京都の焼肉「石屋」が移転。丸太町駅近になってより便利に

京都の焼肉「石屋」が移転。丸太町駅近になってより便利に

2019/12/18

全国より選りすぐった黒毛和牛、大原や上賀茂より仕入れる京野菜を中心に、アラカルトメニューも豊富な焼肉店として人気の[焼肉 石屋(いしや)]。その府庁前店が、以前より、より丸太町駅に近い場所に移転オープン。

WEB Leaf

WEB Leaf

[焼肉 石屋(いしや)府庁前店]が移転オープン!丸太町駅近になってより便利に

烏丸丸太町から歩くこと約3分。目印の大きな提灯が見えてきました

京都市内に出町本店、太秦店、祇園店、府庁前店の4店舗を展開し、地域に合ったサービス・メニューを取り入れて地元の人に愛されているこちら。そんな[焼肉 石屋]のモットーは、「美味しかったは当たり前、楽しかったといわれたい」。府庁前店が閉店してしまった時には寂しい思いをしてしまった常連さんだけでなく、丸太町周辺で焼肉を食べたい!と思っていた方には、今回のオープンは”待ってました!”という待望のニュースですよね。

それでは早速、お肉を!といきたいところですが、アラカルトメニューも豊富なこちらで一番はじめに食べたいのが、すりおろし野菜ドレッシングがかかった、京野菜たっぷり石屋サラダ。地元京都の上賀茂や大原の農家さんから直接買い付けをされるという季節の新鮮野菜がたっぷり。そこにかかっているドレッシングは、お客さんからのリクエストが多く商品化された逸品なんです!

京野菜たっぷり石屋サラダ590円

それではお待ちかねのお肉へ!こちらでは、全国各地から厳選した黒毛和牛を店舗で手切りして仕込んでいるそう。また、つけダレやもみダレなどはもちろん、ユッケダレやチシャ菜に付ける味噌も全て、創業以来のレシピで手作りしているそうです。

食感が違ってどれも美味しい、タン4種盛1680円。上タン塩、タンすじ、タンカルビ、厚切りタンが2枚づつ。写真は2人前
こちらは上ロース、厚切りバラ、上カルビ、赤身モモの盛り合わせ。2切れずつから好きな量だけ注文ができる盛り合わせは、手切りをしているからこそ

その他にも、赤身なのにしっかりとサシが入って程よい脂身を感じる赤身モモステーキ1290円や、ネギ塩カルビ1090円、ホソや上テッチャン・天肉などホルモン各種、ローストビーフの炙りユッケ890円なども、お腹いっぱいいただきました。今回チャレンジできなかったのですが、超にんにく中落ちカルビ1090円というメニューもパンチがありそうで気になったので、次回は注文しよう!と思っています。

〆に最適なメニューも石焼ビビンバ、テールクッパ、特製じゃごご飯、うま辛ホルモンチゲうどん、韓国風冷麺、ピビン麺…など豊富に揃っていたので迷ってしまいます。今回WebLeafスタッフは、さっぱりと韓国風冷麺690円で〆させていただきました。

焼肉の〆といえば、韓国風冷麺派なWebLeafスタッフは大満足!

その他にも、まだまだご紹介したいメニューがたくさん…。これからの忘年会シーズン、会社の同僚や友だちとまた行こうと誓ったWebLeafスタッフなのでした。みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。

※すべて税別価格

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載