吉野家一号店発祥!玉ねぎたっぷりの「ねぎだく牛丼」が復活!

吉野家一号店発祥!玉ねぎたっぷりの「ねぎだく牛丼」が復活!

2020/01/09

2018年10月に92年間の営業に幕を閉じた吉野家一号店の築地店発祥の玉ねぎを通常より多く盛り付けた牛丼の“ねぎだく”が商品化。1月8日(水)から全国の店舗で「ねぎだく牛丼」が発売される。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

増量分の玉ねぎは自分好みの食べ方で!

築地店発祥で、牛丼の牛肉と玉ねぎの配分を変更し、玉ねぎを多めにした特殊注文“ねぎだく”が商品化された。新発売の「ねぎだく牛丼」は並盛の場合、玉ねぎの量は「牛丼並盛」の4倍増しで、牛肉と玉ねぎは1:2の割合となる。増量分の玉ねぎは丼の上にのりきらない場合もあるため、別鉢で提供される。たっぷりの玉ねぎを牛肉と一緒に頬張ったり、玉ねぎだけで甘味やシャキシャキ感を味わったり、紅生姜や特製七味で味に変化をつけたりと、自分好みの食べ方を楽しもう!

玉ねぎの量は「牛丼並盛」の4倍増し

「ねぎだく牛丼(並盛)」499円(1/8発売)

小盛は477円、アタマの大盛は609円、大盛は675円、特盛は807円、超特盛は906円

玉ねぎてんこ盛りの最も大きいサイズ

「ねぎだく牛丼(超特盛)」906円(1/8発売)

「ねぎだく牛丼」の玉ねぎは別鉢で提供されるので、豪快にのせて食べるのもアリ

――玉ねぎのこだわりポイントを教えてください。

広報の寺澤さん
広報の寺澤さん
「吉野家の玉ねぎは、牛肉と一緒に煮込んだ時の食感やなめらかな舌触りを大切にしているため、年間を通じて産地を変えながら仕入れを行っています。牛丼の秘伝のタレで煮込んだ玉ねぎは甘味がしっかり出ており、牛肉との相性抜群です」

肉鍋の中で素材本来の甘さが引き出され、牛肉のうま味と特製のタレがじっくり染み渡った玉ねぎを牛肉と存分に味わえる「ねぎだく牛丼」。魚市場で働く食のプロたちが常連客だった吉野家一号店の築地店で、牛丼の粋でうまい食べ方を探求して生まれた逸品をじっくり堪能しよう。

※価格はすべて税込です。「ねぎだく牛丼」は一部店舗では販売していません。

【商品等の問い合わせ】
吉野家 お客様相談室 0120-69-5114

取材・文/田口裕(エンターバンク)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載