料理、地酒、器で新潟・阿賀野市の魅力を楽しめる割烹が新潟市に

料理、地酒、器で新潟・阿賀野市の魅力を楽しめる割烹が新潟市に

2020/01/26

新潟県内に新しくオープンしたお店の情報をお届けします。新潟にお越しの際のお店選びに、ぜひご活用ください。今回は、2019年10月4日にオープン、新潟市にいながら阿賀野市の魅力を楽しめる「あがの割烹 千原六助(チハラロクスケ)」を紹介します。

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

料理、地酒、器で阿賀野市の魅力を発信

あがの割烹 千原六助 (チハラロクスケ)

食材、酒、調味料はもちろん、調理器具に至るまで、ご主人の地元・阿賀野市産のものを使った料理を楽しめる“あがの割烹”を提案する「千原六助 」。

「阿賀野市を盛り上げたい」とご主人。阿賀野市「最上屋」の民芸菓子・三角だるまをお通しにするなどユニークな一面も

地域ブランドである安田瓦(ヤスダガワラ)の技術を生かしたを使うなど細部までこだわりが光ります。
やまびこ米コシヒカリを小田製陶所(阿賀野市)の蒸しかまどで炊いたご飯は、ふっくら食感を楽しめる看板メニューです。

ブランド牛「あがの姫牛」のたたきポン酢(1,408円)。赤身ならではのコクが特徴
安田地区で養殖された「あがの夢うなぎ」の白焼き。絶妙な火加減で焼き上げ、うま味を凝縮
店内を彩る民芸品も“メイドイン阿賀野”
白鳥のロゴののれんが目印。貸し切りも可

【PRICE】
◦阿賀野市産活〆夢うなぎの白焼き(数量限定)※要問い合わせ 1尾 3,278円
◦いくら・ウニの釜戸炊き御飯2,728円
◦スワンレイクビール 968円
◦宴会コース(2時間飲み放題付き) 6,600円~

-あとがき-
阿賀野市にはブランド牛・あがの姫牛や養殖ウナギ、安田瓦など、魅力ある特産品が多くあります。そんな阿賀野市の魅力を新潟市にいながら楽しめる割烹。阿賀野市にゆかりのある人も、全く知らなかったという人も、ぜひ近くにお越しの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。新潟の新しい魅力を発見できるかもしれません。

※掲載の情報は、取材当時のものです。


KomachiWeb

KomachiWeb

新潟県のグルメ、イベント、観光、ニューオープン情報などを発信&検索できるWEBサイト。新潟で今すぐ楽しめる、使えるフレッシュな地元ネタをお届けしています。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載