イケアのフリーザーバッグ、「その手があったか」使い方アイデア

イケアのフリーザーバッグ、「その手があったか」使い方アイデア

2020/02/24

イケアに行くと、目立つところにたくさん積んであるフリーザーバッグ「ISTAD イースタード」。シンプル可愛いデザインでリーズナブルな価格なので、イケアに行くととりあえず買う、という人も多いのではないでしょうか。今回はこの「ISTAD イースタード」の便利な使い方アイデアをご紹介。

イエモネ

イエモネ

洋服を分けて入れる

6ℓの「ISTAD イースタード」

まずは洋服の収納。衣類圧縮袋ほどではありませんが、空気を抜きながら口を閉じることができるので、衣替え時にオフシーズンの服を保管する用途に使えます。
長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、タンクトップなどアイテムごとに分けて入れておくと、シーズンが来たときに必要なものだけ取り出せます。

ジムの着替えや水着セットを入れる

6ℓの「ISTAD イースタード」

ファスナー付きで密閉できるという特徴を生かして、ジムの着替えや水着を入れるのもおすすめ。濡れた水着やびしょびしょのタオルも安心して持ち帰ることができます。
家で洗濯をした後、必要なものを「ISTAD イースタード」にひとまとめにしておけば、思い立ったときにさっとジムに行けますね。

靴を入れる

6ℓの「ISTAD イースタード」。靴のサイズは25cm

靴を持ち運びたいときにも「ISTAD イースタード」は便利。かさばるブーツなどは入りませんが、レディースのローヒールサンダル、フラットシューズ、靴底薄めのスニーカーなどは入ります。

説明書や保証書を入れる

6ℓの「ISTAD イースタード」

家電の取扱説明書や保証書は整理収納で困るもののひとつ。取扱説明書専用のファイルも市販されていますが、ケーブルやプラスチックのパーツなど立体的な付属品が多いと、ファイルにおさまりません。「ISTAD イースタード」なら、サイズにあわせてこれらをひとまとめにしておくことができます。

折りたたみ傘を入れる

2.5ℓの「ISTAD イースタード」

雨の日に、濡れた折りたたみ傘をたたむのは面倒なもの。かなりきれいにたたまないと付属のケースに入らないうえ、土砂降りだとケースに水が染みてしまうので鞄の中に入れておけないこともあります。
そこでおすすめしたいのが、濡れた折りたたみ傘を「ISTAD イースタード」に入れること。写真は乾いた状態の傘を横向きに入れていますが、濡れたらざっくりと大ざっぱにたたんで、縦向きに入れてしまいます。
きっちりたたまなくてもいいので楽だし、鞄の中も濡れる心配がありません。

モバイルバッテリーとケーブルを入れる

0.4ℓの「ISTAD イースタード」

出かけるときは必ず持ち歩くという人も多いこれらのアイテム。ひとまとめにしておけば、鞄の中で行方不明になりません。液晶画面を拭くクロスなど、スマートフォンにまつわるアイテムをひとまとめにしておくのもいいですね。

ペーパーナプキンを入れる

1.2ℓの「ISTAD イースタード」

イケアのペーパーナプキンに1.2ℓサイズの「ISTAD イースタード」がシンデレラフィット! ただしかなりぴったりサイズなので、余裕を持って収納したい人や、他の種類の紙ナプキンもまとめて収納したい人はもっと大きなサイズをどうぞ。

「日本の味セット」を入れる

0.4ℓの「ISTAD イースタード」

海外旅行先で日本食が恋しくなったときのために、お吸い物、お味噌汁、緑茶などをひとまとめにして「日本の味セット」として持っていきましょう。慣れない環境で疲れた体に染み渡ります。

バッグの中のゴミ箱として使う

0.4ℓの「ISTAD イースタード」

外出すると、レシート、ティッシュ、お菓子の包み紙など何かとゴミが出ますよね。そんなときのために「ISTAD イースタード」を持ち歩いていると、鞄の中が散らからずスマートです。
お祭りやスポーツ観戦に行ったとき、食べ終わった容器を仮に入れておく袋としても使えます。

※店舗や時期により商品の品揃え、価格などが変わる恐れがありますので、ご注意ください。
[All Photos by Saori Kumamoto]

この記事を書いたライター情報

イエモネ

イエモネ

今日もお家で、ナマケたい。「イエモネ」は、暮らしと自由をテーマにした、家中(イエナカ)情報メディア。簡単レシピからお取り寄せスイーツ、可愛いインテリア雑貨やおしゃれ家電まで、あなたの家をもっと居心地よくするアイデアで詰まっています。人生に、帰りたくなる家を。

イエモネ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載