【高松】大人のちょっと贅沢なポークランチ

【高松】大人のちょっと贅沢なポークランチ

2020/01/28

近所のマダム達に愛されるお店、高松市木太町の「キッチン ユリイカ(KITCHEN EUREKA)」さんでランチしてきました。

ガーカガワ

ガーカガワ

ポークの美味しさに思わず「Eureka!」と叫ぶ

レトロな佇まい

以前は不動産屋さんだったと思いますが、建物自体はかなり古い。そのなんともレトロな佇まいをうまく生かした外観はまさにオシャレな大人の雰囲気。
高い天井に間接照明だけの薄暗い店内は、マダムたちがゆったり過ごすには最適。つい話が弾んで居座ってしまうのも、この落ち着きのある空間のなせる業のような気がします。

そんなユリイカさんの特徴と言えば、なんといっても上質なポークを使った料理の豊富さ。この日のランチも食欲をそそるポークメニューがずらりと並んでいました。

こだわりの豚肉料理が並ぶランチメニュー

日曜日のランチタイムとあってか、店内はほぼ満席。女性客がほとんどといった感じでしょうか。
だからと言ってガヤガヤとした騒がしさはなく、カウンターから聞こえてくる肉を焼くジューッという音や、食器類の重なる音がBGMのように心地よい。テキパキと働くスタッフさんの無駄のない動きに見とれているうちに料理が運ばれてきました。

前菜

まずは前菜とスープ。
お忙しそうで詳しくは聞けなかったのですが、このスープはニンジンをピューレ状にしたものが入っているのでしょうか? とってもヘルシーで食欲をそそる一品。サラダと可愛らしくちょこんと添えられた海老もあっという間に胃袋に収まってしまいました。

そしてメインですが、僕は「豚肉のソテー クリームソース カレー風味」。

豚肉のソテー クリームソース カレー風味(1,500円・税別)

豚肉の薄切りに玉ねぎ、しめじ、マイタケなどを、ほんのりカレースパイスの効いたクリームソースで炒めたものです。
しっかり味付けされていますが、カレーの風味もあってどんどん箸が進む。添えられたバターライスとの相性も抜群ですし、何より豚肉そのものが美味しい! その昔、かのアルキメデスがその原理を発見した時に「Eureka!」と叫んだとされていますが、まさにその訳語「見つけた!」と叫びたくなるくらいでした。
ほんと、良質なたんぱく質とビタミンB群をたっぷり吸収させていただきました(笑)

そして、うちのマダムは「ポークグリル(粒マスタードソース)」をチョイス。

ポークグリル・粒マスタードソース(1,350円・税別)

ひと口食べて「あっ、美味しい♡」。マダムもお気に召したようです。

僕もひと切れいただきましたが、こちらもしっかり味付けされているものの、粒マスタードが良いアクセントとなって味のしつこさはほとんど感じられない。これも本当に美味しくいただきました。

そして最後は食後のドリンク。
肉料理の後の珈琲ってなんでこんなにかぐわしいんでしょう。本当はこちらも種類豊富なワインを添えたかったのですが、今日は車で来ているので自粛、次回は歩いて来ようと思いました。

食後はホットコーヒーをチョイス

旧道沿いにあるにもかかわらず、どこか隠れ家的なお店なのですが、この上質な豚肉を使った料理はぜひ食べていただきたいですね。ちょっと大人の贅沢なランチなどいかがでしょうか?

この記事を書いたライター情報

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」を中心に、クスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジンです。

ガーカガワ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載