ノスタルジック!贅沢な空間の宿~鎌先温泉・時音の宿 湯主一條

ノスタルジック!贅沢な空間の宿~鎌先温泉・時音の宿 湯主一條

2020/01/11

宿「湯主一條」は、仙台駅から電車で50分ほどの白石駅が最寄り。そこから送迎車で15分ほどにあるミシュランガイド宮城で3つ星の旅館です。古きを良しつぉいて伝えてきた、本来の伝統を垣間見ることができる素晴らしい宿で、ぜひ懐石料理を堪能してください。

せんだいマチプラ

せんだいマチプラ

ノスタルジック!贅沢な空間の宿~鎌先温泉・時音の宿 湯主一條

今回は、白石市にある鎌先温泉「時音の宿 湯主一條」さんをご紹介します。母と宿泊してきました。

施設名:時音の宿 湯主一條
住所:白石市福岡蔵本鎌先一番48番地
電話:0224-26-2151


白石駅、白石蔵王駅から送迎車が出ていて、そちらから約15分です。

私は車で向かいました。4号線仙台バイパスをずーっと南に向かい、途中で右折をしてまた一本道を進んでいくのですが、右折してから20分ほどかかります。

マイカーの場合は、宿より少々離れた場所に広々とした専用駐車場があります。到着時に電話をすれば送迎車が来てくれるということでしたが、私が着いた時にはすでに駐車場にいらっしゃいました。

恐ろしく急な坂道を登って到着です。雪の時大変そう!どうするのかと尋ねたら、温泉をかけて溶かすとのことでした。

外観
宿

一條さんはミシュランガイド宮城で3つ星、木造の本館が国の登録有形文化財となっており、お食事は個室で頂きます。

釘を一本として使用していないその佇まいは圧巻。

料理長が様々な賞を受賞していて、口コミランキングでも楽天トラベルの料理部門で、東北では一位だそうです(公式HPより)

創業600年!大正レトロな趣のある建物

鎌先温泉は周囲併せてたった5軒しかありません。その一番奥にあるのが「湯主一條」さん。

開湯約600年、室町時代からある歴史ある老舗旅館です。現在の当主で20代目だそうです!!

エントランス

こちらはエントランスで、畳敷き。「湯主一條」さんにはフロントがありません。

宿内の様子
夜はバーに

夜にはバーになるという、こちらのラウンジに通され、記帳をします。右側に見えるのは、サイズ別に置いてある浴衣。+500円で、女性限定で可愛い、特別仕様の浴衣が借りられるということでしたよ。

ウェルカムドリンク

ウエルカムドリンクの緑茶と、ずんだ餅。このお茶がとてもおいしかったと、母はずっと言っていました。

売店

売店です。商品は仙台箪笥に並べられています。種類がちょっと少なめなので、がっつりお土産を買いたい方には、ちょっと物足りないかもしれません。母がそうでした(#^.^#)

食器なども

左側に展示してある食器は売り物です。夜のバーの時には、ライトの照明をを落とすということでした。

夜の様子

こちらが夜です。戸が閉まっていて中は見えないようになっていましたが、入り口の照明がとても素敵でした。

二つの源泉、お風呂は3種類

「湯主一條」さんには、2つの源泉を有しています。入浴後は肌がつるつるになるといわれる『洞窟の湯』、そして約600年の歴史を感じさせる優しい泉質の『薬湯』です。24時間入浴が可能です。

『洞窟の湯』の「露天風呂付大浴場」に続く廊下
温泉の入口

露天風呂の夜はライトアップされ、大きなモミジが目の前に浮かび上がります。紅葉時はどんなにきれいなのかしら、と思いながら入浴していました。

『薬湯』の入り口

こちらは『薬湯』の入り口。傷などが治るので薬の様なお湯という意味だそうです。お風呂から出た後も、しばらく身体がポカポカでした。

そんなに広いお風呂場ではありません。シャワーも3台しかないので、混んでいるときはちょっと大変かもしれませんね。

きれいなお花も飾られています

他に、有料で家族風呂があり、1日2組限定とのことです。

言葉に出来ない美味しさ!想像の上をいく料理

食事がとてもおいしいという口コミを見てはいましたが、これほどまでとは!こんなおいしい料理、食べたことないと母が泣いて喜んでいました。

夕食は懐石料理「森の晩餐」

チェックインの時に告げていた夕食の時間になると、お部屋に電話があり、係りの方が部屋まで迎えに来て案内してくれます。

食事場所は、個室料亭「匠庵(しょうあん)」。国の登録有形文化財となっている本館にあります。

廊下

本館のこちらの廊下を通り、食事の場所に行きます。

室内のようす

とても荘厳な雰囲気だったので、最初は緊張してしまいました。ですが、給仕の男性の方が柔和で、にこやかで素晴らしい神対応でしたので、より一層お料理がおいしく感じられました。

一度にすべてを出すのではなく、食事の進み具合を見ながら供されます。どこかにカメラでもついているのでは、と思う絶妙なタイミングで、食べ終わったら次の料理が運ばれてくるのです。

給仕の方は、料理の説明の時も、私たちの会話の腰を折らず、そして母の話もにこやかに聞いてくださいました。本当に心地よかったです。

お品書き
食前酒
前菜
お造り
蓋物
焼物
鍋物
お漬物
水菓子

目にも美しく、ボリュームもかなりあります。母はお腹いっぱいで、白米はキャンセルしていました。給仕の方から、おにぎりにしましょうか?と優しいお心遣いがありましたが、明日の朝もおいしい食事あるから、と断っていました(^^)

母は金目鯛のお作りに感激していました。私は仙台牛の黒毛和牛が、甘くて柔らかくて、とてもおいしかったです。

洋食と和食と選べる朝食

朝食も夕食と同様、部屋までお迎えがあり、案内してくださいます。

廊下
合成写真みたいです

回廊のところで撮影したので、合成写真のように面白く写っています。この写真お気に入りの一枚。

お品書き

朝食は、「品数を楽しむ和食」「焼き立てパンの美味しい洋食」となっていました。

母は和食、私は洋食を選びました。確かに、和食の方は白石温麺や、しゃけ、玉子焼き、豆腐、煮物など、かなり品数がありましたね。ご飯は、おひつできますので、自分で好きな分量を食べられます。

私の洋食の方のお写真です。

ジュース
サラダ
コーンスープ
チーズオムレツ

お写真はありませんが、パンはトースト一枚にクロワッサンが二個ありました。冷めないように、ナプキンで包まれていました。

パンが冷めないうちに食べたかったので、朝食の写真は少なめです。クロワッサンがサクサクしていて激ウマ!バターもジャムも、全部つけて平らげてしまいました。

デザートとコーヒー

お品書きにはフルーツとしか書いていなかったので、メロンが出てめっちゃうれしかったです。

右上のコーヒーをご覧ください。コーヒーは花の形をしていますよね。

ハートの形に!

飲み進めていくと、ハートの形になります。おしゃれ~。こちらのコーヒーカップは、売店で売っていました。

最後に

建物はとても古いものですが、しっかりと掃除も行き届いていて、お部屋には無線LANもあり暖かく、快適に過ごせます。ですが、廊下はやはり寒いのは否めません。これからの季節は、暖かくして出かけたほうがいいですね。

今まで何度も改築や増築してきたのか、迷路のような造りになっています。これだけの古い建物を維持していくのは、かなりのご苦労があると思います。

古きを良しとして伝えてきた本来の伝統を垣間見ることが出来る、素晴らしいお宿でした。お世話になりました。

せんだいマチプラ

せんだいマチプラ

宮城仙台がもっと好きになる散策マガジン

せんだいマチプラは宮城仙台をもっと楽しく、もっと好きになるおでかけWEBマガジンです。グルメ、観光、イベント、音楽、体験レポートなど、様々なカテゴリをライター独自の視点で楽しく情報をお届けしています。

この記事を書いたライター情報

せんだいマチプラ

せんだいマチプラ

宮城・仙台がもっと好きなるおでかけ情報マガジンです。旬なネタからライターこだわりのネタまで普段の生活がいつもよりもちょっぴり楽しくなる情報が満載です。

せんだいマチプラ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載