福島県北で「親子丼」がおいしい店4選!

福島県北で「親子丼」がおいしい店4選!

2020/01/12

飯坂温泉名物「ラヂウム玉子」をのせたカフェのおしゃれな親子丼から、川俣シャモ・伊達鶏・本宮烏骨鶏を使ったご当地親子丼まで、おすすめの一膳を紹介!

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

飯坂名物を使ったカフェの親子丼

「ラヂウム玉子の親子丼」(1,050円)。前菜、スープ、ドリンクが付く

飯坂温泉「鯖湖湯」向かいにある古民家カフェ『oncafé』。卵でとじないアイデアあふれる親子丼を提供する。甘辛いタレで炒め、酒で蒸した鶏肉はやわらかく、ふわっとした食感。飯坂温泉名物のラヂウム玉子との相性は抜群だ。提供は11時30分から15時までなので注意を。

栄養満点&ヘルシーで食べ応えも抜群

「本宮烏骨鶏の親子丼」(1,100円)。サラダ、みそ汁、お新香が付く

本宮の街なかに店を構える老舗の『一二三食堂』。地鶏・本宮烏骨鶏をふんだんに使った親子丼を味わえる。卵は栄養価が高く、肉は低カロリーでヘルシーなのが特長。本宮烏骨鶏の卵と会津地鶏の肉を使った「ぜいたく親子丼」(1,350円)もあり。

絶妙な火入れが生み出すシャモの旨み

「シャモ親子丼」(750円)※夜は850円。汁物、お新香、コーヒーが付く

「シャモ天丼」「シャモナポリタン」(各650円)など川俣シャモの料理が多様に揃う『松よし』。丸鶏を店でさばくため、リーズナブルで鮮度の良いシャモを提供できる。親子丼の卵は半熟、シャモは歯ごたえの良さを味わえる絶妙な火入れにすることでおいしさを生み出している。噛めば噛むほど染み出すシャモの旨みを堪能して。

伊達鶏の旨味をギュッと凝縮!

「伊達鶏親子丼」(750円)。漬物、みそ汁が付く

伊達鶏をラーメンや丼で気軽に味わえる『麺次郎』。親子丼は、ラーメンに使う伊達鶏を丸ごと使って作る特製スープをタレに加えているのが特長。甘めのタレに半熟卵、やわらかな伊達鶏をご飯とともに堪能しよう。半ラーメンが付く「親子丼セット」(950円)もぜひ。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載