伝統和菓子や冬グルメに舌鼓。大阪・京阪神の週末イベント5選

伝統和菓子や冬グルメに舌鼓。大阪・京阪神の週末イベント5選

2020/01/17

2020年1月18日(土)〜19日(日)に行ける、大阪・京阪神の週末イベント情報を厳選してご紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

週末はふだん味わえない魅惑のグルメイベントへ

石川県の魅力が詰まった伝統的な和菓子が一堂に会する「第35回記念旨し、美し。金沢・加賀・能登展」や旬のカキが楽しめる「姫路とれとれ市場 かきフェア2020」など、今週末は魅力的なグルメイベントがたくさん。また、駅前に設置されたスケートリンク「VIVA SQUARE KYOTO」など、期間限定のアクティビティも要チェック。

1.第35回記念旨し、美し。金沢・加賀・能登展(大阪)

伝統と現在が融合した和菓子や御細工が集結

開催日:開催中~1月20日(月)

加賀藩御用菓子司を務めた創業390余年の老舗・森八の「令和迎春菓プレミアム詰合せ(4個入り1620円)」。令和をイメージし、万葉集で歌われた古の宴をモチーフに生まれた

石川県の魅力を発信するため、阪急うめだ本店で度々開催されている「金沢・加賀・能登展」。35回目を迎えた今回は、加賀藩第5代藩主・前田綱紀の時代に広まった茶道により発達した「和菓子」や、加賀藩の御細工所から続く技と伝統を、現代の感覚でアップデートされた工芸品が集められる。

宝暦2年に創業され、名だたる文化人に愛された料亭・つば甚の「梅鉢御膳(3000円)」は各日限定100食。加賀料理をベースに旬の食材を使った、治部煮や鴨ローストなどが詰まった多彩な御膳

施設の祝祭広場で販売されるのは100もの工房や作家による御細工。九谷焼や漆の器、ガラス細工など、伝統を感じさせるものから今風にアレンジしたものまでさまざまなアイテムが揃う

作家がていねいに絵付けした九谷焼彩匠会の「ウルトラマンシリーズ」。「ウルトラマン(1万1000円)」、「メトロン星人(3万3000円)」など精巧かつ味わいのある、ウルトラマンとのコラボアイテム
阪急うめだ本店 広報さん
阪急うめだ本店 広報さん
「第35回を迎える今回は、金沢の人気を誇る和菓子を特集します。創業390年余を誇る銘店による令和の記念菓子の復刻や、本店限定品など、スペシャルが目白押し。評判の高い老舗料亭の加賀料理から、このエリアの誇る発酵食品の特集、進化する九谷焼や、塗りなどの工芸までが一堂に会します」

【DATA】
場所:阪急うめだ本店 9階催場
日時:1月17日(金)〜18日(土)10:00~21:00、19日(日)10:00~20:00、20日(月)〜18:00
料金:入場無料

2.姫路とれとれ市場 かきフェア2020(兵庫)

家族で楽しいヒーローショー&バルーンアートも

開催日:1月18日(土)~19日(日)

「姫路とれとれ市場 かきフェア2020」は、兵庫県で開催されるカキの直売イベント。播磨灘で育てられたカキが、「殻付」なら1.1kgが1000円、「むき身」なら約500gが1000円でお買い得に販売される。

坊勢生まれ、播磨灘で育った大粒のカキが販売される

このフェアでは直売所が登場するだけではなく、「焼きガキ」のほか「まるごとカキせべい」や「カキ焼きそば」など、その場でカキグルメも楽しめる

各日1000食限定で、無料の「かき汁」が振舞われる

また、18日には姫路市のご当地ヒーローであるサムライガーのショー、18日、19日には風船技師によるバルーンアートが実施され、家族で楽しめるフェアとなっている。

カキがお得に買えるということで、直売所は大盛況だ
かきフェア 広報さん
かきフェア 広報さん
「新鮮なカキを堪能できる『姫路とれとれ市場 かきフェア2020』が開催されます。カキを使った創作料理やバーベキュー、そして食堂では、カキをふんだんに使用した牡蠣御膳もお楽しみいただけます」

【DATA】
場所:姫路とれとれ市場
日時:1月18日(土)~19日(日)9:00〜15:00
料金:入場無料

写真提供:姫路市水産漁港課

3.VIVA SQUARE KYOTO(京都)

JR梅小路京都西駅前にスケートリンクが期間限定オープン

開催日:開催中〜3月1日(日)

駅からすぐの場所にできた特設リンク

JR梅小路京都西駅に隣接する「京都市梅小路公園」内に、期間限定のアイススケートリンクが登場中だ。

駅からすぐの場所にできたリンクはアクセス抜群。デートコースに組み込むのもいいし、家族での買い物帰りやにひと滑り、なんて使い方もできる。もちろん、スケート靴はレンタルでき、二枚刃のスケート靴やヘルメットの用意もあるため、子どもや初心者も安心だ。

17時からはナイトスケート仕様のライトアップがされる

また、17時からはリンク全体がライトアップされる。青空の下で颯爽に滑るのもいいが、ライトに照らされ雰囲気たっぷりの中で滑るのもまた違った楽しさを感じられるはず。

VIVA SQUARE KYOTO 広報さん
VIVA SQUARE KYOTO 広報さん
「ファミリーやカップル、ご友人同士などみんなで遊べる京都の新しいレジャースポットです。青空や夜空を見ながら楽しめるスケートリンクは開放感抜群。夜はライトアップされたスケートリンクでナイトスケートをお楽しみください。随時、初心者ワンポイントレッスン(500円/15分)も開催しているほか、こどもスケート教室や大人のスケート教室もあります」

【DATA】
場所:京都市梅小路公園
日時:開催中〜3月1日(日)12:00〜21:00、土日祝10:00~21:00
※1月20日(月)は休業
料金:大人1500円、大学生1200円、中高生1000円、小学生800円、3歳以上500円
※貸靴:500円
※学生は、学生証・公的証明書の提示が必要
※3歳以上の未就学児はリンク内保護者同伴が必要

4.EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET(兵庫)

土曜の朝、ちょっと早起きして野菜市で朝ごはん

開催日:1月18日(土)※毎週土曜日開催

生産者との会話を楽しみながら買い物をするのがこのマーケットの醍醐味だ

兵庫県神戸市のにある都市公園の東遊園地では、毎週土曜日の朝に「EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET」が開催されている。

休日の朝、地場野菜を使った朝ごはんを目当てに訪れるのもいい

このマーケットでは、神戸市内の若手農家を中心とした直売所のほか、物販、飲食店が出店。旬の新鮮な野菜、卵、パンやスイーツが販売される。そうした地場産野菜を使った朝ごはんも楽しめるほか、10時からはマイおちょこ歓迎の「振舞い酒」、11時からもちつきもある。週末はたっぷり寝るのもいいけれど、少し早起きして、野外マーケットで朝ごはんもいいかも。

神戸市の生産者による野菜がたくさん並ぶ

【DATA】
場所:東遊園地
日時:1月18日(土)10:00〜13:00
※毎週土曜日開催(開催日の詳細は公式HP参照)
※朝ごはんは10:00〜売り切れまで
料金:入場無料

5.メキシコの知られざる大衆漫画「イストリエタ」展-民俗文化としての漫画表現-(京都)

メキシコの漫画文化は日本とどう違う?

開催日:開催中~2月25日(火)※1月18日(土)は休館日

Ignacio Palencia(イグナシオ・パレンシア)「Ingratitud(恩知らず)」(1952年)

マンガ資料の収集・保管・公開とマンガ文化に関する調査研究、それらに基づく展示やイベントを行う「京都国際マンガミュージアム」では、現在、「メキシコの知られざる大衆漫画『イストリエタ』展」が開催されている。

「イストリエタ」とは、19世紀から20世紀にかけて、風刺画や娯楽読み物、広告や教育などにまたがり広がっていった、メキシコの漫画文化。その歴史的な歩みや、現在ではどのような表現となっているかなど、各時代の雑誌や新聞などとともに紹介する。

Gaby(ガビ)作、Arturo Lucero(アルトゥロ・ルセロ)原作「Sensacional de luchas(素晴らしきルチャ)」(1988年)
ミュージアム 広報さん
ミュージアム 広報さん
「ふだん慣れ親しんでいるマンガとは一味違う、メキシコのコミックス事情を知ることができる貴重な展覧会。メキシコらしさを感じるイラストもありお楽しみいただけるはずです!」

【DATA】
場所:京都国際ミュージアム ギャラリー4(2階)
日時:開催中~2月25日(火)10:00〜13:00
※毎週水曜、1月18日(土)、2月6日(木)は休館日
入館料:大人800円、中高生300円、小学生100円

文=井上良太(シーアール)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載