SUSURUと声優・Lynnが語る!今年のラーメントレンド

SUSURUと声優・Lynnが語る!今年のラーメントレンド

2020/01/20

札幌ラーメンにはじまり、つけ麺、油そば、家系などが、時代を彩ってきました。時は2020年。東京が熱く盛り上がる今年、どんなラーメンがブレイクするのか!? 年間400杯以上を食べ歩くラーメンYouTuber・SUSURUさんと、ラーメン好きの声優・Lynnさんに直撃しました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ラーメンYouTuber SUSURUとラーメン大好き声優・Lynnがラーメンをアツく語る

今回、お話をお伺いするおふたり。Lynnさん(左)とSUSURUさん(右)

2020年注目すべきラーメンについて語っていただくのは、ラーメンをこよなく愛するおふたり。

自身のYouTubeチャンネル「SUSURU TV.」が総再生回数3億超え、チャンネル登録者数が77万人強という人気ラーメンYouTuberのSUSURUさん

『君の膵臓をたべたい』や『約束のネバーランド』などの話題作に出演されている新進気鋭の声優・Lynnさん。実はTwitterで毎月食べたラーメンをアップするほどのラーメン好きなのです。

SUSURUさん

SUSURUさん

ラーメンYouTuber

Lynnさん

Lynnさん

声優

さあ、果たしてふたりの口からどんなラーメンが挙がってくるのでしょうか!? 乞うご期待。

京都系背脂醤油好きのLynnに捧げるSUSURUイチオシのラーメン

今回お話をお伺うのはこちら!「第一旭 新宿御苑店」さん

熱き議論を交わす舞台は、新宿御苑にある「第一旭 新宿御苑店」。京都系の背脂醤油が食べたいというLynnさんのリクエストからSUSURUさんがチョイス。言わずとしれた京都の名店の関東第1号店です。

お店は食券制。入店前にパチリ♪
SUSURUさん
SUSURUさん
「Lynnさん、ここははじめてですか?」
Lynnさん
Lynnさん
「はい、はじめてです。本店も行ったことがないので、初第一旭です」
SUSURUさん
SUSURUさん
「京風で有名なお店で、ぜひLynnさんに食べていただきたかったんです。なかなか無い味ですので、楽しみにしてください!」

さて、早速注文とまいりましょう。SUSURUさんは「チャーシュー麺」「シロミ肉」をトッピング。Lynnさんはノーマルが好みということで「ラーメン」を選択。そこに、SUSURUさんから薦められた「煮玉子」をトッピングしました。

ラーメン屋では特製ではなく、ノーマルを選ぶというLynnさんの話から対談スタート
SUSURUさん
SUSURUさん
「Lynnさんはノーマルが好みなんですね。それはいいことだと思います。レギュラーメニューはそのお店がおすすめしているものを置いてるわけですから」
Lynnさん
Lynnさん
「ノーマルを選ぶのに加えて、私はだいたいいつも同じ味ばかり食べてます」
SUSURUさん
SUSURUさん
「人って安定を求めますよね。毎回冒険していると疲れませんか? 今は動画をやってるからいろいろなお店に行きますけど、もともと同じ店に何回も行くタイプでした」
Lynnさん
Lynnさん
「Twitterでアップしたラーメンの写真を見たフォロワーさんから『ホントにいろんな種類のラーメンを食べてますね』というリプライがくるんですけど、そのときに、みんなどういう食べ方をしてるのかなと思いました。『俺はこの味しか食べない!』という人がいるのかなって」
SUSURUさん
SUSURUさん
「結構いると思いますよ。醤油ラーメンでも豚骨ベースだったり、鶏ベースだったりいろいろ変わってきますよね。それらを食べ比べていくのも面白いですよ」

2019年のラーメン業界を振り返る

では、ラーメンができる間に、2019年を振り返っていただきましょう。昨年はどういうラーメンが流行っていたのでしょうか?

まずはSUSURUさんに振り返っていただいた
SUSURUさん
SUSURUさん
ネオクラシック系です。鶏ガラと醤油を合わせた昔ながらの東京の中華そばを現代風にアレンジしています。より洗練されたあっさり系の中華そばというか。これがここ2年でめっちゃ流行りましたね」
Lynnさん
Lynnさん
「確かに。私も結構あっさり系を食べましたよ。新宿と池袋にある『らぁ麺 はやし田』さんとか、恵比寿の『麺亭 しま田』さんとか」
SUSURUさん
SUSURUさん
「そう! まさに、はやし田さんや、しま田さんはネオクラシック系です! Lynnさん、完璧ですね」
SUSURUさんからの完璧コメントに思わず笑み
Lynnさん
Lynnさん
「ありがとうございます! 私は今まで食べてなかったつけ麺を食べるようになったのと、鶏白湯にハマりました。『銀座 篝』さんがめちゃくちゃ美味しかった。見た目からオシャレなのも好感が持てます」
SUSURUさん
SUSURUさん
「内装が日本料理屋みたいですよね。この場で言うのもなんですけど、僕行ったことないんですよ。商業施設や地方にも出店しているのに、行くタイミングがなくて……」
Lynnさん
Lynnさん
「あそこは女性ひとりでも入れる雰囲気のお店ですし、ラーメンの味もお上品。卓上に調味料がたくさん置いてあって、味変を楽しむのをお店が推奨しています。全部試したんですけど、最終的にお酢をいれて。フライドオニオンや生姜もありましたね」
SUSURUさん
SUSURUさん
「鶏白湯はここ5年で一気にお店ができましたよね。ブームだから似たようなお店がバーッとできますが、だんだん淘汰されていく。最終的に残っている篝のようなちゃんとした店が残ったという印象です」

2019年の振り返りが終わったところで、ラーメンが完成!

店長の清水勇吾さんからラーメンが手渡される。待望の瞬間!

豚と醤油だけで作られる第一旭のラーメンのスープは、2つの釜で炊き上げます。ベースとなる豚骨は中大貫を使用。一般的な豚骨ラーメンで使われる豚骨よりも脂肪分が少なく、味が濃くならずあっさりとした味わいを生み出しています。

この釜からスープが作られる!

お待たせしました。おふたり、どうぞ召し上がれ!

いただきます!
Lynnさん
Lynnさん
「わぁ、めっちゃ美味しそう! いい匂いがしてますね。チャーシューがたくさんのってますけど、これがノーマルのラーメンなんですか?」
Lynnさんご注文の「ラーメン」780円、「煮玉子」100円
SUSURUさん
SUSURUさん
「そうです。結構チャーシューが多めなんですよ。今回僕がトッピングしたシロミははじめて食べます。前に来たときはなかったんですよ」
SUSURUさんご注文の「チャーシュー麺」950円、「シロミ肉」100円

シロミは豚のウデ肉の脂身部分。東京では知られていないという理由から販売していませんでしたが、2019年11月、トッピングに加わりました。SUSURUさん、はじめてのシロミ肉いかがですか?

はじめて見るシロミ肉を撮影
SUSURUさん
SUSURUさん
全然重くなくて、それでいて背脂よりも味が濃い。すごく上品な旨みがあって美味しいです。スープもあっさりしているのに、豚骨のコク深さが感じられる。さすがです。

チャーシューは薄切りでしっかり味がしみててジューシー。チャーシュー麺は、いろんな部位が入ってくるから食べ飽きないです」

初第一旭のLynnさんはいかがですか?

上品に麺をすするLynnさん
Lynnさん
Lynnさん
「京都系が食べたいとリクエストしたときに求めていた味そのものです! 普段あまり煮卵を食べないんですけど、オススメしていただいてつけてみたら、すごくトロトロで美味しい。

あと、ご飯が欲しくなりますね(笑)。延々に飲めると思うくらい飽きないスープで、白米と合わせたらより美味しくいただけるんだろうなぁ」
SUSURUさん
SUSURUさん
「チャーシューとスープとご飯を一緒に食べたいという気持ち、すごくわかります!」
ふたりともガチで完食。ごちそうさまでした!

2020年注目のラーメンは「掛け合わせ」!

第一旭のラーメンに感動、完食したおふたりに今回の本題を質問。2020年の注目ラーメンはズバリなんですか!?

SUSURUさん
SUSURUさん
「さっき、ネオクラシックの話をしましたよね。中華そばじゃなくても、ご当地ラーメンのような昔から食べられているラーメンが現代風になる。それぞれの店でアレンジは違えど、ご当地ラーメンをかけ合わせて新しいラーメンにするという流れがあると思っています。

それが三鷹にある『スタミナ満点ラーメンすず鬼』さんです」

店名を聞いてすぐにスマホを取り出して検索するLynnさん。勉強熱心!

Lynnさん
Lynnさん
「見た目からしてすごいインパクトですね」
SUSURUさん
SUSURUさん
「はい。見た目はゴテっとしてるんですけど、食べると意外や意外。あっさりしているんですよ。すず鬼さんの『スタ満ソバ』は、千葉のご当地ラーメンのアリランラーメンと竹岡式ラーメンに、二郎系を掛け合わせた新しいラーメンなんです」
「スタ満ソバ」850円。背脂とニンニクを無料トッピング。ベースはピリ辛醤油味のアリランラーメン。竹岡式の醤油に、太麺、背脂・ニンニク・生姜の無料トッピングは二郎系から着想

真っ黒なスープに、丼の中央にドカッと鎮座する背脂。インパクト抜群の一杯は、店主・鈴木信介さんの意欲作。「アリランを広めたいけど、そのままやっても受けないだろうと、東京寄りにアレンジしました」

最初はそのまま食べ、その後かき混ぜてワシっといただく。角切りの豚バラ、シャキシャキの玉ねぎやニラなどの食感、自家製の平打ちちぢれ麺がスープに絡む魅惑の一杯です。

「スタミナ系の元祖になりたい!」と本気で“スタミナ満点ラーメン”を広めるべく、様々なプランを練っている鈴木さん。本気で今年ブームを狙っているのがひしひしと伝わってきました。

店内はカウンター席のみ
SUSURUさん
SUSURUさん
「実はすず鬼さん、昼は『鶏こく中華 すず喜』という名前で営業していて、すず鬼の鬼が喜びになるんですよ。いわゆる二毛作ですね。この二毛作も最近の流行りですね」
「こく塩」830円

そう! もともと、こちらは『鶏こく中華 すず喜』として昼のみ営業。そのセカンドブランドとして2019年11月に開店したのが、すず鬼なんです。

すず喜のラーメンは、鶏ガラ、ウイング(手羽先の先端)、鶏の小骨にサンマ節を合わせたWスープ。サンマ節の香りがしっかり利いていて、鶏のコクが余韻を残す。このバランスが絶妙です。

お店は三鷹の「味の散歩道」内にある

これも注目! 急増中の「自家製麺」

SUSURUさん
SUSURUさん
「もうひとつ挙げるなら自家製麺。昨年あたりからすごく増えています。恐らく、原材料の高騰が背景にあるんじゃないでしょうか。小麦の値段が上がってるから、製麺所で買うよりも自分で作ろうと。もともとやりたかったけど、支店を出すからそこで自家製麺をやってみようというのもあると思います。

中でも食べてビックリしたのが、下北沢の『麺と未来』。ここの麺はすごかったです」
オープン直前は行列ができるほどの人気ぶり。昼夜ともに遅めの時間が狙い目

またまた検索をするLynnさん。ラーメン愛が止まりません。

Lynnさん
Lynnさん
「あー、美味しそう〜!! 食べたい。コシがあって噛みごたえのある麺が好きなので気になります」
「特製塩らーめん」1000円

Lynnさんの視線を一心に集めた『麺と未来』の麺は、手打ち麺。もち小麦「もち姫」を100%使用し、朝・昼の2回店内で手打ち。まるでうどんのような極太麺は、噛むともっちり。

あのSUSURUさんも「すすったことがない」という他に類を見ない麺です。

手打ちで麺を作り上げる店主の市川誠さん

スープは、鶏の手羽先にアサリ、羅臼昆布、カタクチイワシ、カツオ枯れ節などを使用したダシに、飲んでも美味しい料理酒“蔵の素”をベースに鮎魚醤を加えた塩ダレを配合。

SUSURUさん曰く「太い麺がスープを吸ってそれがまた旨いんですよ」。

見よ、この麺の太さを! まるでうどんのよう

特製塩ラーメンに入る「海老わんたん」の皮も自家製。小型製麺機で作られ、中のエビが透けて見えるほどの薄さ。口に含めば、一気にツルンと入る喉越しの良さも特長です。

「ミシュランガイド東京2020」でビブグルマンにも選ばれた名店の味、ラーメン好きなら一度は訪れるべし。

店内はカウンターのみ

Lynnさんの注目ラーメンも直撃!

SUSURUさんから今年のトレンドになりそうなラーメンをお聞きしました。Lynnさんにもお伺いしましょう。

Lynnさんの注目ラーメンとは!?
Lynnさん
Lynnさん
「私は、昨年から食べ始めてるつけ麺に注目しています。特に濃厚系が気になっています」
SUSURUさん
SUSURUさん
「Lynnさん、めちゃめちゃいいところに目をつけましたね。濃厚魚介豚骨つけ麺も、約10年前に流行ったんですよ。めちゃめちゃいろんな店ができて、どこに行ってもつけ麺という時期がありました。今残っているところは洗練されきった店。当たり率が高いと思いますよ

濃厚のつけ麺で、それこそネオクラシック的な古き良き麺でいうと、白楽にある『くりやま』さんがオススメ。『大勝軒』と『六厘舎』で修業した方がご主人のお店です。都内だと、池袋の『馳走麺 狸穴』さん。ここはまさに、濃厚系の魚介豚骨つけ麺です」
終始和やかなムードで進んだ対談もいよいよフィナーレへ
Lynnさん
Lynnさん
「ありがとうございます! 私、仕事の現場がその日によって様々なので、現場があるエリアのラーメン店を検索して、写真や口コミを見てから決めてるんです。教えていただいたつけ麺屋さんも行ってみます!」
SUSURUさん
SUSURUさん
自分の好きなラーメンを好きなように食べるのが一番美味しく食べる方法だと思います。遠くへ行って珍しい、新しいラーメンを食べるのもいいし、家の近くのいつも行ってるラーメンを食べるのも、どれもめちゃくちゃいいことだと思います。

この記事や僕の動画、LynnさんのTwitterを見て、ラーメンを食べる人がひとりでも増えてくれればうれしいですね
Lynnさん
Lynnさん
「体のことを気にしてラーメンを食べない方が女性に多いと思うんですけど、最近は『太陽のトマト麺』さん『AFURI』さんの柚子塩ラーメンのような女性向けのものも増えてます。いろんなものを食べて、美味しい一杯を見つけてもらいたいですね」
第一旭 新宿御苑店さん、お忙しいところありがとうございました!

おふたりともありがとうございました! お話に登場したお店を参考にぜひ食べ歩いてみてくださいね。

取材メモ/ラーメン愛あふれるおふたりの話、とてもおもしろかったです。ちなみに、ほぼ毎日ラーメンを食べているSUSURUさん。ジムに行ってラーメン以外の炭水化物を控えているそう。米が食べたくなったら、ラーメン屋に行き、家系ラーメンを食べたり、サイドメニューのチャーシュー丼を食べるのだとか。YouTuberは想像以上に大変です。

取材/エビス_セイキ(リベルタ) 撮影/谷本 恵 ヘアメイク(Lynn)/SHIHO SAKAMOTO

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載