札幌ススキノに老舗天然とんこつラーメンの一蘭が出店!北日本初

札幌ススキノに老舗天然とんこつラーメンの一蘭が出店!北日本初

2020/01/21

天然とんこつラーメンの一蘭が札幌すすきのエリアに新規出店。クセや匂いのないマイルドな豚骨スープや、味集中カウンター、替玉システムなど、一蘭ならではの美味しさへのこだわりを味わってきました!

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

天然とんこつラーメンの「一蘭」が札幌ススキノにニューオープン!

2020年、創業60年を迎える博多とんこつラーメンの老舗「一蘭」が、北日本で初となる札幌ススキノに新規出店。
オープン日は1月23日、場所は南3条西5丁目ノルベサ1階北側です。

北海道民にとって憧れの存在だった一蘭の初出店とあって、麺通の間でも話題沸騰中。そんな一蘭の魅力を余す事無くご紹介したいと思います。

南3条通り側以外にも、ノルベサ店内側にも入口があります

これはもはや「博多とんこつラーメンのテーマパーク」だ!

店内に入ってすぐに気がつくのが、風鈴や風車やくじ引き、壁一面に貼られた博多の夜やお祭りなどの風景写真などまるでお祭りの中にいるような賑やかな演出です。一歩足をを踏み入れた瞬間に非日常的な空間につつまれます。

「時計台」をあしらった北海道限定のれんなど細かい演出もこころにくいですネ。

札幌すすきの店だけの特製のれん。何と時計台がプリントされています

一蘭全店舗で札幌すすきの店に初登場した「にぎわい処」と銘打ったエリアでは、何とお酒やおつまみなどを注文して「飲みながら待つ」ことも可能。
こちらも、輪投げや型抜きなどのお祭り気分が味わえるようになっています。

「にぎわい処」で飲みながら待つことが可能

味集中カウンターでラーメンに向き合う!

ずらりと並んだ味集中カウンター

一蘭の代名詞的存在「味集中カウンター」は全43席。空席案内掲示板で空いている席を確認して着席します。
左奥にあるのは冷水ドラフトです。テーブル真ん中奥にあるのは呼び出しボタン。サイドメニューや替玉など追加注文をしたい時に使います。

余分なものを排除して完璧にラーメンに向き合う事が出来る「味集中カウンター」

ラーメン用のオーダー用紙に好みを記入して注文します。
味の濃さや、こってり度、麺のかたさなどの基本のお好みは勿論の事、にんにく、ねぎ、チャーシュー、赤い秘伝のたれのアリナシや量といった口頭で伝えると少し煩わしいような細かい注文も◯をつけるだけなので簡単。

オーダーシステムは味の濃さや麺のかたさなど好みをオーダー用紙に記入して提出します

待つこと数分、いよいよラーメンがやってきました。
入店から着席、注文までとんこつラーメンの本場・博多の気分を存分に味わった後に、味集中カウンターで目の前に出されるラーメン!否応無しにラーメン欲が刺激され、高まってのご対面です。

眼前のすだれががらりと開いて
お待ちかねのラーメンの登場!神々しい!

天然とんこつスープと秘伝の赤いたれと自家製生麺「一蘭」の徹底したこだわり

天然とんこつラーメン(創業以来)980円

一蘭こだわりの「天然とんこつラーメン(創業以来)」。真ん中の赤いペースト状のものが「赤い秘伝のたれ」です。
赤い秘伝のたれは、唐辛子を基本に30数種類の材料を調合し、何昼夜も寝かせた熟成だれ。この赤いたれのレシピを知っているのは一蘭全従業員約8000人の中でわずか4人しかいないそうです。まさに秘伝ですね。

クセや臭みの全くない天然とんこつスープ

とんこつの旨味を最大限に引き出した「天然とんこつスープ」は、クセや臭みが全く無いマイルドでミルキーなスープ。
天然コラーゲンが豊富で、トランス脂肪酸ゼロ(業界初)のヘルシーで女性にも嬉しいラーメンスープです。

絡みと喉ごしにこだわった「特製生麺」

独自にブレンドした小麦を使った「特製生麺」は、スープとの絡みや喉ごしを徹底追及したオリジナル麺。しかもラーメンの完成から15秒以内に提供できるように店内や厨房迄設計されているこだわりよう。

替玉システムが楽しい!追加オーダーの頼み方

味集中カウンターの右側の仕切りには、追加オーダー用紙が常備されています。こちらに記入して追加注文などをする事が出来ます。
食券を購入していなくても、現金でオーダーが可能です。

食券が無くても追加オーダー用紙に替玉、トッピング、サイドメニューやドリンクを注文可能

追加オーダー用紙以外にも、替玉やデザートの注文プレートを使ってオーダーする事が出来ます。

この替玉プレートを自分のタイミングで
呼び出しボタンの上に載せると、チャルメラ音が鳴ってオーダーは完了

食券と引き換えに渡されるプレートを自分のタイミングで呼び出しボタンの上に載せるとチャルメラ音が鳴ってオーダー完了。
替玉は最初にオーダーしたラーメンの麺の固さで提供されるので、かたさを変更したいときは呼び出しボタンで店員さんを呼んで麺のかたさの変更を伝えてください。

替玉(210円)

半替玉(150円)も可能。レギュラーのラーメンもですが、予想よりボリューミー。1杯でもかなり腹持ちがいいです。そこまで大食いじゃない人は替玉は半玉でもかなり満腹になっちゃう麺量です。

煮こみ焼豚皿(490円)
抹茶杏仁豆腐(390円)

サイドメニューの煮こみ焼豚皿は、煮込んだ豚ロースに薫製した福岡県産の醤油をベースにした調味料で味付けで、ラーメンはもちろん、ごはんやビールとの相性も抜群です。

デザートメニューの抹茶杏仁豆腐は、福岡県八女茶を贅沢に使用していて、抹茶のほろ苦みが杏仁豆腐の甘さを引き立ててくれる一品。すっきりとした味わいはラーメンの食後にぴったりです。

一蘭 札幌すすきの店のここが凄い!

・店内の至る所に博多の夜やお祭りを演出した非日常感。
・賑わいどころでは飲みながら空席を待つことも出来る。
・味集中カウンターでラーメンだけに向き合う事が出来る!
・細かい好みが簡単に注文出来るオーダーシステム。
・赤い秘伝のたれがマイルドなとんこつスープに合う!
・クセや臭みを排除した美容と健康に嬉しい天然とんこつスープ。
・スープとの絡みやのどごしを追求した自家製生麺。
・替玉やサイドオーダーを注文するのも楽しい!

これはまさに博多とんこつラーメンのテーマパーク
北日本初の一蘭札幌すすきの店、麺通ならマストチェックですよ!

この記事を書いたライター情報

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

「すすきのへ行こう」は運営20年の道内最古参ローカルウェブマガジンです。アジア最大最北の歓楽街「すすきの」を中心に札幌市のグルメ・観光・イベント情報をお届けしています。行列の絶えない超有名店から地元民でも知らない穴場なお店まで、幅広くカバーした実食レポートが好評です。

すすきのへ行こう が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載