女子旅にオススメ!倉敷の美観地区の素敵なカフェとお土産

女子旅にオススメ!倉敷の美観地区の素敵なカフェとお土産

2020/01/05

倉敷の美観地区には、古民家を改装したレストラン、美味しいコーヒーを味わえるカフェ、岡山や倉敷の名産品を売るショップなどがたくさんあります。店舗数が多いため、どこに入ろうか迷ってしまうことも。今回は、そんな美観地区で偶然見つけた素敵なカフェと、ユニークなお土産をご紹介!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

米蔵を改装した、風情あふれるカフェ「夢空間はしまや」

美観地区
夢空間はしまや

連日、国内外から観光客が詰めかける美観地区のレストランやカフェは、混み合っていることが多いです。しかし、美観地区のはずれまで足を伸ばせば、マイペースに食事ができるところも。

夢空間はしまや

「夢空間はしまや」は、楠戸家住宅の米蔵を改装したカフェ&ギャラリーです。看板横の細い小道を歩いていき、突き当たり手前を左に曲がると「夢空間はしまや」のカフェがあります。

カフェの入り口にある中庭も素敵です

ランチメニューは「季節の日替わりランチ(平日限定)」「特製手ごねハンバーグカレー」、「てづくりケーキセット」、「季節の贅沢パフェ」。加えて、コーヒーや紅茶、ジュースなどのドリンクメニューもあります。筆者は土・日・祝日限定ランチメニュー「特製手ごねハンバーグカレー」を注文しました。

特製手ごねハンバーグカレー

ジューシーなハンバーグがドーンとのっていて、ボリューム満点。しかし、全体的にマイルドな味わいで、ペロリと食べれてしまいます。カレーも中辛くらいで、食べやすかったです。添えられているバルサミコ酢風味の野菜も、アクセントとなり、美味しくお腹を満たすことができました。美観地区を歩いていて、偶然見つけたカフェですが、ココに入って大正解! 行列に並ぶこともなく、木のぬくもりを感じる店内で、静かに食事ができました。

街歩きしながらコーヒーを味わえる「ヤマウ・コーヒースタンド」

ヤマウ・コーヒースタンド

美観地区のほぼ真ん中にある「ヤマウ・コーヒースタンド」は、昔ながらの町家を改装して造られたお店です。食後にラテが飲みたくなり、偶然、目にとまったこちらのカフェに入ってみました。店内はシンプルで、コーヒーを座って飲める木のベンチもあります。メニューはドリンクのみで、食事はありません。

キャラメルラテ

「キャラメルラテ」をテイクアウト。甘いキャラメルと、ほろ苦いコーヒーのバランスが絶妙で美味しかったです。コーヒーカップのスリーブに描かれた紋もオシャレ! よく見ると山の間に「ウ」という文字が入っています。「ヤマウ」という店名がスタイリッシュに表現されていますよね。

ユニークなお土産が見つかる「大原美術館ミュージアムショップ」

大原美術館ミュージアムショップ

ユニークなお土産を手に入れたいのなら「大原美術館ミュージアムショップ」を訪れるといいでしょう。名画の複製品や書籍、ポストカードはもちろんのこと、有名画家をイラストで表現したポーチや、ツタンカーメン型のボールペンなども購入できます。

ピカソとダリ、ムンクの叫びなどのイラストがプリントされたポーチ

筆者が購入したピカソとダリ、ムンクの叫びなどのイラストがプリントされたポーチ。ポーチは2つセットになっていて、大きさが異なります。そのため、旅行の際、小物入れとして大活躍してくれそうです。本当は、エジプトの太陽神ラーのフィギアも手に入れたかったのですが、売り切れとのことで、残念ながら購入できず・・・。

個性溢れるお土産を見つけたかったら、ぜひ「大原美術館ミュージアムショップ」に足を運んでみてくださいね。店内に並ぶ商品を見ているだけでも楽しいです。

[All photos by あやみ]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載