ダイニングキッチン幸福は玉手箱のような和食ランチが楽しめる!

ダイニングキッチン幸福は玉手箱のような和食ランチが楽しめる!

2020/01/15

浦添市牧港のマチナトボウル向かいにある「ダイニングキッチン 幸福」は、間もなく7周年を迎える人気店。本格的な和食が昼も夜も気軽に食べられると評判です。

琉球新報Style

琉球新報Style

ダイニングキッチン幸福は玉手箱のような和食ランチが楽しめる!

創作和食「寿司御膳」は1,650円という値段以上の豪華さとボリューム! 夜の部はマチナトボウルとのコラボによるとてもお得な「とくとくボウリングプラン」がオススメなので、詳細はお問い合わせください

中に入ると和をコンセプトとした上品で落ち着いた空間が広がり、窓際の席に座ると日本庭園に訪れたよう。優雅な気分でランチタイムが過ごせます。

居酒屋「ゆうづき」のグループ店のこのお店のランチのオススメは、幸福限定メニューの「寿司御膳」。おすしが箱のふたに載っていて、開けると焼きサバ・きんぴらつくね・砧巻(きぬたま)きなどの旬菜が盛り付けられています。見て楽しく食べておいしい玉手箱が目を引くこの御膳は、大将の知念司さんのアイデア。店長の長浜真彦さんいわく「大将は人を喜ばせるのが好きなんです」とのことで、和食料理人として活躍する大将のこだわりメニューが並びます。

笑顔で迎えるスタッフの(左から)崎浜春輝さん、砂川ゆかさん、西原さとみさん。崎浜さんは「第57回技能五輪全国大会 日本料理職種」部門で敢闘賞を受賞しました

和食の代表ともいえるおすしに天ぷら、そして自家製ジーマーミー豆腐やアーサゼリーなど沖縄テイストも味わえるのが、「寿司御膳」の魅力。長浜店長は「全国料理コンクールで多数の受賞歴がある知念司がプロデュースする創作料理を、ぜひご賞味ください」と呼び掛けます。繊細でこだわり抜かれた和食ランチ、味わってみませんか。

落ち着いた雰囲気の店内

この記事を書いたライター情報

琉球新報Style

琉球新報Style

沖縄の毎日をちょっと楽しく新しくするウェブマガジン。「あそぶ」「まなぶ」「みがく」「くらす」「たべる」「はたらく」の6テーマで、面白い話題や気になる情報、魅力ある人のインタビューなどをお届けします。

琉球新報Style が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載