴨そば880円の3種が揃います。人気の筍餃子や焼き豚丼、卵かけご飯に、夜は牛すじ煮込で一杯飲むこともできるので、居酒屋感覚で楽しめそうです。

貝そばには、たっぷりのあさりが![麺屋優光]の人気メニュー「淡竹」をより進化させています。あっさり醤油とあさりのダシが合わさって、すっと食べられます。飲んだ後の〆にもぴったりです
(写真左)鴨そば(写真右)中華そば

鴨そばはレアチャーシューと鴨チャーシューがいただける食べ応えある一杯。隠し味の白ワインがフルーティーさがプラスされています。中華そばのスープは、鰹と昆布に豚と鶏のダシで。一口で口の中にその旨さ広がり、甘味と酸味の絶妙なバランスが万人受けすること間違いなし!

(写真左)餃子(写真右)煮込み

こちらの餃子には筍が主役。肉肉しさの中に筍の甘味が感じられ、なんだか大人の味、という感じです。味がしっかりしているので、塩でいただきます。写真右はお酒に合う少し濃いめの味つけの煮込み。ホロホロになるまで煮込まれた牛すじはクセになる味わいです。

人気ラーメン店[麺屋優光]の新しい挑戦に、Leafスタッフも今後が気になるばかり。高瀬川のせせらぎを感じながらのランチタイムや、夜ごはん、〆ラーメンに餃子と煮込みで酒場使いと、木屋町での新たな楽しみ方を見つけられるはずです!

※すべての価格は税込

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載