「ONthe UMEDA」梅田にコワーキングスペースが誕生!

「ONthe UMEDA」梅田にコワーキングスペースが誕生!

2020/01/14

梅田・ホワイティうめだのコワーキングスペース「ONthe UMEDA(オンザうめだ)」が、2019年12月9日にオープンしました。

大阪じゃーなる

大阪じゃーなる

西日本最大級の910平米!駅チカ・コワーキングスペース

外観のようす

「ONthe UMEDA」は梅田のど真ん中ながら、広さ910平米で座席数251席の巨大コワーキングスペースです。

「みんなで創るRNS(リアル・ネットワーク・スペース)」をコンセプトに、りそな銀行跡地が生まれ変わりました。


梅田でふらっと立ち寄ることが出来る便利な立地で、コワーキングスペースでの出会いと会員同士が仕事に繋がることを想定しているんだそうです。

地下と地上の2フロア行き来自由!その日の気分で座席選びも

「蛍光灯のシャンデリア」をオマージュした照明

路面店の地上1階は、天井高4mの広々とした空間が広がります。

元銀行の贅沢な造りを生かしリノベーションされました。

お洒落なテーブルで作業♪

打ち合わせ用のテーブルセットや、横並びで作業のできる大テーブルがずらりと並びます。

仮眠室は薄暗く、脚を伸ばして身体を休められる

地下街ホワイティうめだから直結の地下階は、プライベートルームや仮眠室「ナップルーム」も完備!

2人まで入れます!

ネット会議や急な電話に配慮した、個室の「トークルーム」が設置されています。

自由に利用が出来るコーナー

カフェコーナーには、コールドドリンクや、ホットコーヒー、カフェラテ等は施設使用料込みです。

キッチンカウンターでは「ONthe Bar」

キッチンカウンターでは、毎日18:00~20:00の間「ONthe Bar」を開催。

日常的な交流の仕掛けとしてアルコール飲料を提供しています。

料金は利用料込みです。

コワーキング内を一望出来ます♪

隠れ家の様なロフトは靴を脱いで、くつろげるスペース。

ふらっと立ち寄れる従量課金制を導入!

セミナー利用に便利な貸し会議室

月額制に加え、コワーキングスペースとして珍しい従量課金制が登場!

従量課金プランの会員価格3,000円/月と利用料10分毎100円に設定。

月極30時間迄15,000円/月のプランや、非会員にドロップインでの一時利用160円/10分と幅広いユーザーに使い易いプランと仕組みが設定されていました。

他にも法人プランやシェアオフィス、貸し会議室がありました!

おまけ!ギャラリー併設

ユーザー目線のアイディアが満載!

向かいの人と目が合わない高さで設計されたバー照明

コワーキングスペース入居者がシステム設計やデザインを施しているため、随所にユーザー目線のアイディアが豊富に盛り込まれていました。

例えば、向かい合った席の人の目が合ってちょっと気まずい感じって、ありますよね。

各テーブルのバーライトは、相手の目線の高さに設計され目が合いません♪

机の幅は、1メートルとゆったり

パソコンとA4サイズの資料を2枚広げ、ドリンクを置いてもまだ余裕があります。

これもコワーキングのユーザーさん達が試行錯誤を重ねて作った結果なんだとか。

一人席

背後や横を何度も人がすり抜けて、集中力が途切れることありませんか?

半オープンに壁を高く囲われたコーナーは、他の会員の入退出時を気にせず、仕事もはかどりそうですね。

旧泉の広場の「少年像」

旧泉の広場の「少年像」が1階ギャラリーに展示されていますので会いに行ってみては如何でしょうか?

ホワイティうめだの発表によると他1体は、オークションで121万円で落札。

落札金額は全額、赤い羽根共同募金に寄付されるそうです。

大阪キタじゃーなる

大阪キタじゃーなる

今日の“キタ”を届ける、ほんわか地域情報サイト!

この記事を書いたライター情報

大阪じゃーなる

大阪じゃーなる

「大阪じゃーなる」は、大阪のローカル情報を“ほんわか”と発信する地域情報サイトです。現在は、「大阪キタじゃーなる」、「大阪ミナミじゃーなる」、「大阪泉州じゃーなる」、「大阪北河内じゃーなる」の4エリアに分けて、エリアごとの情報をより詳しく発信しています。

大阪じゃーなる が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載