酒屋さんの新たな挑戦!米どころ・新潟らしい「生食パン」

酒屋さんの新たな挑戦!米どころ・新潟らしい「生食パン」

2020/01/13

パンブームを牽引するといっても過言ではないほど注目されている「生食パン」。新潟県内でも多くのお店が作り始めています。そんな中、個性的な生食パンを作るお店を見つけました。今回は、新潟市江南区にある「長谷川熊之丈商店(ハセガワクマノジョウショウテン)」を紹介します。

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

酒屋さんの新たな挑戦!米どころ・新潟らしい生食パン

長谷川熊之丈商店(ハセガワクマノジョウショウテン)/新潟市江南区

生クリームやハチミツを配合した「生食パン」が大きなブームとなる中で、地酒やワインを販売する酒販店が店内にパン工房を増設し、米のピューレを配合した食パン製造・販売スタートさせました。

越乃寒梅などの地酒とパンやジャムが並ぶ店内

「米の消費が増えれば、日本酒の消費も増える。あらためて米の魅力を伝えていくことが大切」と代表の長谷川さん。

県産米と南魚沼の水で作る、米のピューレ。店頭で販売もしている

米のピューレを使った生食パンは、ふんわりしっとりに加え、米粉パンのもちもち焼いた時にパリッとする特性を併せ持っています。

生食ぱん(420円)。3種類の北海道産小麦と、生クリーム、ハチミツをたっぷりと使った贅沢食パン。米のピューレ入りで、米の栄養や風味を引き出している。乳化剤やイーストフードなど、添加物は不使用

食パンは6種類。オシャレな手提げ袋もあり、ちょっとした贈り物にぴったりです。
 

【3つのこだわり】
自社生産の米のピューレを配合。トーストした時の外側のカリッとした食感が中のしっとり感を引き立てる。

②酒屋さんのパンとして、酒蔵・吉乃川の関連会社「中越酵母工業」が作る県産の生イーストを使用。

③パン作りに使う素材は厳選工房内の室温や素材の分量など品質を一定に保つために徹底管理。
 

味の決め手となる生クリームやハチミツをたっぷり使用
焼く前の生地は水分が多く、ツヤツヤ。食べた時のもっちり感も納得
ゲル化剤の代わりに米のピューレを使った無添加ジャムも販売している
外観

-あとがき-
酒屋さんの新たな挑戦。米のピューレを使うという、米から作られる日本酒を扱う酒屋さんらしい、また米どころ・新潟らしい生食パンと言えますよね。手土産に、自分へのご褒美にと、さまざまに食されるようになった生食パン。こちらの新潟らしい生食パンを、ぜひ味わってみてはいかがでしょう。

※掲載の情報は、取材当時のものです。


KomachiWeb

KomachiWeb

新潟県のグルメ、イベント、観光、ニューオープン情報などを発信&検索できるWEBサイト。新潟で今すぐ楽しめる、使えるフレッシュな地元ネタをお届けしています。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載