まぜて楽しむセルフ調理ポテサラ3選!焼肉店の新しい名物

まぜて楽しむセルフ調理ポテサラ3選!焼肉店の新しい名物

2020/01/26

外食店の定番にして人気メニューであるポテサラに新たな方向性が生まれている。お客自らが混ぜ合わせて楽しむ「セルフ調理ポテサラ」である。今回はサイドメニューには特に力を入れている焼肉店のセルフ調理ポテサラに着目。焼肉店の激戦区とされる岡山県の人気焼肉店における事例をピックアップした。

日食外食レストラン新聞

日食外食レストラン新聞

まぜて楽しむセルフ調理ポテサラ3選!焼肉店の新しい名物

自分で作る温かポテサラ 麺棒で熱々をつぶし混ぜる

「自分で作る温かポテサラ」 450円(税抜き)日販25~30食の人気メニューに定着

今年4月に新登場。子どもウケがよく、人気メニューに定着している。具材は、熱々のふかしジャガイモ(イタリア産小玉)、ゆで卵、牛タンスモークハム。マヨネーズと麺棒を別添えセットで提供。客は、麺棒で具材をつぶし混ぜ、マヨネーズと卓上調味料(塩・コショウ)を自分好みに合わせて調味する。

星博之店長は、「モノを味わい、コトを楽しむサイドメニューとして発案しました」と語り、「作っているのを見た周りのお客さまからも注文される波及効果がありますね」と説く。

店舗情報

「和牛焼肉 牛八 倉敷店」 所在地=岡山県倉敷市西岡1170-1

石焼ポテトサラダ インスタ映えするシズル感

「石焼ポテトサラダ」 580円(税抜き)日販20~50食の人気ぶり

「焼肉ぐりぐり家」は、岡山県と広島県を主に23店舗を展開するカジュアル焼肉店。今年3月にメニュー化した「石焼ポテトサラダ」が早くもサイドメニューの名物に台頭している。

具材は、ジャガイモ、ベーコン、ブロッコリ、温泉卵、調味料はシーザーサラダドレッシング、黒コショウ。熱々の石焼き鍋にサラダ油を塗り、具材を盛り、調味料をかけて提供する。客は二つのスプーンで好みにつぶし混ぜ、固形感豊かな熱々のポテサラを味わう。

広報担当の竹森主税さんは、「シズル感ある石焼きは、インスタ映えを演出する創作料理に好適。とはいえ正直、これほど売れるとは思いませんでした」と明かす。

店舗情報

「焼肉ぐりぐり家」 所在地=(本部)岡山市南区泉田1-3-10

セルフメードポテトサラダ 彩りよい見栄えが自慢

「セルフメードポテトサラダ」 600円(税抜き)彩りよい見栄えが自慢

「東風」は1993年以来「千屋牛」を看板に掲げる高級焼肉店。岡山駅から3km弱の住宅街立地ながら客単価1万円以上のビジネス接待客を多数集めている。とはいえ半径2km内に17軒の焼肉店がひしめく競合地帯だけに、おごらず、他店の動向にも敏感だ。

他の焼肉店の例を参考に、「セルフメードポテトサラダ」を商品化した。具材はジャガイモ、ウインナー、ゆで卵、コーン、キュウリ、パプリカ。調味はマヨネーズと黒コショウを基本に好みの調味料を追加注文できる。

店舗情報

「東風(コチ)」 所在地=岡山市北区西古松2-24-16

日食外食レストラン新聞

日食外食レストラン新聞

日食外食レストラン新聞は、外食や中食に携わるプロ用に編集した外食専門紙です。まだ知られていない繁盛店メニューや、いますぐ役立つ業務用食材など、飲食店の現場で働く方に役立つ即戦力情報が満載です。

この記事を書いたライター情報

日食外食レストラン新聞

日食外食レストラン新聞

外食や中食に携わるプロ用に編集した外食専門紙です。まだ知られていない繁盛店メニューや、いますぐ役立つ業務用食材など、飲食店の現場で働く方に役立つ即戦力情報が満載です。

日食外食レストラン新聞 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載