40年以上門司港民の憩いの場所になっている「喫茶いこい」

40年以上門司港民の憩いの場所になっている「喫茶いこい」

2020/01/24

門司港にて約40年ほどの歴史を歩んできた喫茶いこい。今も変わらず、お店の名前の通り地元の方達の「いこいの場」となっております。門司港が知れる喫茶店にあなたも訪れてみませんか。

かんもんノート

かんもんノート

「喫茶いこい」はこんなお店

門司港の歴史とともに歩んできた、趣のある純喫茶をご紹介します。

溢れんばかりの老舗感

『喫茶いこい』は現店主さんのお母様が昭和19年に始められ、引き継いでからもう41、2年になるという老舗の喫茶店。
いこい、という店名の通り、たくさんのご近所さんが集い、憩いの場になっています。

店内は意外と広め

店内は、やさしそうな店主さんの雰囲気もあってか、上品で落ち着きます。

大きな窓から差し込む光が心地よい

カーブが可愛らしい椅子は特注とのことで、カバーを何度か取り替えつつも、ずっとこのお店を見守り続けているそうです。

壁に背をつけた席もあるのが面白い

「喫茶いこい」のメニューはこちら

メニューはドリンクが中心

喫茶店の定番珈琲や紅茶はもちろん、ジュースはオレンジ、ミックス、パイン、バナナ、ピーチ、トマト、いちご、と種類が豊富です。
フロートもコーヒーとコーラ、スカッシュもレモンとオレンジがあったりと、どれも気になる飲み物ばかりで何度でも来たくなります。

「いこい」で今回頼んだメニューはこちら

頭がキーンとなりそうなこちらは喫茶店、定番のあのメニュー

そんな中から、喫茶店に来るとどうしても飲みたくなってしまうミルクセーキを注文しました。
甘くてシャリシャリ、うん、これこれ!
軽食としてトーストとカレーライスもあります。

朝食のトースト

私はトーストをお願いすると「今ちょうど手作りのいちじくジャムがあるわよ」とオススメしてくださり、さらにはバタートーストとのハーフ&ハーフにしてくれました。
このトーストがまためちゃくちゃ美味しい。。
デニッシュ食パンなので表面はサックサク、中はふわっふわなんです。
添えられたフルーツもうれしい…
サラダも付いてきます。

最高の食卓
店内のメダカの水槽

店内にはメダカの水槽があったり、店の外にスズメのための餌台があったりと、店主さんの人柄を感じます。
スズメは随分と懐いて、たまに店内にも遊びに来るそうです。
そんなスズメも引き寄せられるほど居心地の良い喫茶店、いこい。
ぜひ、のんびりとした時間を過ごしてください。

忽那 恵

忽那 恵

ライター

かんもんノート

かんもんノート

関門エリアの観光・グルメなどを発信するローカルメディア!

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして創刊したローカルメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとしグルメやイベントなどの情報を日々発信中!

この記事を書いたライター情報

かんもんノート

かんもんノート

「何度でも海峡を渡ってみたくなる情報がここに!」をキャッチコピーとして2017年12月に創刊したローカルウェブメディア。山口県下関市および福岡県北九州市の関門海峡沿いをメインエリアとして、グルメやイベントなどローカルな情報を日々発信しています。

かんもんノート が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載