大須の最旬食べ歩きグルメはコレだ!熱々出来たてのホットサンド

大須の最旬食べ歩きグルメはコレだ!熱々出来たてのホットサンド

2020/01/16

毎日多くの人で賑わう大須商店街にある、由緒ある寺「万松寺」が運営するテイクアウト専門店『BANSHOJI STAND』がこの冬リニューアル。ふわふわの卵サンドなど、大須の醍醐味“食べ歩き”にぴったりな最新グルメを提供する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

歴史ある寺・万松寺の目の前のテイクアウトショップ

外装も一新した『BANSHOJI STAND』

今回訪れたのは、平日でも多くの人で賑わう大須商店街。新しいもの古いもの、日本のもの海外のもの、様々なものが混在し、訪れる度に新しい発見に出会えるエリアだ。そんな大須の楽しみ方といえば、やっぱり食べ歩き。昨年11月にリニューアルをし、新しく生まれ変わった『BANSHOJI STAND』をご紹介!

平日でも多くの人で賑わいを見せている

場所は大須・万松寺通りにあり、天文9年(1540年)建立の由緒あるお寺「万松寺」のすぐ前。「万松寺」に立ち寄るお客さんたちが一息つける場所を作りたい、との思いから誕生し、今回は2018年7月のオープン以来、初めての大々的なリニューアルとなった。

正面には万松寺がどっしりと構える
万松寺には新年の運気を祈願する、おみくじ売場もある

黒を基調としたシック&シンプルな佇まい

黒を基調とした外装に、ペンダントライトが大人な雰囲気

白とピンクを基調としたラブリーな雰囲気から、黒と白を基調としたシックで大人らしいデザインの店舗に変貌を遂げた『BANSHOJI STAND』。以前は女子学生など、若い女性に限定されていた客層も、今では男性のお一人様など、幅広い方が立ち寄りやすい空間に。

装飾の鏡をのぞくと反対側の万松寺が映る

ふわふわ出来立てのエッグホットサンド

サンドは現在2種類展開中

店の雰囲気に合わせて、メニューも一新!以前はタピオカのような丸いスイーツを使ったドリンク「ポッピングボバ」など、カラフルでフォトジェニックなスイーツを中心に展開していたが、リニューアル後の看板メニューは、熱々のホットサンド。何度食べても飽きの来ない、おかず系のテイクアウトグルメを提供する。

オーソドックスなプレーンタイプ「THE EGG(とろとろ卵のシンプルなサンド)」(400円/税込)、こってり派には「BACON KING(とろとろ卵×ベーコン×チーズの最強コンボ)」(450円/税込)

現在サンドは2種類。注文が入ってから焼く、ふわふわとろとろの卵が主役。ほのかに甘みが広がるふわふわのブリオッシュパンと、ピリリとしたチリソースのアクセントが絶妙だ。

大きすぎないサイズ感でちょうどいい

大須商店街内の他のお店の食べ歩きも、合わせて楽しめるようにと決めた、手軽なサイズ感も魅力。

冬の寒い日には身体あたたまるスープはいかが

「クラムチャウダー」(300円/税込)

まだまだ冷え込む今日この頃。食べ歩きや散策で冷えた体を温める、スープも販売している。ホットサンドと同様のパンを使ったクルトンは、大ぶりのサイズで食べ応え満点なのが特長だ。

お家に持って帰ることもできる

買った商品は、その場ですぐに食べることはもちろん、すぐに食べない場合は袋に入れてくれるサービスも。ブリオッシュのパンは時間が経ってもふわふわが保たれるので、自宅や友達のお家へのお土産にも最適。

スープにもふたをつけてくれる

今後も新メニューが随時登場予定!

リニューアル前の店舗から、店舗デザインやメニュー開発などを担当している下川さん
下川さん
下川さん
現在、アボカドとチーズを使ったおかず系のサンドを開発中!暖かくなったら、リニューアル前の店舗の時から好評だったアイスバーやソフトクリームも登場予定なので、楽しみにしていていただきたいです。
写真に思い出を収めた後、ゆっくりと食事タイムを

スタイリッシュな店舗には、商品をおしゃれに撮影できるフォトスポットもたくさん。万松寺の参拝や、大須商店街の散策と合わせて、心高ぶる“最新”大須の食べ歩きをぜひ楽しみんで。

取材・文・撮影/稲垣朱乃

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載