“発酵鍋”と“かきのがんがん焼き”が名物の冬のビアガーデン

“発酵鍋”と“かきのがんがん焼き”が名物の冬のビアガーデン

2019/12/25

名鉄百貨店本館の屋上、「発酵食材」をテーマにした鍋や、牡蠣を缶の中で蒸し焼きにした「かきのがんがん焼き」などをメインに扱い、2020年3月31日まで期間限定でオープンしている「かきとモツのがんがん亭」。牡蠣や鍋の美味しい季節も到来したので、冬の人気ビアガーデンにお邪魔してきた。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

アクセス抜群! 名鉄百貨店本館屋上という最高の立地

百貨店のエレベーターを使用し屋上まで上がると別世界
屋上だが屋根もあるため、雨の心配もなく安心

名鉄名古屋駅から直結1分、名鉄百貨店本館の屋上という好立地。牡蠣小屋をイメージした店内は、約150席の広々とした空間。仕事帰りのサラリーマンや女性を中心に幅広い層が訪れ、活気ある雰囲気を感じることができる。

ぷりぷり&ジューシーな牡蠣の蒸し焼き「かきのがんがん焼き」が名物

お客さんで賑わうお店を切り盛りする店長の加藤郁也さん
ベーシックな1kg(約10~14個)は1980円、500gは1100円、2kgは3800円(いずれも税込)
コンロの上に缶ごと乗せ、蓋をした状態で10分間蒸し焼きに
タイマーが鳴ったら完成。軍手とナイフを使って殻を開く
食べ終わったら、足元にあるバケツに殻を入れるスタイル
蒸し焼き以外にも、牡蠣メニューが豊富にラインナップ

広島産のぷりぷりで大粒な牡蠣を、漁師風の調理で味わえる「かきのがんがん焼き(1kg)」(1980円/税込)が一番人気で、缶の中で蒸し焼きにされる豪快な名物料理。ジューシーで香ばしく、磯の香りが口の中に一気に広がる。好みでテーブルに置かれたかき醤油やレモン汁をかけて食べても美味。

鍋を中心に、「発酵」をキーワードにしたメニューが人気

女性にオススメな発酵食を盛りだくさんに使用(写真は2人前で2人前から注文可能)
ほのかな甘さのあるクリームチーズを最後に投入
味噌麹の優しい味わいが魅力。たっぷりの野菜が摂れるのも嬉しい
追加の「〆の麺」(400円/税込)。チーズリゾット仕立ての「シメの飯」(550円/税込)もオススメ

トレンドでもある「発酵」をテーマに、試行錯誤を加え完成した「発酵鍋 めいたいチーズモツ鍋(1人前)」(1650円/税込)。麹味噌など9種の発酵食品をふんだんに使用している。たっぷりの牛モツと明太子、最後にクリームチーズをトッピング。

まだまだある! 「発酵」をテーマにした様々な料理

「発酵鍋」以外にも、発酵食品の長所を生かし工夫を凝らした「かきの甘酒ミルクグラタン」や「あさりの甘酒塩麹蒸し」など、女性受けも良い様々な発酵系メニューがラインナップ。

クリーミーで牡蠣の旨味が感じられる「かきの甘酒ミルクグラタン」(780円/税込)
ジューシーで塩麹が効いた「発酵 塩麹唐揚げ」(680円/税込)
紅芯大根やセロリなどを甘酒味噌でいただく「スティック野菜の甘酒味噌ディップ」(400円/税込)

看板メニュー「台湾風 モツのがん辛鍋」

3段階の辛さ調整が可能な「台湾風 モツのがん辛鍋」。(写真は2人前で2人前から注文可能)

発酵鍋だけでなく、人気の看板メニュー「台湾風 モツのがん辛鍋」(1580円/税込)もご紹介。モツ鍋と名古屋めしでお馴染みの台湾ミンチがコラボ。醤油味、味噌味の2種のスープから選ぶことができる。

土日祝11:00~16:00限定でランチメニューも展開中

「かきのがんがん焼きランチセット」

土日祝限定でランチメニューも用意されている。500gの牡蠣がいただける「かきのがんがん焼きランチセット」(1980円/税込)や広島産の大粒の牡蠣を使用した「カキフライ膳」(1250円/税込)も人気。

名駅にも関わらず、牡蠣の産地にある牡蠣小屋を訪れたような雰囲気を味わうことができ、牡蠣以外もメニューも豊富で、牡蠣が苦手な人でも安心。今回で6回目の期間限定オープンとなる「かきとモツのがんがん亭」は、年々メニューもブラッシュアップされ、注目されている「発酵」をキーワードにしたメニューも新たに登場した。
営業期間は、2019年10月25日(金) ~ 2020年3月31日(火)。年末年始は、12月31日と1月1日は休業、1月2日~1月4日は11:00~22:00の特別営業。

取材・文/金森康浩 撮影/稲垣朱乃

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載