京都2店舗目のブルーボトルコーヒーがオープン。限定スイーツも

京都2店舗目のブルーボトルコーヒーがオープン。限定スイーツも

2019/12/26

アメリカを中心に展開し、世界中のコーヒー好きを虜にする「ブルーボトルコーヒー」が、京都で2店舗目となる[ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ]を2019年12月13日(金)にオープンしました!

WEB Leaf

WEB Leaf

京都で2店舗目[ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ]オープン!限定スイーツも登場

2018年には京都・南禅寺エリアに関西初出店を遂げ、コーヒー好きが多い京都にとっては嬉しいニュースでしたよね。

2店舗目に選ばれた場所は、明治時代に創業し100年に渡り地域の人々に親しまれてきた自転車店[辻森自転車商会]の一画。同店が次の100年に向けて共に歩めるパートナーを探していたところ、ブルーボトルコーヒーと地域やコミュニティに対する想いが一致し、今回の出店が決まったそうです。

[辻森自転車商会]のシンボル“自転車”のオブジェは以前のままだ!

店内の1階にはマグカップやコーヒーギフトボックスなどの物販が並び、2階にはカフェスペースが広がります。

梁や窓など、できるだけ元の建物を活かしてリノベーションしたそう

ドリップは2階で行うため、カフェスペースはコーヒー豆の芳ばしい香りに包まれていました。コーヒー好きにはたまりません!ドリップの様子が見えるのも楽しいですね。

ブルーボトルコーヒーといえば、有田焼のドリッパー!お客様にスピーディーに提供できるよう、5年もかけて開発されたオリジナル

メニューはドリップコーヒーをはじめ、エスプレッソ、アイスコーヒーやレモネードなどが揃うほか、六角カフェ限定のオリジナルスイーツがあるなど、コーヒー好きだけでなくスイーツ好きの方でも楽しめる内容です!

この日Leafスタッフがいただいたのは、カフェラテと京都六角カフェ限定の抹茶 テリーヌ ショコラ300円。ホワイトチョコレートと[利招園茶舗]の抹茶をふんだんに使用した抹茶 テリーヌ ショコラは、濃厚な口どけとピリッとほのかに香る山椒が好相性。和の食材を取り入れながらもコーヒーが欲しくなる逸品です。

写真の抹茶 テリーヌ ショコラはレセプション用サイズ。実際の半分のサイズに切ったもの

また、京都のあんこ屋[都松庵]とコラボしたブルーボトル羊羹300円も京都六角カフェのオープンに合わせて登場。シナモンやコリアンダーなどのスパイスをアクセントに、くるみとイチジクが入ったグルテンフリーの羊羹は癖になる和スイーツです。こちらは持ち帰り用(320円)も買えるので、お土産にもぴったり!

さらに、自宅やオフィスでもブルーボトルコーヒーが楽しめるスペシャルティ・インスタントコーヒー(1箱5本入り1,500円)を発見!スティックタイプだからお湯を注ぐだけでOK。お店で飲んでいるようなクオリティの高いインスタントコーヒーはおすすめです。

飲んでみたところ、とっても簡単なのに香りは抜群!

様々な楽しみ方を提案してくれる[ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ]。お近くを散策の際はぜひ足を運んでみてくださいね♪

※表示価格はすべて、税別価格

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載