2020年にオープンする関西で注目の新名所8選!

2020年にオープンする関西で注目の新名所8選!

2020/01/10

大阪万博の決定や好調のUSJ、IRの施設の有力候補地としても注目を集める大阪や京都など、外国人観光客からも人気の関西エリア。そんな関西で2020年にオープン予定の主な施設を紹介します!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

関西に観光客増加必至の魅力的な新施設が続々登場!

人気テーマパークの新アトラクションをはじめ、ファッション、グルメ、カルチャー、スポーツと多彩に楽しめる新スポットが勢ぞろい。関西発の旅をさらに快適にしてくれる新造船や新車両のデビューもあり、オリンピック開催地・東京に負けない盛り上がりを見せている。

\開業スポットはここ!/
1.SUPER NINTENDO WORLD(大阪)
2.EST FOODHALL(大阪)
3.名阪特急「ひのとり」(大阪)
4.りんくうプレミアム・アウトレット(大阪)
5.京都市京セラ美術館(京都)
6.新風館(京都)
7.サンガスタジアム by KYOCERA(京都)
8.阪九フェリー「せっつ」(兵庫)

1.SUPER NINTENDO WORLD

任天堂ゲームの世界を体感できる新エリアがユニバーサル・スタジオ・ジャパンに誕生!

オープン日:東京オリンピック開催前(予定)

(Nintendo properties are trademarks and copyrights of Nintendo. ©️2019 Nintendo.)

マリオの世界のアイコンとして知られるピーチ城やクッパ城など、任天堂の人気キャラクターやゲームの世界を再現する世界初の「SUPER NINTENDO WORLD」がユニバーサル・スタジオ・ジャパンに登場!

多層構造で再現される広大なエリアには、最新鋭の技術を駆使した「マリオカート」や人気キャラクターの「ヨッシー」のライド・アトラクションをはじめ、ショップ、レストランなども登場。まさに体ごと任天堂ゲームの世界へ入り込み、その興奮と感動を体験することができる夢のようなエリアだ。完成が今から待ち遠しい!

2.EST FOODHALL

梅田エストが大リニューアル! 女性に向けた新たな食のエリアが新登場!

オープン日:2月19日

「EST FOODHALL」は梅田エスト西の新御堂筋側に誕生

好みのフードやドリンクを持ち寄れる約220席のシェアゾーンを中央に、バルゾーン、ダイニング&カフェゾーン、ランチ&カフェゾーンの4つのゾーンとコンセプトで構成。

シャンパンを飲みながら白トリュフオイルと岩塩をかけて食べる餃子が斬新な「Champagne&GYOUZABAR スタンドシャン食」、創業90年の老舗食肉加工機材メーカーの「なんつね」と東京で「大衆ビストロ ジル」などを運営する「ジリオン」がタッグを組んだ「肉屋のビストロ にくらうす」、大阪名物のたこ焼きを近未来SFスタイルで提供する新感覚たこ焼き酒場「TAKO BUSTERS」など、全国初・大阪初出店の9店舗を含む、全16店舗が出店。

モダンな空間のフードホール。さまざまなジャンルの料理を気軽に味わえるのが嬉しい

3.新型名阪特急「ひのとり」

大阪〜名古屋間を快適な空間で過ごせるプレミアムな特急列車がデビュー

運行開始日:3月14日

深い艶感のあるメタリックレッドの車体は先進的でスピード感のあるフォルムにまとめられている

大阪難波~近鉄名古屋間を約2時間で結ぶ近鉄の名阪特急に、17年ぶりに新造車両として登場する「ひのとり」。「くつろぎのアップグレードをコンセプトに、快適な車内空間に仕上げられている。

座席には鉄道車両としては日本初となる全座席「バックシェル」を採用。これにより後部座席にははみ出さず、気兼ねなくリクライニングすることができる。2人掛けと1人掛けの横3列に座席配置されているプレミアムシートには本革を使用。座席の前後間隔は130cmと日本の鉄道座席で最大級の広さを誇る。2人掛けが2列の横4列のレギュラーシートでも座席の前後間隔は116cmあり、新幹線のグリーン車並みの快適な空間だ。

電動リクライニング、ヒーター、コンセント、読書灯なども備えられたプレミアムシート

4.りんくうプレミアム・アウトレット

グランピングも楽しめる! 第5期増設で国内最大級のアウトレットへ

オープン日:夏頃予定

場所は関西国際空港の対岸、りんくうタウン内。目の前に海が広がる最高のロケーション

高級ブランドや国内外の著名ブランドが揃う広大なアウトレットモールが、この夏の第5期増設でさらにスケールアップ!

大阪湾を一望できる増設エリアに、フードホールを含む約50店舗、店舗面積約12,600㎡がオープン。特に注目なのは海沿いに登場した約20,000㎡の「グリーンパーク」(芝生広場)だ。ここではグランピングなどアウトドアアクティビティを楽しむなど、ゆったりとした時間を過ごすことができる。ショッピングだけではなくエンターテイメント性も兼ね備え、リゾート感あふれるシーサイドアウトレットへの進化に期待も高まる。

インターナショナルな高級ブランドと、スポーツ&アウトドアブランドを中心にラインナップを拡大

5.京都市京セラ美術館(京都市美術館)

歴史的建造物と近代建築が融和した、新しいランドマークが誕生!

オープン日:3月21日

ガラス張りの地下エリアには、メインエントランスやミュージアムショップ、カフェを設置 撮影:来田猛

現存する日本で最も古い公立美術館建築として愛されてきた京都市美術館が2017年から大規模リニューアル工事のため閉館。それに伴いネーミングライツを導入し「京都市京セラ美術館」として、この春新しく生まれ変わる。

開館当時のクラシカルな内外装のデザインを活かしながら現代的な要素を加えられ、「故」と「新」の位相が融合する清新なイメージに。館内の展示スペースも拡張されたほか、無料エリアも充実。よりゆったりと快適にアートを楽しめるようなった。

創建時から残る歴史的ディティールは可能な限り保存 撮影:来田猛

本館北東には、現代アート展示室や収蔵庫、屋上庭園などを備えた「東山キューブ」を新設。

ここでは現代アートのほか、アニメやコミック、ファッション、建築、デザインなど、現代の文化芸術シーンを紹介。また、屋上庭園「東山キューブテラス」からは、雄大な東山を望むことができる。

七代目小川治兵衛ゆかりの日本庭園。その奥に見える建物が「東山キューブ」だ 撮影:来田猛

6.新風館

ミニシアターやホテルが入居。京都の新たな交流拠点を目指し大リニューアル!

オープン日:春頃

名称や歴史的建築物である旧京都中央電話局の外観はそのまま継承 提供:隈研吾建築都市設計事務所

閉館から4年の歳月を経て、京都の新風館がさらに魅力的な施設になって、リニューアルオープン!

アジア初出店となるアメリカの「エースホテル」による「エースホテル京都」を中心に、関西初、京都初、新業態、地域で親しまれている店など全19店舗のショップ&レストランがラインナップ。地下には4つのスクリーンを持つミニシアター・コンプレックス「アップリンク京都」も開業。この映画館も東京以外では初出店となる。

ホテルを利用する旅行者や地元の人など、京都の新たな交流拠点となって、京都にさらなにぎわいをもたらしてくれそうだ。

烏丸通と東洞院をつなぐパサージュで街の回遊性も高まる 提供:隈研吾建築都市設計事務所

7.サンガスタジアム by KYOCERA

Jリーグ・京都サンガF.C.の新しいホームスタジアムが京都・亀岡に誕生!

オープン日:2月9日

JR亀岡駅のすぐ目の前とアクセス至便でサポーターも大喜び!

サッカーはもちろん、ラグビー、アメリカンフットボールなどの試合に利用される約2万1600人収容の球技専用スタジアム

観客席の最前列より2m前へ張り出している屋根が特徴的で、多少の雨なら濡れる心配もなく応援に専念できる。また、ピッチの天然芝を良好な状態に保つために屋根の一部をガラス化やハーフタイム中にも散水できるシステムの導入、スタジアム内を風が抜ける設計などさまざまな工夫も行われている。

国際基準を満たす、日本最大級の屋内スポーツクライミング施設もあり、ボルダリングはもちろんのこと、リード、スピードと3種目の競技を行うことも可能だ。VRなどを利用した体験型施設「VR・eスポーツエリア」も設置予定で、試合のない日でも楽しめるスタジアムになっている。

2月9日には、こけら落としとして京都サンガとセレッソ大阪の試合が開催される。

陸上競技用トラックがなく、ピッチと観客席の距離が近いから、迫力と臨場感のある試合が楽しめそう

8.阪九フェリー「せっつ」

海と星空が眺められる新造船で快適な船旅を!

就航日:3月

2019年8月に行われた進水式の様子
高級ホテルのように広くて快適なロイヤルルーム

神戸~新門司航路に就航する「せっつ」は総トン数は約1万6300トン、長さ約195m、幅29.6m、旅客定員は663人のカーフェリー。トラック約277台、乗用車約188台の積載能力を有し、荷役設備として舷側ランプ扉2基、船尾中央ランプ扉1基を搭載している大型船だ。

船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、内装は港町神戸をイメージ。客室最上階である7階には広い空間を設け、船内で最も大きな窓から星空と瀬戸内海が眺められ、快適な船旅が楽しめる。

最上階にある展望ルームは誰でも気軽に利用できる

構成=シーアール、取材・文=ブロックタック

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載