成城石井で発見、樹の上で完熟させた糖度23度のぶどうジュース

成城石井で発見、樹の上で完熟させた糖度23度のぶどうジュース

2020/01/23

成城石井で今回購入したのは「横手市 樹上完熟100%ぶどうジュース」。秋田県横手市・大沢ぶどう村の契約農家が、糖度約23度になるまで樹上で完熟させたステューベン種のみを贅沢に搾ったこだわりの極上ジュースです。どんなお味なのでしょうか? ご紹介します!

イエモネ

イエモネ

「横手市 樹上完熟100%ぶどうジュース」ってどんな商品?

見るからに高級そうなこちらの「横手市 樹上完熟100%ぶどうジュース」は内容量720mlで1,390円(税別)。「糖度約23度になるまで樹上で完熟させたステューベン種のみを贅沢に搾った」とありますが、糖度23度というのはかなり高い数字。今までこんなに糖度の高い果物は食べたことがない気がします。一体どういうお味なのでしょうか?

「横手市 樹上完熟100%ぶどうジュース」飲んでみました

原材料を見てみると「ぶどう(スチューベン)」との記載のみ。潔ささえも感じてしまうほどのシンプルさ

瓶を優しく振ってみると、気泡の上がってくるスピードがゆっくりで、ジュースの濃さを伺い知ることができます。

蓋を開けてみると、蓋の裏や瓶の口になにやらついています

これは「ぶどうのダイヤ」とも呼ばれる酒石酸というもので、ジュースに溶け込んでいた成分が結晶化したもののようです。こちらからも葡萄の濃さを感じられてワクワクしてしまいました。

グラスに注ぐと「トクトクトク」とよい音が・・・

ワインではなく葡萄ジュースでこの心地よい音を聞けるとは! 期待感が高まります。

早速いただいてみましょう!

グラスを口に近づけると、漂う香りは葡萄ですが、もうすでに甘い! 甘味を伺わせる香りです。一口含むと「!!! 」驚きの甘さです。きちんと葡萄の味がしますが、とにかく甘い。「本当に材料葡萄だけ?! 」と疑ってしまうほど。

しかしここで凄いのは後味です。甘味、酸味、旨味と訪れた後の後味が全くしつこくありません。こんなに甘いのに甘ったるいということなくサッと消えていきます。確かにこれは砂糖の甘味ではありません。これが自然の甘味というものなのでしょうか。

糖度23度の力を思い知りました。筆者の知っているスチューベンとは全く異なる味わいです。サラッとした究極の甘味と、葡萄の爽やかな酸味、旨味が詰まった「横手市 樹上完熟100%ぶどうジュース」はまさに極上ジュース。

成城石井の「横手市 樹上完熟100%ぶどうジュース」は今まで知らなかった葡萄の甘味とおいしさを教えてくれた極上ジュース。大切な方への手土産として、自分へのご褒美として、いかがですか?

この記事を書いたライター情報

イエモネ

イエモネ

今日もお家で、ナマケたい。「イエモネ」は、暮らしと自由をテーマにした、家中(イエナカ)情報メディア。簡単レシピからお取り寄せスイーツ、可愛いインテリア雑貨やおしゃれ家電まで、あなたの家をもっと居心地よくするアイデアで詰まっています。人生に、帰りたくなる家を。

イエモネ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載