小樽でここは外せない!絶品スイーツ「クレームグラッセ」を実食

小樽でここは外せない!絶品スイーツ「クレームグラッセ」を実食

2020/01/24

北海道・小樽のスイーツショップのひとつに「LeTAO(ルタオ)」。小樽でも6店舗ありますが、その中で唯一ルタオのチョコレートを楽しめる専門店があります。チョコレート好きを魅了するチョコレートがたくさんで目移りしますが、ぜひ食べてほしい絶品ソフトクリームと小樽限定スイーツをご紹介!

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

ナイスアイディアの宝庫!「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店」に直撃

ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店
カジノのような豪華な店内

JR南小樽駅からメルヘン交差点を目指して徒歩15分。ルタオのチョコレート専門店「ル ショコラ」が、2019年1月に「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店」としてリニューアルオープンしています。そこではチョコレートと良質な素材を組み合わせ、自由な発想で新しいおいしさをつくり出しています。世界中から集めた、最高の素材で仕上げたチョコレートの数々を小樽の街で楽しめるのです。

絶品のマリアージュソフトクリームって?

「クレームグラッセ(ソフトクリーム)」

小樽と新千歳空港のみ店舗がある「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ」。そのヌーベル限定のスイーツが、今回いただいた「クレームグラッセ(ソフトクリーム)」です。クレームグラッセのお味は「サンクフロマージュ 390円・税込」「ルショコラ 420円・税込」、この2つのミックス「マリアージュショコラ 420円・税込」の3種類ありました。

2種類のクリームチーズにゴーダ・チェダー・カマンベールを加えて5種類のチーズで濃厚に仕上げた「サンクフロマージュ」。チョコレートとルタオオリジナル生クリームを合わせたチョコレート専門店ならではの「ルショコラ」。両方の魅力が詰まったミックスの「マリアージュショコラ」をいただきました。

いただきます

「ルショコラ」は、フランスヴァローナ社の革新的技術で生み出されたカカオ125%にお相当する世界初であり新しいチョコレートP125を使用しているとのこと。一口食べると、濃い色のチョコレートから放たれる芳醇なカカオが押し寄せてきて、クリーミーだけどその言葉だけでは足りない濃密な深み・・・時間が止まったようにカカオの余韻が口の中一杯に広がりました。

「サンクフロマージュ」は、5種のチーズがとことん濃厚です。濃厚なのに食べ続けることができるほどにチーズに奥深さがありました。「ルショコラとのマリアージュ」は、濃密同士の2種類なのにそれぞれの良さを奏でている作品です。ずっと浸っていたい、単品でそれぞれをもう一度味わい、最後にそう思えるほど絶品ソフトクリームでした。

小樽本店限定スイーツ・ミニクレープもチェック!

小樽本店限定ミニクレープ

追加情報として、これからの寒い季節の食べ歩きにぴったりの温かな小樽本店限定品も紹介します!小樽本店限定のミニクレープは「プティショコラクレープ」と、フランボワーズソース入りの「プティショコラクレープ フランボワーズ」の2種類。

もっちりコクある食感のチョコクレープ生地に温かなチョコレートを忍ばせたミニクレープは、注文が入ってから作ってくれるので温かが嬉しいですね。さらに「チョコレートドリンク(ホット・アイス)」もあり、ホットスイーツを片手に小樽の散策も素敵ですね。

店内にカフェはありませんが、この日は雨が降っていて、お店の方のお心配りで注文窓口の隅の方でゆっくりといただけました。

是非あなたも

小樽本店限定の他にはないナイスアイデアのチョコレートと出会って、ここからスタートして、小樽でしかできないルタオスイーツの食べ歩き散策をしてみてはいかがでしょう。

※2019年9月時点の情報ですので、予めご了承ください。

[All photos by kurisencho]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載