遠出してでも手に入れたい! 全国で人気の最強開運お守り10選

遠出してでも手に入れたい! 全国で人気の最強開運お守り10選

2020/01/01

足を延ばしてでも行く価値あり! 全国にある注目の開運お守りを紹介。今年の初詣は最強パワーのお守りを基準に選んでみよう。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

編集部厳選!開運に御利益のある全国のお守りはコレ

全国に数あるお守りの中から、御利益がスゴイと言われる開運お守りを編集部が厳選ピックアップ埼玉&東京、京都など、開運お守りの効果が高い寺社が集中しているエリアもあるので、お参りのハシゴも可能。

デザイン性に富んだ現代風のお守りから、売り切れるほど人気のものまで、バラエティ豊かなお守りがズラリ!

全国から多くの方が祈願に訪れる、埼玉厄除け開運大師・龍泉寺(埼玉県熊谷市)

編集部厳選! 開運にご利益のある全国のお守りはコレ

1.大開運守り/埼玉厄除け開運大師・龍泉寺(埼玉県熊谷市)
2.氣守り/三峯神社(埼玉県秩父市)
3.神むすび/阿佐ヶ谷神明宮(東京都杉並区)
4.木小槌/小國神社(静岡県周智郡)
5.相差守り/神明神社(三重県鳥羽市)
6.節分神符/吉田神社(京都市左京区)
7.みずかがみ守/晴明神社(京都市上京区)
8.幸福御守/鈴虫寺(京都市西京区)
9.桃守り/堀越神社(大阪市天王寺区)
10.御神劔守/石上神宮(奈良県天理市)

1.大開運守り/埼玉厄除け開運大師・龍泉寺(埼玉県熊谷市)

持つ人を幸運・幸福に導く、日本三大開運大師のご利益が込められた特別御守り

1点800円。正月三が日と土日祝にしか頒布されていない

日本三大開運大師の1つ「開運金色大師」が実際に身につけた法衣に特別祈願を施し、1つずつお守りの中に入れて奉製した、大開運守り。持つ人を幸運・幸福に導くとともに、願い事が成就するといわれる。

\巫女さんに聞いた!お守りのオススメポイント/

「お守りに入っている法衣も縫製する糸も通常のお守りとは違う特別な物を用いて手作りしているため、頒布数も限定されています」(巫女の白石遥香さん)
1/1(水・祝)〜3(金)は9〜17時までの1時間ごとに護摩焚きが行なわれる。御祈願料3000円~
1/1(水・祝)〜3(金)は初詣大祈願祭を開催

日本三大開運大師の1つ、開運金色大師を祀る

1200年の歴史を持ち、関東で唯一、開運と厄除けのご利益を同時にいただける。平安時代に弘法大師が訪れたことから、古来より黄金に輝き特別な力を持つ「開運金色大師」「厄除け金色大師」二体が本尊として祀られている。厄除け・ 開運・方位除けのご利益は関東随一とされ、「厄除け開運本山」として有名。

フィギュアスケート選手、ラグビー日本代表選手、ボクシング世界チャンピオンなどのプロスポーツ選手、オーディション前の俳優やモデルなども参拝されるそう。

【初詣データ】
参拝時間:終日
授与時間:20年1/1(水・祝)〜3(金)9:00~17:00(お守りは正月三が日以降は毎週土日祝の9~16時に頒布)
※授与時間はお守りの授与、祈祷、護摩祈願などを受けられる時間を示しています(以下同)

2.氣守り/三峯神社(埼玉県秩父市)

関東有数のパワースポットの「氣」が入ったお守り

各1000円。色によるご利益の違いはないとのこと

表側には「氣」の文字が、裏側にはオオカミが描かれている三峰山の霊気を受けた御神木が入っており、その霊気を常に身につけることで、活力ある生活が送れ、さまざまな運気が上がるという。

拝殿は1800年建立、権現造りで、極彩色の彫刻が内外を飾っている。春日造り一間社の本殿や展望が素晴らしい奥社、随身門、日本武尊銅像、遥拝殿(ようはいでん)など見どころが多い

標高約1100mの神域に鎮座する

奥秩父三峰山山頂、標高約1100mに鎮座する、秩父三大神社のひとつとして数えられ、ヤマトタケル伝説や、狼(山犬)信仰など伝説が数多く残る。三峯の名は雲取山・白岩山・妙法嶽の三つの峰が美しく連なることから。

山伏の修行道場として栄え、山々の強い気が流れ込む、清く澄んだヒンヤリとした空気感の関東屈指のパワースポットといわれる。

【初詣データ】
参拝時間:終日
授与時間:20年1/1(祝・水)9:00~18:00、1/2(木)・3(金)7:00~18:00(祈願は3日間とも~17:00)

3.神むすび/阿佐ヶ谷神明宮(東京都杉並区)

繊細で洗練された現代風デザインのお守り

各1200円。どの種類も御神徳は同じ開運の御守なので、純粋に好きなデザインを選ぶのも楽しい

現代の服装に合う新しい形のお守りをと考案された。高い技術でていねいに織り上げられた、オリジナルのブレスレット型。手首に巻いたり、カバンやハンドバッグに付けたり、携帯電話等のストラップにしたりと身の付け方は人それぞれ

写真のカラフルなラインナップ以外に、期間限定品や三日月のチャームで月の満ち欠け(再生)を表現した特別なものもある。遠方の方には郵送も可能。

\巫女さんに聞いた!お守りのオススメポイント/

色や形が豊富なので誰でも自分にぴったりな神むすびを見つけられます(巫女の須郷巴住生さん)
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分の場所にあり、年間を通し数十万人の参拝者でにぎわう
2014年末に伊勢神宮より古材として鳥居一基を拝受し御垣内に建立(白木の鳥居)

阿佐ヶ谷駅より徒歩2分、伊勢神宮勧請の神社

東京都内最大級の伊勢神宮勧請の神社。1800年に著された『江戸名所図絵』によると、日本武尊が東征の帰途阿佐谷の地で休息し、後に尊の武功を慕った村人が旧社地(お伊勢の森と称される現在の阿佐谷北5丁目一帯)一社を設けたのが始まり。御祭神は天照大御神で、その御神徳は幅広く、何事にも恵みを与えてくれるそう。

名前が同じ阿佐ヶ谷姉妹や、事務所が近くにある爆笑問題がお参りに来るとのこと。また能楽殿はゲスの極み乙女、BABYMETALのPV撮影に使用され、ファンが訪れることも多い。

【初詣データ】
参拝時間:20年1/1(祝・水)0:00~21:00、1/2(木)・3(金)6:00~19:00
授与時間:20年1/1(祝・水)0:00~2:00、9:00~19:00(授与品は終日頒布)、1/2(木)・3(金)9:00~18:00

4.木小槌/小國神社(静岡県周智郡)

開運招福・福徳円満・縁結びが御利益で成功を祈願する人の力になる縁起物

木小槌は、1体1000円。福升はつきません

神話の中で「因幡の白うさぎ」を助けた「心の優しい神さま」として親しまれる、ご祭神の大己貴命(おおなむちのみこと/だいこく様)が右手に持つ「打出の小槌」を模したもの。ふっくらとした柔らかな形の小槌には天然の欅(けやき)を使用し、木目も色合いもすべて異なる特別な授与品だ。

古くより開運招福・福徳円満・縁結びの縁起物として、成功を祈願する人の力になってくれる。大きめの「宝槌」(5000円)もあり、こちらも全国より求める人々が後を絶たない。

約35万坪(東京ドーム21個分)の広大な神域は古くより息づく杉檜の大樹の森に包まれ、四季折々に花々が咲き誇る

人々のさまざまな縁を結び育む神様をお祀りする歴史ある神社

静岡県の西部、遠州地方の清流・宮川のほとりに鎮座。周辺一帯の「森町」は「遠州の小京都」とも呼ばれ、永い歴史が刻まれた神社・仏閣が今に残っている。

創建は555年(欽明天皇の御代16年)、悠久の時の中で徳川家康をはじめとする数々の武将からの篤い信仰を受けるとともに、近年ではご皇族の方々も参拝され、人々から「遠江国の守護神」として古くから篤い信仰を集めている

\権禰宜さんに聞いた!お守りのオススメポイント/

職人の手による木目が美しい縁起物です。『打出の小槌』は、ご祭神のお力の象徴です。ご加護を受けて、皆様が一層幸せとなれるよう心よりお祈り申し上げます」(権禰宜の打田さん)

【初詣データ】
参拝時間:自由
授与時間:20年1/1(祝・水)・2(木)・3(金)9:00~16:00

5.相差守り/神明神社(三重県鳥羽市)

海女を海の災難や魔物から守ってきたシンボルがお守りに

格子縞がドウマン、星のマークがセイマン。1点900円

海女の磯着に見立てた麻布に貝紫色で文字書きした手づくりお守り。守り袋に描かれた模様は「ドウマン・セイマン」と言われ、古くより海女を海の災難や魔物から守るシンボルとして記されてきたものだ。

石神さんストラップお守り(1100円)もあり、本真珠が付いている
「石神さん」は神明神社の参道にある、石神社の神様で、約60cm程度の石をご神体としている

女性の願いを1つだけ叶えてくれる神様

古くから漁業が盛んで「海女の町」としても知られる、三重県鳥羽市相差(おうさつ)町にある。「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」という女性の神様が祀られており、海女さんたちが海の安全や身近な願いを「石神さん」にお祈りしたことから、女性の願いを1つだけ叶えてくれる神様と言われるようになった。鳥羽の奥地にひっそりと佇む小さな神社でありながら、訪れる女性が後を絶たないそうだ。

【初詣データ】
参拝時間:自由
授与時間:20年1/1(祝・水)・2(木)・3(金)7:00~16:30

6.節分神符/吉田神社(京都市左京区)

お札が梔色(くちなしいろ)に変わり魔除けの力がアップ

1組2000円。疫神(災いをもたらす神)斎の全国唯一の神符。節分神符の授与は節分祭のみ

節分祭(毎年2月2~4日)中限定で、通常(お正月も含む)は白いお札が、古くより魔除けの力があると言われている梔色(くちなしいろ)に変わり、特別に授与される。開運守、厄除守などに至るまでさまざまなお札が梔色になる。天の神・地の神、すべての神様が祀られた大元宮神札1000円もおすすめだ。

本宮(写真)から坂を上がったところに建つ大元宮では全国のあらゆる神様を祀っていて、ここに参詣することで全国の神社に詣でることと同じ効験があるのだそう

京を守る守護神で節分発祥の社

859年に中納言の藤原山蔭(ふじわらやまかげ)が平安京の鎮守神として吉田山に勧請し創建。さまざまな災いから京を守る守護神とされ、導き・厄除け・開運の神様として崇敬を集めている

境内には、全国の神々を祀る大元宮(重要文化財)や料理の神様、お菓子の神様など、様々な信仰のお社がある。また節分発祥の社とされ、節分の当日を中心に前後三日間にわたり行われる節分祭には全国より例年約50万人の参拝者が訪れる

【初詣データ】
参拝時間:自由
授与時間:20年1/1(祝・水)0:00~17:00、2(木)・3(金)9:00~17:00

7.みずかがみ守/晴明神社(京都市上京区)

羽生結弦選手も授かった晴明井がモチーフのお守り

1200円。星型の社紋、晴明桔梗(五芒星)が特徴的なペンダント型

晴明井をモチーフに作られた御守。陰陽道では、水に黒色を配置する。黒色(水)の桔梗印を首からかけて、集中力を高め、運気向上、災除けのご利益に

晴明公が、衣の下で印を結び、夜空の星を見て遠く天体を観測しておられる様子を表した安倍晴明公像
晴明公が念力により湧出させた井戸が、この晴明井。病気平癒のご利益があるとされ、湧き出す水は現在でも飲むことができる
境内のもっとも奥にある、晴明公をお祀りする本殿は1905年に建立されたもの

安倍晴明公を祀った、羽生結弦選手ファンの聖地

平安時代中期の天文学者である安倍晴明を祀っている神社。創建は1007年、晴明公の偉業を讃えた一条天皇の命により、その御霊を鎮めるために、晴明公の屋敷跡である現在の場所に社殿が設けられた。

近年は、文芸、漫画、映画などを通じて晴明公の存在は広く知られ、全国にその崇敬者を集めるようになっている。フィギュアスケートの羽生結弦選手が演じた平昌五輪金メダルの伝説プログラム「SEIMEI」でも注目され、参拝した羽生結弦選手の絵馬も残っており、ファンの聖地となっている。

【初詣データ】
参拝時間・授与時間:20年1/1(祝・水)0:00~17:30、2(木)・3(金)9:00~17:30

8.幸福御守/鈴虫寺(京都市西京区)

お地蔵さんの力が、いつもそばで守ってくれる

1点300円。中には幸福地蔵様の化身、お地蔵様の姿が入っている

鈴虫寺ではお地蔵様が願いを叶えてくれることでも知られ、特に、恋愛・結婚の願い事にはとても勝率が高いと評判。お守りを購入するためには、まずお守りの扱い方や持ち方、お願いを一つだけにすることなど、叶うために意識することを住職の説法で聞き、そのことで願いを叶えやすくする。

また幸福御守は持っている方を守ってくれるものなので、常に身につけておくことが大事

「鈴虫寺の石段を上った山門脇には『幸福地蔵さん』が立っています。日本では唯一草履を履いたお地蔵様で、これは願いを叶え救いの手をさしのべるために皆様の所へ歩いて行って下さるからです」(住職の桂紹寿さん)
休日は説法を聴こうと訪れる人で行列が出来ることも
四季折々の花や樹々、歳月を重ねた石や苔、竹林などが調和する境内

「鈴虫説法」が話題で行列ができることも

たくさんの鈴虫がいて「鈴虫寺」の名で親しまれているが、正式な名称は「妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」。華厳寺は江戸時代中期1723年、華厳宗の再興のために鳳潭上人(ほうたんしょうにん)によって開かれ、現在は臨済宗に属する禅寺。

美しい自然に恵まれた松尾山麓に佇み、京都市内を一望できる。住職の桂紹寿(かつら しょうじゅ)さんが行う「鈴虫説法」が話題を呼び、全国から多くの方が祈願に訪れる。

【初詣データ】
参拝時間・授与時間:20年1/1(祝・水)・2(木)・3(金)9:00~17:00(受付~16:30)※拝観料大人 500円、茶菓子付き

9.桃守り/堀越神社(大阪市天王寺区)

病魔や災厄を寄せ付けない厄除けお守り

1000円。数量限定

古くから桃は「五行の精なり。邪気を圧伏し百怪を制す」と言われており、桃の木を削りだして作ったこのお守りは、病魔や災厄を寄せ付けない厄除けの御利益が知られている。金色の袋の中にかわいい桃の形をしたお守りが入っているタイプと、根付けのお守りの2種類がある。

拝殿前の狛犬(こまいぬ)の形をした土鈴「堀越さんの狛犬」も、パワースポットのお守りとして有名

一生に一度の願いを叶えると評判

聖徳太子が叔父に当たる第32代崇峻天皇の徳を偲んで、風光明媚にして長松直々たる茶臼山の地を選んで、四天王寺の守護神として建立と同時に創建された神社。明治の中期まで、境内の南沿いに美しい堀があり、この堀を越えて参詣したので、堀越という名が付けられたといわれている。

また、この地は有名な慶長・元和の大阪冬の陣、夏の陣の古戦場として数々のエピソードが知られ、古くから大阪では「堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」との言い伝えがある。

【初詣データ】
参拝時間:6:30~18:00
授与時間:20年1/1(祝・水)・2(木)・3(金)9:00~18:00

10.御神劔守/石上神宮(奈良県天理市)

神武天皇を救った神剣のパワーが授かれる

各1000円。袋の色は朱色と黒色の二つがある

この「御神劔守」(ごしんけんまもり)は六月に斎行される神剣渡御祭(しんけんとぎょさい)の折に御神劔(ごしんけん)を覆う錦劔袋の形で、表には御神宝の「七支刀」が描かれている「七支刀」は剣身の左右に六つの枝刃をもつ特異な形で、神宝として伝世した鉄剣。369年に制作され、百済王から倭王に贈られたものと考えられている。

御利益は、起死回生、百事成就、除災招福、無事息災仮死状態の神武天皇を神剣のパワーで救ったと伝えられる、神代からの御神劔の力を授かりに行こう。
  

拝殿としては現存する最古のものであり、国宝に指定

日本最古の神社の一つで国宝も多く備える

大和盆地の中央東寄り、龍王山(りゅうおうざん)の西の麓、布留山(ふるやま・標高266m)の北西麓の高台に鎮座。日本最古の神社の一つで、武門の棟梁たる物部氏の総氏神として古代信仰の中でも特に異彩を放ち、信仰を集めた

また大和朝廷の武器庫としての性格をもち、七支刀(しちしとう)(国宝・非公開)が有名本社・摂社の拝殿はともに国宝に指定されている。

【初詣データ】
参拝時間:7:00~19:00
授与時間:20年1/1(祝・水)・2(木)・3(金)8:00~18:30

取材メモ/どの寺社のお守りも、個性的なものばかり。ぜひ、お参りの参考にしてください!

取材・文=シーアール

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載